コレモは家庭用のガスエンジンコージェネレーションシステムです。家庭用のコージェネレーションシステムというとエネファームやエコウィルが有名ですが、コレモは北国などの寒冷地限定で販売されています。

エコジョーズというガス給湯器とセットになった「エコジョーズ+コレモ」という商品が販売されていて、基本的にはエコジョーズと併用する形になっています。

仕組み

コレモの仕組み
(イラスト出典:北海道ガス

都市ガスやLPガスを燃料としたガスエンジンによって発電を行い、その際に発生した熱を暖房に利用したり、エコジョーズに送って給湯を行うという仕組みになっています。

コレモで発電するためにガスが必要となりますが、コレモで発生した熱をエコジョーズに送ることによって、エコジョーズが給湯に必要とするガスの量を少なくすることができるため、トータルで見るとガスの使用量は若干の増加程度で済み、急増するということはありません。

なお、もともと寒さの厳しい北海道にある住宅用に製造開発されたという経緯があり、現在のところ、コレモは北海道や東北地方などといった寒冷地にて販売されています。

メリットデメリット

メリット デメリット
電気料金の削減に役立つ ガス料金は多少高くなることが多い
余った電力は電力会社に売電することができる 集合住宅には設置できない
外気温が-25℃まで下がっても使用可能 そもそも販売されていない地域も多い
都市ガス用とLPガス用の2タイプから選べる さほど大きくはないが、設置するためのスペースが必要
コレモ専用のお得なガス料金プランが適用される エコジョーズが使うガスの節約はできるが、コレモで発電するためにはガスが必要

コレモのメーカーはアイシン

コレモと併用するエコジョーズはいくつかのメーカーがありますが、コレモはアイシンのみが製造を行っています。

アイシンは住まいに関する様々な設備や製品を製造しているメーカーです。自動車大手のトヨタグループに属していて、自動車部品の開発と製造も得意としています。

家庭用コージェネレーションシステムとして、コレモとエネファームの2種類を製造しています。

コレモを導入した方の感想

評価:4.00(1)

おすすめ!
満足度 4.0

ストーブと併用

リフォームをしたときにコレモのエコジョーズにしました。

北海道在住で、今までの感覚で部屋を常に暖かくしてるとガス代が高くなるので、その時その時でダイヤルを調節して、使わない部屋は下げて、ちょっと寒いときは灯油ストーブを併用しています。

ただ、蓄電式なので、エコジョーズを使ってるときは電気代が安くなって助かります。

今までは灯油ストーブだったので、帰ったときは部屋が寒くて、暖まるまでに時間がかかってましたが、帰っても部屋がそれなりに暖かいし、すぐに温度もあがってくれるのでいいです。

注文住宅&お金で後悔しないために

注文住宅を建てるにあたって、後悔しないための重要なポイントが3つあります。それは…

  • 複数の会社から資料をもらって各社の特徴を掴むこと
  • 複数の会社から見積もりをもらって総費用を比較すること
  • 多くの間取りプランを見比べて、間取りアイデアを盗むこと

お金に関して言うと、同じような間取りプランでもハウスメーカーによって500万円以上もの差がつくこともありますので、相見積もりは必須です!

間取りに関しても、これまで気付かなかったすてきな間取りプランを参考にすることで、家づくりが一気に進むので非常におすすめです。

ですから、理想のマイホームのためにも上の3点は必ず行うべきなのですが、1社ずつやろうとすると手間も時間もかかって面倒…。

そんな面倒をまとめて解消できるのが「タウンライフ家づくり」です。

タウンライフ家づくりの特徴

タウンライフを使えば…

  • 各社の資料を読んで特徴や強みを把握できる
  • 各社の見積もりを比較して、より安い会社を見つけられる
  • 各社から自分オリジナルの間取りプランを作ってもらえる
  • 土地を持っていない場合、希望エリアの優良土地情報も提供してもらえる

100万人以上に利用されているサービスで、もちろん無料で利用できます。

当サイトでも口コミを掲載していますが、満足の声がとても多いです。ぜひ気軽に利用してみてください。