竹中工務店

更新日:2017年11月17日

「スーパーゼネコン」と呼ばれる国内トップクラスの大手建設会社で、スーパーゼネコン唯一の非上場企業です。大阪に本社を置いています。歴史は非常に古く、発祥は江戸時代前期までさかのぼります。

売上の大半を建築部門が占め、建築業協会賞を最多受賞するなど、建築物の設計に定評があり、特命受注の比率も高くなっています。また、設計部からは多くの有名建築家を輩出しています。

「迎賓館」「東京タワー」「東京ドーム」をはじめとする5大ドーム、「ミッドランドスクエア」「金沢21世紀美術館」、その他歴史的建築物等、多数の有名建築物を手掛けました。また、大阪の新名所「あべのハルカス」を手がけたことでも知られ、省エネ立体都市という次世代建築としても注目を集めています。

基本情報

会社名 株式会社竹中工務店
設立日 1909年5月16日
本社所在地 大阪府大阪市中央区本町4-1-13
売上高 1兆394億3,900万円
従業員数 7,455人
平均年収 約843万円
平均勤続年数 約21.7年

口コミと評判

●●竹中工務店の会社ビルが入るマンションに住んだ経験があります。300数ほどの大規模マンションで、建物は周囲から見ても巨大な集合マンションというような印象です。

駐車場は狭い敷地を利用して立体式駐車場のみを採用し、天候に左右されない屋内駐車場でした。管理人は常駐しておらず、通われていたためにいつでも都合が付くわけではない点が少し不安でした。

ゴミ置き場は小さめ、庭やエントランスも設置はなく、デザイン性はないと言えます。それでも建物自体は豪華に見えますし、巨大な建造物が得意なのかなと推察しました。

共有施設には特に目立つメリットは感じませんでしたが、占有部は住みやすく、周囲の物音が聞こえることはなかったので、遮音性には優れているように感じました。

玄関の前を歩く屋外の音も遮られている構造で、地震の耐久性にも強いコンクリート構造であると聞きました。(奈良県・30代女性)

●●私が住んでいるマンションは築40年以上たっていますが、1970年代当時はとても斬新で、最新の技術を屈して建設されました。その頃は関西で一番高いビルとして有名だったマンションです。

内装はしかに年代を感じますが、直ちにリモデルをしなければならないところはどこも見当たらず、良くできていると思います。

ただ、電気の配線が古いので、すぐにブレーカーが落ちるのと、アウトレットが少なすぎて、特にリビングエリアはどこもタコ足状態です。これが電気代を高くしている理由でもあると思います。

一つ惜しいと思うのは、海に面した大きなベランダの窓が3枚つぎになっていて、そのうち1つしか開かないので、せっかく涼しい風が入っても、風邪通しがイマイチ良くないのが残念です。

ビルの建て方は、壁になる部分が南向きで、台風の時も、窓さえ閉めていれば、風や雨でドアががたつくこともないし、風の方向によっては雨でも窓を開けていられる点は、とてもよく考えられた設計だと感心します。

海の上の岩場にコンクリートを敷き詰めて地盤が作ってあるようなのですが、管理人の話では、その海の岩の中まで足場が入ってビルが建っているので、少々の地震ではびくともしないとのことでした。(和歌山県・40代女性)

北海道・東北 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
関東 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県
中部・北陸 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
中国 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県