東京海上日動

更新日:2019年4月19日

世界的に見ても大手損害保険会社と言える東京海上日動は、年間の売上が2兆円を大きく超える日本屈指の保険会社です。

トータルアシストというブランド名で損害保険を販売していて、自動車保険から生損保一体型保険まで、様々な商品を扱っています。非常に多くの保険契約者を抱えています。

そんな東京海上日動の火災保険「トータルアシスト住まいの保険」の口コミと評判を掲載しているページです。充実の基本補償と各種特約が用意されているほか、無料で「事故防止アシスト」と「メディカルアシスト」を、有料で「緊急時助かるアシスト」と「住まいの選べるアシスト」という4つのアシストを利用することが可能です。

目次

  1. 戸建ての口コミ
  2. 分譲マンションの口コミ
  3. 賃貸住宅の口コミ
  4. 地震保険の口コミ

戸建ての口コミ

●●終身保険や医療保険には加入しているのですが、火災保険と地震保険には加入していませんでした。ですが、最近結婚をして静岡にマイホームを購入しました。

静岡県は南海トラフ地震や東海地震などがいつ起こってもおかしくない状況だと連日テレビで放送されています。私たちもやはり地震が怖いですし、家も購入したのをきっかけに火災保険と地震保険に入ることに決めました。

色々と保険会社があり、それぞれ特徴があるのでとても迷いましたが、東京海上日動に決めたのです。東京海上日動の保険代理店に行き、詳しくプランを教えてもらいました。担当者の方は、とても話しやすい雰囲気を作ってくれ、説明の仕方もわかりやすく、私たちにあった内容のプランを勧めてくれました。

私たちは、その担当者が勧めてくれたものに加入することに決め、これからの生活において、少し不安要素がなくなったような気がしました。

●●私が戸建てを購入した際に不動産屋に勧められて加入した保険があまりよく感じれなかったので、見直しをしました。火災保険も地味にお金がかかる、ただ安心は得ていたい。そんなときに雑誌の広告を見かけて東京海上日動の『トータルアシスト住まいの保険』に加入しました。

東京海上日動に決めたもっともな理由は、やはり「大手で名が知れているところ」でした。何があってもしっかりと対応してもらえるのは安心だと感じたからです。

実際にまだ補償を実際に受けたことはないのですが、電話や書類などの細かい対応も、これまで一度も問題になったことはありませんし、契約内容についても自分の収入や家計にマッチしていて非常に満足しています。

●●住宅を購入する時に、東京海上日動の火災保険に加入しました。一括払いで住宅ローンと一緒に組みました。この会社に決めた理由は、住宅メーカーが勧めてきたからです。住宅購入時は火災保険以外にも色々と手続きがあり、頭が回らなくなっていたところ、パンフレットを見せてもらい、良さそうでしたので加入しました。

幸運なことに、特にまだ補償を受けるようなことがないので、対応はよくわかりません。しかしながら、コールセンターに問い合わせをした時は感じが良かったので、この会社にして良かったと思っています。

東日本大震災の後に、地震保険も付けておいたほうがいいのかと思い、5年分の契約をしました。5年で12万円位でした。何かあればお安く感じますが、あれから被害が大きい地震は来ていないので、なんだかお高い印象があります。更新するときは他社の地震補償保険などを含め、もう少し検討したいと思います。

●●私が火災保険と地震保険を検討したのは、新築一戸建てを購入するときでした。それは大切な家を火事で失いたくないという気持ちもありましたが、何より火災保険に加入しないと住宅ローンを組めなかったからです。不動産業者の担当の人の話では、どんな火災保険でもいいので加入をお願いしますとのことでした。

私たちは不動産の営業の人が進めてくれた保険会社の火災保険に加入することにしました。火災保険と一口に言っても、いろんな保険があるようです。そのため、主人と一緒にどんな保険に入るかどうか検討をしました。

私たちが選んだのは火災の他に、漏水や台風などの被害も補償してくれるタイプのものをお願いしました。最近、異常気象のせいか、日本では様々な家屋被害が起きているように思います。そのため、少しでも不安を取り除けるように加入しました。

また、火災保険は30年間加入にして、そのまま一括払いにしました。なぜかというと、住宅ローンを返済するために、火事にあってしまっては、返済どころではなくなってしまうからです。そのため、住宅ローンとほとんど同じ期間の火災保険を加入することにしました。

そして、同時に地震保険に加入することにしました。あまり地震の心配はしていなかったのですが、年末調整で所得税の控除(減税)に役立つことを知ったからです。せっかく火災保険を加入するのであれば、それも減税の対象になればと思い、地震保険も加入することにしました。

しかし、家を建ててから1年足らずで東日本大震災が起きました。まさか大きな地震が来るとは思っていなかったので、地震保険の大切さを感じました。

火災保険の記入はそんなに時間をかけることなく記入が終わり、担当してくれた営業の人に用紙を渡すことで、申請を完了しました。あとで、火災保険の証書が自宅に送られてきたので、きちんと保管をしています。

子どもも生まれ、だんだんと家具が多くなってきたので、建物だけではなく家財も補償対象に含めることを検討しています(家財保険)。家財保険に加入しないと、持ち物に対する補償がないので、新たに家財を購入するのが難しくなってしまうと思います。しばらくして落ち着いたら、家財保険も加入しようと思っています。

今、家を建てて2年経過しました。年末調整を2度行いましたが、その都度所得税が減税になっていると思うとうれしい限りです。住宅ローンのために加入した火災保険ですが、結果的に安心して住むための保険となりました。もし、まだ火災保険に入っていない人がいたら、すすめてあげたいと思っています。

分譲マンションの口コミ

●●火災保険といっても使うことはほぼありません。我が家の場合、10年継続で23500円のものに入っています。計算してみたら、1年で2350円、1ヶ月200円程度ですので、一応入っておくとしても全然家計の負担にはなりません。もしものために、入っておくことをおすすめします。

一度も使った事がないのですが、使わないに越したことはありません。私の場合、分譲マンションなので、もしもの場合隣近所に及ぶ被害は、一戸建てより大きいと思うので、やはり安心料として入っています。また、10年補償ですので、毎年の契約手続きも省かれますので、結構便利です。

●●充実したサービス内容になっているので、これから契約する方もきっと満足する事ができるはずです。一番評価したい点としては、担当者の方が親切に対応してくれた事です。やはりどんなに優れている保険でも、担当者の対応によって大きく異なってきます。

以前住居の事で色々と問題が発生し、問い合わせをした時に親切に対応してくれたので、かなり助かりました。初めての問い合わせだったので色んな不安や疑問があったのですが、一つずつ丁寧に解説してくれたので私でも理解する事ができました。

このように充実したサービス内容に加え、サポートも丁寧に対応してくれたので、私はとても満足しています。他の方もきっと満足する事ができるはずなので、悩んでいる方は東京海上日動の火災保険を検討していただきたいです。

賃貸住宅の口コミ

●●私の家族の保険は母の友人が一手に引き受けて契約していましたが、私は結婚後にマンションを購入し、生命保険や火災保険についてインターネットで資料請求をし始めました。母の友人に知られたら、すごい勢いで来て強引に契約させられるのでは…と思ったからです。

案の定、母経由でその方の知るところとなり「契約はどの会社でもしていいから、アドバイスをする」と半ば強引に自宅までやってきました。既に生命保険も火災保険も、だいたいどの会社のどの商品を契約するか決めていたので、何を言われても突っぱねようと思っていました。

火災保険については、各社で見積をとったりしていましたが、生命保険ほどバリエーションがあるわけではなく、「どこの会社でも同じかな」という印象でしたので、大手の保険会社のものを考えていました。

その方は「念のため」と、様々な特約の説明をしてくれ、「水災特約はいらないんじゃないか?」と指摘してくれました。購入したマンションは、造成地の高台にあり、まず床下浸水するような地形ではなかったのです。

一方で、家財や携行品など、一般に補償される場合とそうでない場合を教えてくれたので、できる限り多くの特約をつけて高額になっていた保険料が、かなりお手頃になりました。やはり、プロの方の意見は聞くべきだな…と痛感しました。

●●東京海上日動の火災保険に入りました。自分が住んでいるマンションが住人が自由に火災保険を選んで加入するシステムです。一応は加入をしなければいけないルールなのですが、加入してない家庭も結構あります。実はというと自分もそうでした。年間に15,000円前後もかかります。

ある日に同じマンションの住人が洗濯機の水を漏らして、下の階まで水浸しにしてしまったのです。壁工事に相手の洗濯機の弁償や保障などで30万円ほどかかってしまったと嘆いていました。もし自分が同じ立場になったらと思うとゾッとします。

今回はこの程度ですんだから良かったものの、火災を起こしていたら自分で払える金額ではありません。安心のためにも加入しようと思ったのでした。月に15,000円ほどなら安いかなと思うようになりました。

そんな自分が選んだのは、東京海上日動のトータルアシスト住まいの保険です。他の会社のホームページも色々と見たのですが、最終的には東京海上日動の保険にすることにしました。

選んだ理由は火災保険に盗難や風災など、補償がしっかりしていたからです。それとメールで問い合わせをしたときに対応が良かったからです。これなら何か問題が発生してもしっかり対処をしてくれるのではないかと思いました。

●●私はアパートを借りていた時に、こちらの保険に入りました。アパートの契約時に、こちらの保険も一緒に入りました。アパートの管理業者が代理店なので、そのまま勧められて入ることにしました。

保険の内容も、火災保険の更新とともに、充実していったと思います。最初は家財がメインでした。しかし、そのうちに地震でも保険が降りるようになりました。それ以外の自然災害にも対応していました。しかも、もし火災等でこのアパートに住めなくなった時も、引っ越しに関しての費用が保険の対象になっていました。

火災保険は万が一のことなので、使わないことの方が多く、また使わないに越したことはありません。しかし、先は何が起こるかわからないものです。転ばぬ先の杖ではないですが、火災保険は万が一の時の安心のために入っておくようなものです。

賃貸の場合は、契約時に強制的に火災保険に入ります。集合住宅の場合、一軒家よりは他の世帯がいくつも同じ建物に入っているので、火災の可能性は決して低くはないと思います。そのようなことを考えても、火災保険は必ず入るべきですし、内容も充実しているものが良いと思いました。

▲▲アパートなので火災保険に入らなくてならなくなり、指定された会社の火災保険に入りました。ですが、管理会社からどんな保険でどんな内容なのか説明がありませんでした。また、金額はこれぐらいですとしか言われず、請求書が来るだけでした。

保険に入ったので、ちゃんとどんな保険でその金額になったのかをちゃんと教えるべきであると思います。請求書に細かく書いてあろうが、説明はするべきではないでしょうか。

そのため、どんな保険なのか全くわからないまま、支払いをし払い続けてました。アパートを出る時はご自分で連絡をするのですが、電話一本で終わるんですね。解約しました的な資料は来ていないような気がします。

地震保険の口コミ

●●火災保険に入っています。今まで災害時などの補償をしてもらってすごく助かりました。料金も相応な金額で不満はありません。担当の方の感じもいいですし、やはり大手だなって思います。最近関西でも地震が多いので、地震保険もつけようかと思い、見積もりを取ってもらったのですが、驚くような高さでびっくりしました。

火災保険は最低でも加入するのは仕方ないですが(ご近所への類焼などもありますし)、さすがにあの料金では地震保険はあきらめるしかないと思っています。

世の中のみなさんは高い地震保険に加入しているんでしょうかと聞いてみたくなります。東北の地震のようなのがこちらでも起こったら、うちはもう建て直すことができないのかと思うと悲しくなりますが、今のところ仕方ないです。

●●2007年に家を新築した時に、ハウスメーカーから勧められて、東京海上日動火災保険さんの地震保険に入りました。

5年ごとの更新だったらしく、去年再度5年分の保険料を支払いました。今のところ幸いにも地震の被害も無いので、まだ補償は受けていません。生命保険とは違い、特に説明も無く、万が一の時のためになんとなく加入しています。

近年は異常気象のせいなのか、ゲリラ豪雨も多く、火事の心配よりも水害の心配の方が多くなってきました。今年もこれ以上雨が降り続けると家の中に入るギリギリの状態が2度もあり、ヒヤヒヤしました。もし家の中に水が入った場合、家財道具やフローリングの張り替えでかなりの出費がありそうです。

●●最近、日本で大きな地震が続いています。被害も大きいので、地震保険に入る世帯が増えているようです。私は今年の春まで賃貸住宅に住んでいました。不動産屋さんを通じて、地震保険付きの家財保険に入っていました。

数年前のことですが、地元で大きな地震がありました。幸い、小型の物が動いた程度で、住宅に大きな被害はありませんでした。数日後、保険会社の人から電話がありました。地震でなにか家財に損害はないかという問い合わせでした。その時は特に何もなかったので「特にありません」と返答しました。

保険会社の対応の早さに感心しました。地震保険は不動産屋さんの勧めで入りました。もし、大きな地震だったら、きっと家財も損害を受けていたでしょう。この時は被害がありませんでしたが、地震保険に入っておいてよかったと思いました。

数々の自然災害で、火災保険の内容も変わってきているように思います。掛け金は抑えながらも、自然災害の保障が大きくなっているように感じました。

私はその後も何度か家財保険の更新をしました。内容を見るたびに、少しずつ保障が手厚くなっていると感じました。今後より一層、火災保険の補償内容が充実されていくことを期待したいと思います。