三井住友海上

更新日:2017年10月9日

三井住友と言うとメガバンクの三井住友銀行が非常に有名ですが、三井住友海上もメガ損保と称されるほど規模の大きな損害保険会社として全国的に知られています。同じ大手損保として知られる「あいおいニッセイ同和損保」や、通販型自動車保険で高い人気を誇っている「三井ダイレクト損保」は同社のグループ企業です。

【入力3分!】三井住友海上の火災保険の見積もりはこちら

良い評判

●●転勤で残してきた家に火災保険をかけています。三井住友海上のGKすまいの保険という火災保険です。まず、なぜ三井住友海上にしたのかと言うと、長期間かけた場合の保険料が比較的安かったからです。その割に補償も充実していて、自分に合わせてオプションが色々付けられましたので、満足でした。

他にも東京海上日動富士火災など、候補にしていた会社はありましたが、電話でお勧めプランを送ってもらった時、一番対応が良かったのがここでした。また、プランも何件か示してくれて、早い対応が決め手となりました。引っ越し後に検討したので、早い対応を望んでいたからです。

これからもよっぽどな事がない限り、三井住友海上の火災保険に継続して入ろうと思っています。両親の家の保険も「ここがよかったよ」と勧めているところです。

●●現在住んでいるアパートに入居する際に「ご自分で火災保険に加入されてください」と言われました。今まで何度も引越しを繰り返しているのですが、そういった管理会社は初めてで、保険の営業をしている友人に相談し、三井住友海上の保険に加入しました。

「火災保険が必要みたい」と友人に相談すると、「賃貸だから専用の家財保険にしておくね」とのこと。さらに保険加入というと、手続きがやたら面倒くさいイメージがあったのですが、友人からは建物の構造と払える額の保険料を聞かれたのみで、とても簡単な手続きで終了しました。

10畳ワンルーム+鉄筋コンクリート構造で、保険料は月々1000円。年払いにするとさらにお得になります。保険営業の友人を持っているとこういった時に安心です。

●●先日、家の給湯器の調子が悪く、給湯器の様子を確認するために、家の裏に行きました。その際に、家の外に保管していた純正アルミホイル付のタイヤ4本が無くなっているのに気付きました。

スタットレスと履き替える際にディーラーに預けたのかなと思い、念の為ディーラーの担当者に電話をして確認しましたが、預かっていないとの事でした。盗まれた事を確信した私は、すぐに地元警察に電話をして、タイヤが盗まれた事を伝えました。

「警察官を向かわせます」と言われ、しばらくすると2名の警察官が駆けつけてくれました。被害届を作成しますので、「詳細な状況を教えて下さい」と言われ、給湯器を確認しに行ったらタイヤが無かった事、ディーラーに確認したが預けてなかった事、タイヤが無くなっていることに気付いた日時などの詳細を話しました。

被害金額については、その場で分からなかったので、後日連絡することになりました。警察官に見つかる可能性は有るか尋ねたところ、「連続犯である場合は見つかる事もあるが、見つかる確率は低い」と言われました。

また、「車両保険や家財保険に加入していれば、全額は補償されないかもしれないが、保険金が支払われる場合があるので、保険会社に問い合わせてみると良いですよ」と教えてくれました。

早速、車の事故受付窓口に電話をして、タイヤの盗難にあった事を伝えました。事故受付窓口では、受け付けられない内容なので、後日担当者から連絡させるとの事でした。翌日、担当者から連絡があり、盗難の状況、被害金額、警察に被害届を出している事を伝え、保険が適用される雰囲気でした。

数日後、別の担当者から連絡があり、保険金支払いの為の確認電話が入りました。その際に車から外された状況について質問されたため、家の外に置いてあったタイヤが盗まれた旨を伝えると、「車に取り付けられている状態で盗まれたのでなければ、車両保険の適用外で、保険金は支払われません」と言われてしまいました。

半ば諦めていましたが、警察官の方から言われた家財保険の事を思い出し、加入している保険会社に連絡して、事情を説明しました。そこで「自宅の敷地内であれば、保険が適応される」と聞いて、希望が湧いてきました。

詳細な状況説明と被害金額を伝えると、「書類を送付しますので、必要事項を記入して返送して下さい」と言われ、書類に必要事項を記入して発送しました。しばらくすると担当者から連絡があり、「状況と被害金額も妥当なので全額お支払いします」との回答でした。

保険金は無事に銀行口座に振り込まれました。私の頭の中ではタイヤの盗難と家財保険は結びつきませんでしたが、警察官の方の一言に感謝しています。

火災保険の一括見積もりサービス

●●東日本大震災の際、福島市内の自宅が地震保険の支払いを受けました。震度5強の被害で、住宅は瓦が落ち、敷地内のアスファルトやブロック壁、門扉、家の基礎部分が大きく被害を受けました。

一見したところ、目に見える部分の被害しか分からないため、当初の役場の判定では深刻な判断が出ませんでしたが、保険会社の方が丁寧に家の基礎部分を確認してくれたおかげで、被害が予想以上に深刻なものだと分かり、「半壊」の扱いで保険の支払いを受け取りました。

あの震災以降、どこの保険会社も連絡が取れない混乱した状況でしたが、三井住友海上さんは迅速に対応してくださいました。おかげで早い段階で家の補修が進み、今では家屋の状況も落ち着きました。心から感謝しております。

●●家を新築するにあたって火災保険に入りました。いくつか候補がありましたが、三井住友系で住宅ローンを組むと保険料が10%安くなる三井住友海上に決めました。保険料が安くてオススメと言われたのがあいおい損保でしたが、三井住友海上が10%安くなると、あいおいよりちょっとだけ安い感じでした。

補償額と年数を増やして保険料が高くなるにしたがって、三井住友海上のほうが安くなるので、20年2400万にした我が家の契約で同じ補償内容だと、万単位で三井住友海上の方が安かったです。

三井住友海上のプラン構成は、ざっくりと火災風災で2つの補償、水濡れと盗難を足して4つの補償、さらに水災と破損汚損を足して6つの補償という3プランです。

最近は何があるのかわからないので、火災風災水災を付けようと思うと、6つの補償になってしまって他は外せません。でも、保険料に大きくひびくのは水災保障なので他の保障は削れたとしても、そんなに保険料は安くならなかったです。

2つの補償と4つの補償の差額はほとんどなくて、6つの補償になると10万以上保険料が跳ね上がりました。うちの担当者は「最低限の2つの補償か6つの補償を選ぶ人がほとんどで、4つの補償を選ぶ人はほとんどいない」と言っていました。

●●家を新しく建てたのですが、万が一のために三井住友海上の火災保険に加入しました。これに加えて震災の被害を味わっているので地震保険にも加入しました。

三井住友海上は保険業界でも高い知名度と安定した信頼があります。やはり、有名どころにお願いするのがいいと思います。名前の知れない保険会社だと、万が一のことがあっても補償してくれない場合もあるのではないでしょうか。一流の会社を選んだ方がいいと思い、三井住友を選びました。

三井住友の火災保険はわかりやすいのがいいです。6個の項目から自分の補償してほしい物を選ぶだけです。複雑な計算もいらず、わかりやすいのが一番だと思います。さんざん契約した結果、関係のない補償まで選んでしまうとお金の無駄ですし、補償してくれると思っても、別の保険でないとダメなんてことになりかねません。

三井住友の会社の方も親切な方で説明をしっかりしてくれました。保険は用語や構造が難しいのでわかりやすく、誠実に説明してくれるのはありがたいです。私もパンフレットを見ただけでは何のことが理解できないでいましたから。

今のところ補償の対象になるようなことがないので幸いです。何かあったときのためには三井住友海上の火災保険がおすすめですよ。

●●火災保険はいろいろ悩みましたが、住宅ローンが三井住友信託銀行だったので系列の三井住友海上で火災保険を契約しました。ローン契約の割引で10%安くなったので、同程度の保険をもっと安い他社で契約するのと同じくらいになりました。

系列の保険会社を持っている他の銀行でローン契約すると割引率がもっと良いところもあるみたいですが、ローンが三井住友信託銀行で保険が三井住友海上での割引は10%でした。近くに支店が無かったので担当者とは会わないで電話と郵送で契約しましたが、特に問題を感じませんでした。

三井住友海上は電気系の補償が強いので、給湯機はもちろん床暖房や蓄熱暖房などの高額機器を入れてる場合は一考の余地ありです。電気設備の補償は他の保険会社に無いので必要ではない人にとっては必要のない補償だと思いますが、例えばパナのエコキュートの補償を有料で延長してつけるよりも、こちらの保険でカバーした方が長期で安かったです。

ただ、火災保険と家財保険では補償の仕方がちょっと違うみたいなので、両方契約するときはよく確認した方が良いと思います。家にはそれなりの設備をつけましたが、家財道具はたいしたものを持ってないので、うちは家財保険は安いところで別に契約してます。

●●火災保険は10年、地震保険は5年のものに加入していますが、三井住友海上の火災保険にした理由は、マンションを購入した時の仲介業者からの紹介があったからです

。火災保険と聞くと、火災があった時だけの補償かと思ってましたが、例えば部屋などの電気のスイッチの故障や給湯器の故障にも対応していて、そういう家に対するメンテナンスがやがては必須となる部分まで補償内容に組み込まれているのが親切であると思いました。

毎年確定申告用にもハガキがきますが、その他1年に1度お知らせのハガキもきます。契約内容と保険加入期間などのお知らせですが、それも更新忘れを防止できるので助かります。

●●元々、住友生命で生命保険を組んでいた為、担当の営業さんに家を買うという話をして保険内容の提案を出して頂きました。対応はとても良く、金額から補償内容まで半日かけて分かりやすく説明して頂きました。契約も簡単に済ませられました。

実際に保険を使うときは、すぐに対応してもらいましたが、家の保険だけに面倒な手続きがあり、結構大変だった記憶があります。雪国に住む我が家は冬場、風も強くアラレが降ると古いガラス等は割れてしまう事があります。

我が家が実際に外の物置小屋のガラスを、強風とアラレで割ってしまい、保険手続きをしたところ、ガラスの修理をする業者の確認や、電話でどういった割れ方をしていたか、その日の天候や実際に割れたガラスの写真、修復写真を送付するなど、結構面倒な手続きをしました。保険はいいものですが手続きが面倒な事はデメリットです。

●●賃貸住宅(5階建てマンションで3階の部屋)に入居していた頃の話です。

外壁塗装が行われることになり、マンション全体に足場組まれたことと、シートで覆われたことで、泥棒が上階にも侵入しやすくなったにも関わらず、警戒を怠り、つい窓の鍵をしないまま30分ほど出掛けました。そしたら、その僅かな時間に泥棒が侵入し、現金や家内の貴金属の装飾品等が何点か盗まれてしまいました。

勿論すぐに警察に連絡し、被害届を出した後、賃貸契約時に締結していた家財保険の補償を受けるべく、損害保険会社へも連絡しました。

すると翌々日でしたが、損害保険会社からお年を召したベテラン風の担当者の方が我が家に来られました。自動車保険を利用した経験はありましたが、家財保険の利用は初めてでしたので幾分緊張していました。しかしながら、被害状況等については質問形式で尋ねられたので、スムーズに回答出来ました。

また、保険を申請する上での条件や金額等の説明を丁寧説明してくれたことは有り難かったです。調査や説明に要した時間は1時間程度でしたでしょうか、それから記憶の限りでは2週間程度で保険金が振り込まれました。

どのような基準で金額が算出されたかまでは正直現在もわかっていませんが、額としては納得出来る金額でした。不幸中の幸いと言うか、被害がかなり圧縮されましたので、有り難かったですね。

悪い評判

▲▲給湯器が壊れてしまい、火災保険に入っていたので電話をしました。給湯器が壊れる何日か前に、東日本大震災の時の余震のような大きな地震があったので、地震が原因の可能性もあるのではないかと、担当のニワさんという男性の方に相談をしました。

「地震の場合は出ない。自然故障だと出る可能性がある。後は業者さんの が来てからの判断です」という話でその日は終わりました。

そして業者さんが来て、「自然故障ですね」と言われました。その日は旦那がいたので、旦那がその話を担当のニワさんに話したところ、「先日電話で奥さんが地震で壊れたと話していた。出ない可能性が高い」と、話しが変わってました。私は可能性を話しただけなのに、地震で壊れたと話しが変わっていたのです。

その時、業者さんがまだいたので業者さんに代わってもらい、話をしてもらいましたが、担当のニワさんはそのことが気に入らなかったのか、終始、不機嫌かつぶっきらぼうで、保険出しません的な感じの話っぷりでした。しまいには「証拠の写真も送ってください」という始末。何のための保険なのかと思いました。

もしもの時の保険、困った時の保険なのに、なぜ保険会社の対応でこんなにいやな思いをするのか、悲しく情けなくなってしまいました。3月に今住んでいるマンションを売却して新しいマンションに住み移る予定ですが、今の保険は継続せず、新しい新たな保険に加入します。今すぐでも解約したい気分です。

火災保険の一括見積もり

【簡単3分】火災保険の一括見積もりで保険料を20万円以上節約できました!

北海道・東北 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
関東 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県
中部・北陸 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
中国 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県