ジェイアイ傷害火災

更新日:2019年4月19日

損害保険業界で中堅に位置しているのがジェイアイ傷害火災です。その社名から外資系と見なされることが多いのですが、世界的保険グループのAIGと、日本の大手旅行会社のJTBが共同で出資しているため、完全に外資系損保であると言い切ることはできません。なお、火災保険を提供していますが、海外旅行保険の方が有名です。

そんなジェイアイ傷害火災の家財保険「くらし安心総合保険」の口コミによる評判をご覧頂けます。家財が受けた様々な損害を補償できるだけではなく、賠償責任も補償可能です。また、水回りのトラブル対処や医療健康相談窓口などといった契約者限定のサービスも用意されています。

目次

  1. 口コミと評判

口コミと評判

●●賃貸マンションの契約の条件として、火災保険に加入することを求められ、特に比較などをすることもなく、不動産会社に勧められたジェイアイ傷害火災の火災保険に加入しています。2DKの小さな賃貸住宅ですので、保険料も安かったです。

戸建てに住む実家の両親からは「火災保険料もバカにならないから、ちゃんと相見積もりを取って比較した方がいいわよ」と聞いていましたが、どうやら保険料が大きく変わるのは戸建て住宅の場合だけで、建物の補償が必要ない賃貸マンションの場合は、東京海上日動でも三井住友海上でも他のどこでも、ほぼ変わらないようです。

ありがたいことに、これまで保険を使うことになったりはしていませんが、火事だけではなく盗難や地震などの被害も補償してもらえる保険ですので、万が一のことが起きても安心できます。もちろん、今後も継続加入し続けるつもりです。

●●みなさんはジェイアイ傷害火災という保険会社をご存じでしょうか。恥ずかしながら私は実際に社宅に入居して、説明を受けるまでは知りませんでした。

一般の賃貸マンションだと、契約を結ぶときに自分で火災保険を見つけて加入することが必要となるかと思いますが、私の場合は会社が法人契約している社宅への入居で、火災保険に関しても会社が建物全体と各部屋に保険をかけているのです。

そのため、自分で煩わしい手続きをする必要はなかったのですが、冒頭の通り、入居に関する説明を受けた際に、ジェイアイ傷害火災の名前を初めて聞き、そしてジェイアイ傷害火災が色々な補償をしてくれるということを理解しました。

保険料は会社が負担しているため知りませんが、補償内容に関しては充実しています。火災だけではなく、色んなタイプの損害(自然災害や偶発的事故など)を補償することができ、更に地震保険も付いていることから、地震への備えもバッチリです。

社宅に入る前は一般的な賃貸マンションに入っていて、その時は三井住友海上の火災保険に自分で契約していましたが、社宅になってからは更新手続きなども不要なので、とても便利です。実際に保険を使ったことはありませんが、何か家財に損害があっても補償してもらえるので、安心して日々、生活することができています。

●●これまでに複数の賃貸マンションで生活をしていたことがありますが、いずれも大家さんや不動産会社などが指定する火災保険に加入してきました。賃貸マンションだと火災保険料もかなり安いですので、特に何を調べることもなく、ただ言われるがままに加入してきました。

しかし、東日本大震災を機に考え方が変わり、賃貸でも家財を守るために地震への補償が必要だなと思うようになりました。そこで地震保険が付いている安い火災保険を探すことにしました。そして、インターネットで色々と検索をしているうちに見つけたのがジェイアイ傷害火災の「くらし安心総合保険」です。

こちらの保険は地震補償がないプランも用意されていますが、年間数百円プラスするだけで地震保険を付けられます。保険料も安めに抑えられています。賃貸専用ということで持ち家の方は入れませんが、賃貸に住んでいる方にはおすすめです。