チャブ損保

更新日:2019年4月19日

チャブ損保は、スイスのチューリッヒに本社を持つ外資系の損害保険会社です。メディアへの露出が多い他の外資系損保や、日本の大手保険会社などと比べると、知名度は若干落ちますが、自動車保険から賠償責任保険まで様々な損害保険を扱っています。

そんなチャブ損保の火災保険「住宅総合保険・リビングプロテクト総合保険」の口コミと評判を掲載しているページです。前者は戸建て向けの一般的な火災保険で、後者は賃貸マンションやアパート向けの保険となっています。前者に関しては複数のプランが用意されていて、補償範囲と保険料の兼ね合いを見ながら決めることができます。

目次

  1. 戸建ての口コミ
  2. 賃貸住宅の口コミ

戸建ての口コミ

●●うちはチャブ損保の住宅総合保険に入っています。プランは「マイホームエースゴールド」という最も補償内容が充実しているタイプのものを選びました。実は親族にチャブ損保の関係者がいて、その方の紹介でチャブ損保と契約しました。そして、万が一が怖いので、補償もしっかりとしているプランを選んだのです。

そのため、正直に言うと保険料は安くはないと思います。インターネットで火災保険料の相場なども調べてみましたが、うちの場合はおそらく高い部類に入るのではないでしょうか。それでも、いつ火事や地震が起きるか分かりませんし、私が他人に対して高額な賠償責任を負ってしまう可能性も0とは限りません。

保険全般に言えますが、本当に安心をお金で買っているなと思います。せっかく大きな負債(住宅ローン)を背負って手に入れたマイホームですから、何があっても大丈夫なように、しっかりとした保険に入ることをおすすめします。

▲▲実家がこちらの保険にかなり前から加入しています。知り合いがこちらの保険会社に勤めていて、かなり勧誘を受けたらしく、しぶしぶ他社の火災保険から乗り換えたようです。

こちらの会社の保険に入ってから保険料がアップして、月々の負担が大きくなっていると、この間も話していました。しかし、知り合いを通じて入っているので、今更他の保険に変えるのは出来ないとも言っています。

ただ、補償はしっかりしているみたいで、先日も台風が近くを通った際に窓が一枚割れ、それも保険で新品に変えてもらったそうです。こんな小さな被害でも補償してくれるとは思っていなかったと言ってました。

しばらくはこのままこの保険に入っているつもりのようですが、次の更新の時には保険料を安くするために補償内容を見直そうかなと言っています。私としては、保険というのは知り合いを通じて入らない方がいいと思いますね。義理で入ってしまうと、うちの親みたいに他に乗り換えられなくなりますから…。

賃貸住宅の口コミ

●●現在の賃貸アパートに入居する際に、仲介業者の担当者に言われて入りました。いつ地震が来てもおかしくないと言われ続けている地域に住んでいるので、基本契約と地震保険に入っています。

基本は火災や落雷や水害などによる家財の補償です。当然、特約として地震に関連したものの補償も付けています。また、付帯サービスとして24時間救急医療健康相談サービスというものがあります。

幸い、これまでこれらのお世話になることはありませんでした。先日更新の案内が来て、そういえば入っていたなと改めて確認しました。子供も産まれましたので、救急医療サービスは万が一の時利用することがあるかもしれません。そういったものがあるだけでも、安心感があります。

●●賃貸アパートを借りてます。私の名義で借りて、母を住まわせてます。特に気にすることなく、不動産の言われるままに保険にも加入していました。総額2万円。2年更新なので、1年で1万円くらいです。

こんなものかなと思って気にもしませんでしたが、2回目の更新の時、金欠だったこともあり、なんとか安くならないかと思い、補償内容を見てみると、家財保険で1万円程度払っていました。アパート内は、一般的な生活に必要な電化製品のみなので、100万もしない程度でしたが、500万円程度の保険が掛かってました。

自分が原因でアパートに水漏れや火災など起こせば、賠償責任補償で数千万円まで補償してもらえるので、家財保険は気持ち程度で十分と思い、問合せで電話してみると、保険会社の方は「アパートへの補償は変更できないが、家財は自分に合わせて変更できる」と親切に教えていただき、見事にほぼ半額で更新できました。

不動産屋さんも良かれと思って保険に入ってくれたのでしょうが、ちょっともったいないかなと感じました。今は保険料も安くなって大満足です。

●●チャブ損保の火災保険に入るきっかけになったのは、賃貸マンションに引っ越した際に不動産会社から加入必須と言われたからでした。その時は言われるがままに金額を決めてしまいました。

火災保険は高い金額を払わされるだけで、得することはほとんどないということを聞きつつも、やはり何かあった時に補償をしてもらうことができるのは、金銭的にも気持ち的にも安心できると考えていました。

加入してから2年が経って、保険の更新の書類が手元に届いた時に改めて自分が今まで払ってきたプランを見てびっくりでした。

確かに、加入するときは何かあった時のためという気持ちで契約をしました。しかし、実際に今自分の持っている家財などを考えた時に、こんなに価値のあるものを持っているのか疑問に思えてきたのです。

更新の時期とはいえ、今更安いプランに変更しても嫌な顔されないだろうか…と不安でしたが、更新書類に記載してあった担当者の電話番号にかけてみました。事情を話し、プラン変更の相談をしたところ、「こんな家財は所持していますか?」と、ひとつひとつ確認をしてくれました。

そして、自分が所持している家財の価値を計算して頂き、「それならばこちらのプランが丁度良いですよ」と、ぴったりのプランを紹介して頂くことができました。こんなに親身に相談に載って頂けるとは思っていなかったので、とても良い気持ちで更新を終えることができました。