テレビの液晶画面割れは火災保険で!

更新日:2019年4月19日

テレビの液晶画面が割れてしまった場合、火災保険で補償することができます。

何らかの拍子で液晶画面に硬いものがぶつかって画面が割れてしまうというケースが、火災保険の「破損・汚損」に該当するためです。

普通に生活していれば、テレビが割れるということはあまり起きないと思われるかもしれませんが、大きな家具を運んでいる際にぶつけてしまったり、子どもがコードに足を引っかけて倒してしまったりなど、テレビの液晶画面割れは意外と起きやすいものです。

もし、テレビ画面が割れてしまったら、まずは加入している保険会社に相談してみましょう。

【利用者数5万人突破!】火災保険シェア上位16社から最安比較
火災保険の一括見積もりで20万円も節約できました!

目次

  1. テレビの液晶画面割れの補償を受けた体験談

テレビの液晶画面割れの補償を受けた体験談

東京海上日動の火災保険

●●家財保険に加入してしばらく経ち、保険請求には無縁だと思っていたのですが、テレビ画面にひびが入ってしまい、購入当初高額だったことから保険請求をすることになりました。

抱き合わせで傷害保険にも入っていたようで、電話口での対応は保険契約を調べたうえで、「お怪我はありませんでしたか?物が壊れてしまってご不便でしょうね?」と声をかけてくれました。

こちらとしてはただの物損なのに、けがの事まで心配してくれるなんて、丁寧だなと思いました。

必要書類についても詳細に説明をしてくれましたし、今後の対応についても大まかにですが、説明してくれました。

その後、請求書類一式を送った際にも担当者から請求書が届いたこと、また保険金の振り込みについてはいつぐらいになりそうだとの電話連絡もいただき、結構細かくフォローしてもらったと思っています。

損保ジャパン日本興亜の火災保険

●●0歳と2歳の子どもがいる我が家。子どもがとても小さいのに、電化製品好きの夫の影響で家の中にはありとあらゆる家電が並んでいます。

住宅購入をキッカケに加入したのが損保ジャパンのすまいの保険。育児サークルのママ友に教えてもらった保険なのですが、かなり使えてオススメです。

実際、家財保険として利用したのは、2歳の子どもがプラスチック製のオモチャを投げつけてテレビの画面にヒビが入ってしまったケース。スイッチを押しても画面に波状の亀裂が入ってしまい、まったくテレビとして機能しなくなり、夫婦でホトホト困りました。

家財保険の請求は初めてでしたが、無料のフリーダイヤルに電話したら、男性オペレーターさんが丁寧に応対。「お怪我はありませんでしたか?」とウチの子の状態まで心配してくれて、とても良かったです。

正直、子どもが故意にぶつけてしまったテレビの破損で保険がおりるか心配だったので、結果オーライでした。4Kのかなり高額なテレビだったので、補償を付けておいて本当に良かったなと思いました。

受付の用紙記入は難しいものではなく、5分でサラサラと書ける程度。後日、電気系の業者さんが家にチェックに来るわずらわしさはありますが、それでもお金がきちんと戻ってくるので安上がりだと感じました。

三井住友海上の火災保険

●●リビングFITという火災保険に入って、早6年になります。今まで一度もお世話になったことがありませんでしたが、このたび初めて保険料の請求をしました。

子どもがコタツの線につまづいて転んで、テレビ画面に激突し、液晶パネルが割れてしまったのです。

我が家の火災保険は「ホームライフ総合保険」なるものなので、もしかして…と思い、問い合わせしてみたら、保険が適用されるとのことでした。免責3万で、修理費用の差額が支払われるそうです。

東芝のスタッフさんに故障状況の診断をしてもらい、修理の見積もりを取るのに3,000円ほどかかりましたが、それも保険料で支払われるので、見積もりと領収書と申請書を提出し、無事に支払いを受けることができました。

ちなみに修理費用は5年前にテレビを買った当時の金額よりも高くなったのですが、そこは不問でした。保険金に少しプラスして、壊したテレビよりも大きいインチのテレビを買うことができ、不幸中の幸いと家族一同喜んでいます。

あいおいニッセイ同和損保の火災保険

●●私の加入した保険は火災保険と家財保険です。家を購入した際に住宅ローンを組むには火災保険は必須となるため、保険料は高額でしたが加入しました。家財保険については、家族5人分の家財なので、もしもの時のために加入しました。

家財保険は、特約として個人賠償責任や不慮の事故で家財を破損した場合に保険金が出るタイプの保険に加入しました。

この家財保険の「不慮の事故による家財の破損を補償する」という点が美味しいところで、我が家の場合アナログTVを液晶デジタルTVに買い替えができてしまいました。

修理不能証明書を電気メーカーに書いてもらうのに数千円かかりましたが、美味しい思いをさせていただきました。

しかも、テレビの破損は夫婦喧嘩で妻が投げた物がテレビに直撃したのが原因でしたので、こんなことで保険金が貰えるって少し気が引けてしまいました。

しかし、悪人であれば保険金目的でワザと家財を破損させるような事が普通に発生しそうです。私は今回限りでこのような保険金請求はしないようにしておきます。

AIG損保

●●家財保険を使いました。私がテレビにぶつかって、液晶にひびが入りました。とてもショックでした。高かったテレビなので、買い替えてまた大きな金額がかかるなと、落ち込んでいました。

友達にこの出来事を話したら、家財保険の加入状況を確認されました。家財保険が使えるかもしれないとのことでした。

私は加入していた家財保険の会社に確認しました。すると、修理会社に見積もりを取ってきてほしいとのこと。電化製品を取り扱っている店で、見積もりを取りました。

その後、書類を家財保険の会社に送付しました。テレビの修理代は全額補償されました。適用にならないかもしれないと思っていたので、うれしかった記憶があります。家財保険に加入していてよかったとも思いました。

私は家財保険は、あまり使う場面が想像できなかったです。生活の中でなにがあるかわからないので、困ったときには本当に保険が役に立ちます。

テレビのような高額な機械が、自費での修理か、保険で適用になるかで、家計の出費が全く違うものになります。毎月一定の保険金額を支払っていて本当に良かったと思います。

私の注意でテレビを壊してしまったの、注意してもう壊さないようにしたいです。家財保険はおすすめです。