盗難・空き巣被害は火災保険で!

更新日:2019年4月19日

盗難や空き巣などといった犯罪行為によって建物や家財に被害が出た場合、火災保険で補償することができます。

盗まれてしまった家財そのものはもちろんのこと、住宅侵入時に壊されたドアや窓ガラスなども補償対象です。また、空き巣に入られたけれど、何も盗られなかったという場合でも、ドアの鍵穴や窓ガラスを壊されていることが多いので注意してください。

実際に被害に遭遇すると、「まさか自分が…」と驚いてしまう盗難や空き巣ですが、まずは落ち着いて警察に通報し、それから火災保険の窓口に連絡するようにしましょう。

【利用者数5万人突破!】火災保険シェア上位16社から最安比較
火災保険の一括見積もりで20万円も節約できました!

目次

  1. 盗難・空き巣の補償を受けた体験談

盗難・空き巣の補償を受けた体験談

東京海上日動の火災保険

●●私は一戸建て住宅に住んでいます。住宅を購入して3年が過ぎた事、空き巣に自宅侵入されそうになったのです。丁度、私たち夫婦が1泊2日の旅行に行っている時でした。

旅行が終わって自宅に帰ってみると、玄関のドアがかなり変形している事に気が付きました。見た感じ、バールのようなものでカギをこじ開けようとしたようです。

自宅のドアにはカギが二つ、上と下とについていたので両方の隙間がこじ開けられようとしていたのです。

ドアを開けようとしましたが、カギはしっかりとしまっていたので侵入はされていないと思いました。未遂で終わっていたのです。

私たち夫婦はすぐに警察に電話をしました。警察がきてくれて、状況などを説明し、警察は帰っていきました。住居侵入には至らなかったので、警察も指紋などは取らなかったのです。

ドアの開け閉めは出来るので問題は無いのですが、また空き巣が来たらどうしようと思っていました。早くドアを綺麗にしたいと奥さんが言いましたので、私は住宅を購入する時に加入した保険会社に電話をしてみました。

すると、保険会社は「そのケースであれば保険が利くので、見積もりを出して下さい」と言ってくれたのです。

私は工務店に電話をして、新しいドアに変えてもらうように手配をし見積書を保険会社に送りました。1ヶ月ほどで見積額と全く同じ金額が保険会社から支払われ、私たち夫婦は安心しました。

●●昨年末から今年のお正月にかけて、2泊3日で家族旅行に出掛けていました。二世帯住宅なのですが、帰宅して1階の玄関から入ろうとしても2階の玄関から入ろうとしても、ドアにチェーンがかかっていました。

これは空き巣に入られてる!と思って、庭に行ってみると、一階の窓が全開で、中は部屋中のものを引っ掻き回したらしく、足の踏み場もないほどでした。

すぐに警察を呼んで現場検証したり指紋をとったり盗難届を出したりと、バタバタしていたので、家財保険に入っていることさえすっかり忘れていました。

数日後、近所の人にその話をすると、火災保険に入っているなら保険会社に相談してみては?と教えてもらい、あまり記憶が定かではなかったので、保険会社に問い合わせてみました。

すると、ラッキーなことに空き巣も補償対象に入っていることが判明し、被害にあったものがわかって、盗難届を出していれば補償を受けられるとのことでした。

盗難届のコピーを参考に、盗難にあったものをリストアップし、分かる限りではあるものの、購入したときの金額とその物の簡単なイラストを書いて書類を提出しました。

その提出した書類をもとに、保険会社が盗難届を警察で確認したあと、しばらくしてから、補償できるものをリストアップしたものが封書で送られてきました。

内容を確認すると、我が家がリストアップしたものがすべて補償されるようで、総額300万円くらい戻ってくることがわかりました。

1ヶ月もかからないくらいに全ての作業が終わり、その後お金も受けとることができましたが、空き巣に入られた直後に盗られたものを思い出すのはとても大変でした。

普段使わないでしまい込んである貴金属類や宝飾品などは、何があったのかさえ正確に全てを把握することが困難でした。

そのため、盗られたものを全て補償してもらえるわけではありませんでしたが、本当にいざというときのために、入っておいてよかったなと心底思いました。

損保ジャパン日本興亜の火災保険

●●旅行の留守中に空き巣に入られました。窓ガラスを割られて、部屋中を荒らされました。盗まれた物は正規の値段で35万円するオメガの腕時計、ダイヤモンドの指輪、クレジットカード、子どものへその緒がなくなっていました。すぐに警察に通報して現場検証をしてもらいました。もちろん、被害を受けた届け出も提出。高価な物や子どものへその緒まで盗まれてかなりショックでした。しかも、盗まれたクレジットカードが不正利用されていたことが発覚。本当に最悪です。犯人は結局見つからなかったのですが、家財保険に加入していたことを思い出し、連絡しました。警察に届けでていたので、スムーズに対応してくれました。オメガの腕時計は中古品扱いということで、正規の購入価格全額は補償されませんでした。品質保証書などもすべて盗まれていたため値段を証明することができなかったです。その一方で、ダイヤモンドの指輪は購入金額のほぼ同じの金額が補償されました。ブランド品の補償額は時価などによってかなり変わってくるみたいでした。

クレジットカードの不正利用については、補償はまったくしてもらえませんでした。クレジットカード会社へ問い合わせるように説明されました。あと、壊れた窓ガラスについては全額補償されました。

まさか空き巣に入られるとは思ってもみませんでしたが、家財保険に入っていたおかげで被害は最小限に食い止められました。感謝しています。

三井住友海上の火災保険

●●先日、家の給湯器の調子が悪く、給湯器の様子を確認するために、家の裏に行きました。その際に、家の外に保管していた純正アルミホイル付のタイヤ4本が無くなっているのに気付きました。

スタットレスと履き替える際にディーラーに預けたのかなと思い、念の為ディーラーの担当者に電話をして確認しましたが、預かっていないとの事でした。盗まれた事を確信した私は、すぐに地元警察に電話をして、タイヤが盗まれた事を伝えました。

「警察官を向かわせます」と言われ、しばらくすると2名の警察官が駆けつけてくれました。

被害届を作成しますので、「詳細な状況を教えてください」と言われ、給湯器を確認しに行ったらタイヤが無かった事、ディーラーに確認したが預けてなかった事、タイヤが無くなっていることに気付いた日時などの詳細を話しました。

被害金額については、その場で分からなかったので、後日連絡することになりました。警察官に見つかる可能性は有るか尋ねたところ、「連続犯である場合は見つかる事もあるが、見つかる確率は低い」と言われました。

また、「車両保険や家財保険に加入していれば、全額は補償されないかもしれないが、保険金が支払われる場合があるので、保険会社に問い合わせてみると良いですよ」と教えてくれました。

早速、車の事故受付窓口に電話をして、タイヤの盗難にあった事を伝えました。事故受付窓口では、受け付けられない内容なので、後日担当者から連絡させるとの事でした。

翌日、担当者から連絡があり、盗難の状況、被害金額、警察に被害届を出している事を伝え、保険が適用される雰囲気でした。

数日後、別の担当者から連絡があり、保険金支払いの為の確認電話が入りました。

その際に車から外された状況について質問されたため、家の外に置いてあったタイヤが盗まれた旨を伝えると、「車に取り付けられている状態で盗まれたのでなければ、車両保険の適用外で、保険金は支払われません」と言われてしまいました。

半ば諦めていましたが、警察官の方から言われた家財保険の事を思い出し、加入している保険会社に連絡して、事情を説明しました。そこで「自宅の敷地内であれば、保険が適応される」と聞いて、希望が湧いてきました。

詳細な状況説明と被害金額を伝えると、「書類を送付しますので、必要事項を記入して返送してください」と言われ、書類に必要事項を記入して発送しました。

しばらくすると担当者から連絡があり、「状況と被害金額も妥当なので全額お支払いします」との回答でした。

保険金は無事に銀行口座に振り込まれました。私の頭の中ではタイヤの盗難と家財保険は結びつきませんでしたが、警察官の方の一言に感謝しています。

あいおいニッセイ同和損保の火災保険

●●私がこの地域に引っ越してきて半年も経っていなかったときのことです。自宅に居ながら盗難にあいました。盗まれたものは下着です。

普通の感覚ではあり得ないことかもしれませんが、私は盗難にあうまで下着を堂々と外干ししていました。今まで様々な地域に住んできて、下着の盗難にあったことはありませんでした。ですが、これはたまたま運が良かっただけなのかもしれません。

今住んでいる地域はお世辞にも治安がいいとは言えませんし、我が家はマンションの一階です。下着が盗まれたことに最初は気が付きませんでした。

ある日、ブラジャーとパンティの数が合わないことに気が付き、そのときも盗まれたのか無くしたのか分かりませんでした。

確信したのは私がたまたまベランダ近くの部屋にいて、衣替えをしていたときです。突然、角ハンガーからブチブチと洗濯物を無理やり外す音が聞こえて、驚きました。

すぐに外を見たけれど誰もおらず、角ハンガーがむなしく揺れて、パンティが一枚無くなっていました。その後、警察を呼んで被害届を出し、保険会社にも連絡しました。被害届が出ていたので、すぐに保険会社は対応してくださいました。

加入したばかりの保険をまさかすぐに使うことになるとは思いませんでした。総額1万円ほど保険金が降りたので助かりました。

チャブ損保の火災保険

●●現在入居中の賃貸マンションの契約時に、チャブ損保のリビングプロテクト総合保険に入りました。私が選んだというわけではなく、大家さんから勧められたのでチャブ損保にしました。

他社と比較してもいいかなとは思いましたが、2年で2万円にいかないくらいの保険料でしたので、特に比較することなく入りました。

そして、一度だけこのリビングプロテクト総合保険にお世話になりました。泥棒にデジタルカメラやノートパソコンなどを盗まれてしまったからです。盗まれたと分かったときは大ショックでしたが、保険金を受け取れたときはほっとしました。

また、保険金を受け取る手続きもスムーズでした。警察に被害届を提出してから、チャブ損保の窓口に電話をして、これからの保険金手続きの手順を教えてもらい、その手順通りに進めたら、想像していたよりも早くに保険金が振り込まれました。

賃貸マンションとは言っても、やっぱり火災保険は必要ですね。

ジェイアイ傷害火災の火災保険

●●賃貸アパートの1階に住んでいたときに、盗難被害に遭ったことがあります。

窓を開けたら植木を挟んで、すぐ目の前は一般道という形のアパートで、前々から泥棒は入りやすそうアパートだなぁとは思っていましたが、1人暮らしでたいして高価なものがない私の家に、泥棒が入るとは考えてもみなかったのです。

いつも通りに帰宅して、ビックリしました。部屋の中には物色された形跡があり、ノートパソコンや時計などが無くなっていたのです。とても怖かったのですが、すぐに警察に電話をして、被害届を提出しました。

そして、家主(不動産会社)にも翌日になってから報告をしたところ、賃貸契約時に加入した家財保険で補償してもらえるとの話を聞き、またビックリしました。それほど高額でもないし…と自分に言い聞かせて諦めていましたが、この時は本当に嬉しかったです。

加入していたのがジェイアイ傷害火災の「くらし安心総合保険」というもので、そちらに電話をして、必要書類などの手続きを確認し、そして無事に保険金を受け取ることができました。本当に火災保険様々でした。

エイチ・エス損保の火災保険

●●「損保業界の大手である東京海上日動三井住友海上などではなく、自動車保険に加入してよく知っているセゾン自動車火災でもない…。できればもっと有名なところにしたいけれど、勝手に変えたらダメなのだろうか…」

賃貸住宅の契約を結ぶ際に、火災保険の加入先として指定されたエイチ・エス損保の社名を聞いて、私が感じた最初の印象はこうでした。

とても重要な「保険」ですので、知名度が高くて安心できるところで契約したかったのですが、賃貸契約を結ぶためには、こちらの保険会社を使わないと困るとのことでした。

こんな流れで、仕方なく加入した火災保険でしたが、まさか実際に使う機会が訪れるとは思いませんでした。保険を使った理由は空き巣です。空き巣に入られて比較的高価な家財や宝飾品などをごっそりと盗まれてしまいました。

ただ、盗難でも保険が利くことは知っていましたので、それほど焦りはしませんでした。警察とのやり取りを終えて、エイチ・エス損保の窓口に電話を入れ、写真や書類などといった必要な手続きを教えてもらい、そして保険金請求書を送りました。

送付から10日ほどで指定の金額が口座に振り込まれていました。それなりの金額でしたので、嬉しかったです。今回の誠実かつスムーズな対応を見て、保険会社は知名度だけで選ぶことはないなぁと実感しました。