個人賠償責任は火災保険で!

更新日:2019年4月19日

個人賠償責任とは、自分以外の第三者または第三者の持ち物に被害を与えてしまった際、相手に賠償する責任があるという意味です。

偶然発生した事故により、個人賠償責任が発生した場合、火災保険で補償することができます。

よくある事例としては「歩きスマホをしていて前を歩く人にぶつかり、怪我をさせてしまった」「マンションで自分の洗濯機のホースが外れて、下の階へ水漏れを起こしてしまった」などといったケースがあります。

もちろん、故意に行った場合は補償対象外となりますが、これらの不注意によるミスや偶然の事故などは、意外と身の回りで発生しがちですので、注意しましょう。

【利用者数5万人突破!】火災保険シェア上位16社から最安比較
火災保険の一括見積もりで20万円も節約できました!

目次

  1. 個人賠償責任の補償を受けた体験談

個人賠償責任の補償を受けた体験談

AIG損保の火災保険

●●不動産屋さんで住宅を借りた時に、薦められるままに加入しました。

やはり、万が一火災事故を起こしてしまったときに大家さんへ賠償をしないといけないので、加入は必須と考えていたのですが、いくつか提示されたプランの中から一番保険料の高いものに加入しました。

しかし、実際にはそれ以外のことで保険を使うことになりました。

入居してしばらくしてから、お風呂の残り水を洗濯機に吸い上げを行った状態で買い物に行きました。当初はすぐに帰ってくる予定でしたが、欲しい品物が売り切れだったのでお店のハシゴをして帰ってくるのに時間がかかりました。

そして、家に帰ると、お風呂から吸い上げていたポンプが途中で外れていて、水が床に溢れていました。慌てて雑巾で床を拭くことにしました。

床の掃除がそろそろ終わるかなという頃に玄関の呼び鈴がなりました。玄関に出ると階下の入居者の方が立っていました。

その時「もしかして…」と思いましたが、下の方からそれよりも早く、水が上から落ちてきて部屋のものが濡れて壊れてしまったと伝えられました。

その場は謝罪して、大家さんへ相談の電話をしました。すると、今加入している火災保険で対応できるとのことでした。

すぐに保険会社に連絡をして、壊れたものの写真や修理代金の見積り等を取り付けるように指示をうけました。言われたものを用意し、保険会社から送ってきた書類に署名し、返送するとすぐに保険金の支払いがありました。

コープ共済の火災共済

●●毎年夏は庭にテーブルをおいて、テーブルの真ん中に大きなパラソルを差しています。その年の夏の間は例年通り、パラソルを差したままにしていたのですが、ある日の夜に大嵐がやってきました。

そして、ものすごい音が庭から聞こえて、パラソルを片付けていなかったことに気付きました。

大急ぎで庭に向かうと、なんとパラソルが隣の家の駐車場の屋根を突き破り、車に刺さっていました…。となりの家の駐車場の屋根と車の修理に、一体いくらかかるんだろう…と、両親は頭を抱えていました。

そんなときコープ共済の火災共済に入っていたことを思い出し、申請してみました。すると無事に共済金がおりて助かりました。兄弟が多く、私も大学受験を控えておりましたので、本当に助かったと思います。

ただ、隣の家の人は保険がおりる前は「災難でしたね」と寛大な態度で接していてくれたのですが、保険がおりると知ったとたん、手のひらを返したような態度でした。コープ共済とは関係ありませんが、この点は残念でした。