AIU保険

更新日:2017年6月6日

AIU保険は、アメリカに本社を置いて世界的に保険事業を展開している損害保険会社です。日本ではAIU損害保険株式会社が事業を運営しているため、「AIU損保」と表記されることもあります。日本では特に海外旅行保険や留学者向けの保険が人気となっていますが、火災保険の「スイートホームプロテクション」も提供しています。

【入力3分!】AIU保険の火災保険の見積もりはこちら

良い評判

●●2012年に自宅を新築したのをきっかけに火災保険について検討しました。始めは住宅メーカーの提携していたセコム損害保険の火災保険を勧められましたが、自分でも調べてみないと納得できないので、生命保険でお世話になっていたファイナンシャルプランナーに相談しました。

自宅の仕様など様々質問され、AIU保険の割引サービスを提案されました。我が家では耐火建造物の耐火性能割引と、オール電化にしたことでオール電化割引が使えるという事でした。担当者に頼み、建築確認申請書を提出し、約10%程の割引ができるようになりました。

オール電化割引は注意すべき条件があり、火災発生時にファンヒーターなどの使用が確認されると補償されないなど丁寧に説明されたので、安心して比較検討することができました。

●●私がこちらAIU保険会社の火災保険に加入したのは、一戸建てを購入した際に薦められたからです。こちらの担当者が営業に来られたのですが、とても対応が良く、信頼できそうでした。

月々の保険料もそれほど高くありませんでしたので、こうした点でも、こちらの火災保険は良いと思いました。また、我が家はオール電化なのですが、こちらのAIU保険会社の火災保険はオール電化割引などがあり、こういった点でもお得だと思ったのが加入したきっかけでした。

担当者は女性の方で、火災保険について分かりやすく説明をしてくれました。住宅が火災に遭った際にどの程度の補償が下りるのかということなどを話してくれました。私たちは、やはり住宅ローンを支払っていかなければいけない身ですし、火災保険に入っていることで、こうしたリスクに備えることができると思いました。

一度も火災などに遭ったことはありませんので、まだ補償と言ったものを受けたことはありませんが、よく火事などを見かけることがありますので、火災保険に入っていると非常に安心できると思います。また、火災保険は様々なものがありますが、結局は営業の方との相性だったりなども肝心だと思います。

●●主人の勤務先の官舎へ引っ越すことになり、火災保険は各自で掛けなくてはいけなくなりました。ちょうど子供が産まれたところだったので、保険の見直しをしようと来店型の保険ショップで保険相談をしていました。私たちの保険を見直すついでに、火災保険も探してもらいました。

数社の見積もりを出してもらい、その中から私たちに必要な補償を付けて、一番保険料が安くなる会社を選びました。補償の範囲について、家の立地条件などを考慮しながらひとつずつ決めて行きました。

職場の人から「子供が産まれたら付けておいた方が良い」と言われた、持ち出し家財補償と個人賠償責任補償の特約も付けることもできました。こちらは自動車保険でも付けることが可能でしたが、保険料をみると火災保険で付けた方がお得でした。申し込みなど手続きは保険ショップですべて出来たので、とても楽でした。

●●一戸建てを建てる際の火災保険は、自分で調べて自分で契約しました。一般的に銀行に決められる事も多いようですが、保険会社も沢山あり、保険プランや料金も全然違うので、自分で探す必要があると思います。

調べていくと、会社は多数あり、料金も全然違いました。結果、一番私の家に合っており、一番リーズナブルなAIU保険にしました。AIU保険の決め手は割引制度です。私の家に適用される割引は、オール電化住宅割引と発電住宅エコ割引です。この二つの割引はかなり大きく、他社と比べて十万円以上も安かったです。

太陽光発電の割引はAIUしかなく、オール電化割引もあまり他社ではありませんでした。オール電化は家で火を使わず、火災のリスクが減る訳ですので、割引の対象にするのは納得です。

また、AIUの補償内容は明瞭で分かり易く、非常に良かったです。一戸建ての火災保険は一生の保険ですので、慎重に時間を掛けて選ぶべきだと思います。

火災保険の一括見積もりサービス

●●不動産屋さんで住宅を借りた時に、薦められるままに加入しました。やはり、万が一火災事故を起こしてしまったときに大家さんへ賠償をしないといけないので、加入は必須と考えていたのですが、いくつか提示されたプランの中から一番保険料の高いものに加入しました。

しかし、実際にはそれ以外のことで保険を使うことになりました。入居してしばらくしてから、お風呂の残り水を洗濯機に吸い上げを行った状態で買い物に行きました。当初はすぐに帰ってくる予定でしたが、欲しい品物が売り切れだったのでお店のハシゴをして帰ってくるのに時間がかかりました。

そして、家に帰ると、お風呂から吸い上げていたポンプが途中で外れていて、水が床に溢れていました。慌てて雑巾で床を拭くことにしました。床の掃除がそろそろ終わるかなという頃に玄関の呼び鈴がなりました。玄関に出ると階下の入居者の方が立っていました。

その時「もしかして…」と思いましたが、下の方からそれよりも早く、水が上から落ちてきて部屋のものが濡れて壊れてしまったと伝えられました。その場は謝罪して、大家さんへ相談の電話をしました。すると、今加入している火災保険で対応できるとのことでした。

すぐに保険会社に連絡をして、壊れたものの写真や修理代金の見積り等を取り付けるように指示をうけました。言われたものを用意し、保険会社から送ってきた書類に署名し、返送するとすぐに保険金の支払いがありました。

●●もともと親から受け継いだ戸建てだったので、保険などはかけていませんでした。

しかし、友人の家が火事にあってしまい、その友人は火災保険に入っていたにもかかわらず、保険で支払われた金額が少なくて、家を建て替えるのに高額なローンが必要になってしまったことで、火災保険の必要性と、内容をよく検討する必要があると思い、加入しました。

何故友人の保険料が少なかったかというと、その友人の保険は時価で建物を評価して、その金額が保険料になるというものだったので、築年数が長かった友人の家の場合は少額しか保険料が支払われなかったということでした。

私が加入したAIUの保険の場合は、再調達価額実損払というタイプなので、もし火事で築何十年の建物が焼失しても、同等の建物を購入するのに必要な金額を支払ってくれるので、安心だと思い加入しました。

他の保険会社にもいくつか見積もりをとったり、担当者の方に相談をしたんですが、こちらの会社の対応が一番丁寧だと感じたことも、加入の決め手になりました。もし、わが家から出火して、ご近所に燃え移ってしまったとき用の補償オプションなどもあるので、自分の希望に合ったオプションを追加することが出来るのも魅力です。

●●私は以前、神戸市に暮らしていたため、阪神淡路大震災を経験しました。あれだけの大地震は初めてのことでしたので、何の準備もありませんでした。あれからもう長い年月が過ぎ去ろうとしていますが、今では地震対策も十分にしています。

そのうちの一つは、地震保険への加入です。過去の地震の経験だけではなく、新築で一戸建ての家を建てたという理由もあり、地震保険に加入しました。

AIU損保の担当者の方はとても丁寧で、説明もきちんとしてくださいました。様々な種類の保険を紹介してくださり、メリットだけではなくデメリットも詳しく話して下さったので、信頼できました。

最近では東北で起きた大地震と津波の影響を見て、地震保険に入っていて良かったと感じています。幸い、今のところ大地震を経験してはいませんし、起きて欲しくもありませんが、地震が起きたときにも対応できる保険に加入できているという安心感が嬉しいです。地震に備えて良い保険に加入できたことを嬉しく思っています。

悪い評判

▲▲家財保険に加入しています。2年間で2万円です。賃貸住宅なので、仕方がなく強制的に加入しています。実は家を持っているのですが、近隣の嫌がらせにあい、古いマンションを借りなければなりませんでした。

本当に無駄なお金です。家財保険は、いざという時のためですが、使うことのない保険です。うちにとっては無駄なだけです。会社も選べませんでした。早く、本当の家に帰れるといいのですが、嫌がらせをしてくるお隣のおじいさんが有名な方で、いつまで経っても嫌がらせをし続けています。

途中で解約しても、お金は返していただけるとのことで、ありがたいです。ただ、忘れていると、かけっぱなしになっていることがあります。不動産屋と保険会社の付き合いでしょう。賃借人が忘れないように気を付けなければなりません。

火災保険の一括見積もり

【簡単3分】火災保険の一括見積もりで保険料を20万円以上節約できました!

北海道・東北 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
関東 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県
中部・北陸 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
中国 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県