本社を大阪市に置いて全国展開している中堅ハウスメーカーです。

もともとはエス・バイ・エルという社名でしたが、親会社がヤマダ電機となったことをうけ、2013年6月に社名が変更されました。過去にリゾート事業にも進出していましたが、現在は撤退しています。

主に集成材を用いた木質パネル構造による、ローコストタイプの規格住宅が主力ですが、最近では和を基調とした注文住宅にも力を入れ始めています。ヤマダ電機と提携し、太陽光発電やオール電化などを備えたスマートハウスにも力を入れています。

また、リフォーム事業では、コストパフォーマンスに優れたパックを販売しています。坪単価55~65万円。ネット住宅のさきがけとなった企業です。

坪単価・着工数・年収など

会社名 株式会社ヤマダホームズ
設立日 1951年6月14日
本社所在地 大阪府大阪市北区天満橋1-8-30 OAPタワー5階
売上高 375億円
年間着工数 1000
坪単価 55~65万円
従業員数 1,122人
平均年収 約497万円
平均勤続年数 約14.3年
リフォーム・建て替え ヤマダホームズのリフォーム費用・建て替え費用

特徴・おすすめの理由

ヤマダ電機との提携でユーザー層の幅が広がる

ヤマダホームズは、関西や関東地域を中心としながら全国的にも展開している中堅のハウスメーカーです。数年前に大手の家電量販店であるヤマダ電機との業務提携をしました。

ヤマダ電機グループに入ったことにより、住宅設備の共有が出来るという点がメリットとなったようです。例えば、省エネルギー住宅仕様の住宅で太陽光発電などの設備を競合他社よりも低価格で提供できるという強みがあります。

これからの家づくりを取り組む上では、今後ますます拡大していく仕様となるため、ユーザーにとっても、検討するメーカーのひとつとなってくるでしょう。

スタンダードからハイグレードまでバリエーションが豊富

もともと住宅のデザインが優れているということは、業界でも定評がありました。企画型住宅としては、スタンダードな平屋である「ニューオーセント平屋の住まい」をはじめ、2階建ての「ニューオーセント」「es.(エス)」などが主流となっています。

また、北海道仕様としてW断熱や床暖房などを仕様に取り入れた「SPシリーズ」もあり、地域に合わせた暮らしやすい住宅へも対応しています。

ハイグレードシリーズとしては、完全自由設計の邸宅シリーズがあり、企業建築家が設計する本格的なこだわりのオンリーワン住宅である「小堀の住まい」なども提供しています。

企画型住宅だけでは満足できないという顧客にも、社外の設計士が協力しているという点は大きいでしょう。

徹底管理された木材とS×L構法で強度を確保

住宅の構法としては、「S×L構法」「HYT構法」「S×L-Wood構法」「GA構法」という4つの種類があります。そのうち、「S×L構法」は開発に最も力を入れている構法となります。

躯体に使われる木質接着パネルの枠材には、北米で製材される中の25本中1本しか取れないとする最上級の品質「J-GRADE材」を使うなど高品質にこだわっています。また、狂いの少ない木材を維持する要件となる含水率は19%以下のものだけを使います。

工場に搬入されてからも、しっかりと乾燥した状態が維持できているかどうかをマイクロ波の含水計で再チェックをするなど、徹底した管理体制とし、常に安定した品質の木材を提供することができるシステムとなっています。

S×L構法では、ねじれの力にも強さを発揮する木質接着パネルを採用し、柱と梁の点で支えるものではなく、壁面全体で支える6面体構造となり、高い耐久性を実現しています。

また、独自で開発をした数十種類にも及ぶ特殊な結合金物で、より一体化した強固な建物となっています。

洗練されたデザインと自由設計

ヤマダホームズは、センスの良いデザインが業界内からもとても評判が良いメーカーです。自社デザインとなる「ニューオーセント」シリーズは、シンプルモダンな雰囲気が他とはまた違った洗練された雰囲気を感じます。

また、企業建築家による設計デザインとなる「esエス」シリーズは、繊細な日本の美を表現したものになっています。

屋根の形状、色、外観の素材、内装の雰囲気までも計算されたものから生まれる美しさが、ヤマダホームズらしさを感じます。

ハイグレードな邸宅シリーズは高級感のある仕様

顧客のあらゆる要望に応えるために、さらにハイグレードな「邸宅シリーズ」があります。完全オリジナルのオーダー住宅となるkobori研築工房が設計する「小堀の住まい」をはじめ、企業建築家からの提案を最大限に活かせるシリーズです。

ハウスメーカーという枠を超えるような、大胆な外観デザインや内装の仕上げ、仕様はメーカーでは対応できないというイメージを払拭させるでしょう。デザインに自信のあるヤマダホームズの最大の特徴であるといえます。

エリア別の口コミと評判

関東

●●まず、外観が他のホームメーカーと全然違うテイストでした。和モダンという言葉が合うような、今の住宅のスタイルに昔の住宅の良いところをプラスしたようなタイプでした。

玄関土間の部分がとても大きく旅館風だったり、縁側があったりととても落ち着く雰囲気でした。こちらのモデルハウスは天井が高く、窓も大きく取っていて、家を広く見せる工夫がされていました。

営業はとてもベテランな方ばかりでした。ガツガツしていませんし、落ち着いていて知識も豊富です。

展示場に行くと営業さんに色々言われて落ち着かないこともあるのですが、こちらの営業さんは良かったです。お話しされることは勉強になることばかりですし、納得出来るものでした。モデルハウスの雰囲気も営業さんもとても気に入りました。

ただ、金額が高めの設定だということがネックでした。実際に建てた人の冊子を見せてくれたのですが、立派な家ばかりでしたし、職業も医師や弁護士と書かれている人ばかりでした。少し気が引けてしまいました。(神奈川県・30代女性)

●●注文住宅を建てるにあたり、いくつかの住宅展示場を見てまわりました。

すでに土地があり、カタログ住宅などは当てはまらない形だったため、完全なる注文住宅にせざるを得なく、まずは住宅展示場へ行き、展示場にある建物で素敵だなと思うハウスメーカーに話を聞いてみることにしました。

住宅展示場のモデルハウスの中で、ひと際素敵だったのはヤマダホームズです。私たちのコンセプトは「和・モダン」だったのですが、ヤマダホームズの家は、グレーの外観にウッドの格子が格好いい、イメージにぴったりの家でした。

家の中には広い三和土があり、「和」と「洋」が絶妙に共存するデザインで、夫婦ともにひとめぼれでした。担当の営業さんは、通気システムや耐震性にも優れ、長持ちする家という魅力をとても丁寧にわかりやすく説明してくださり、気持ちの良い対応でした。

家の中に掘りごたつのある小さい和室を作りたいなど、私たちの意向を伝え、数日後に出された間取りの図案は、期待通り素敵なものでした。

小さい和室は「隠れ居酒屋」のように普通では考えられない場所に設置されており、家の中にはちょっとした庭のようなものがありました。もちろん、外観もグレーの壁にウッドの格子、小さな竹が生え、見るだけでワクワクしました。

他のハウスメーカーでも図案と見積もりをとりましたが、ヤマダホームズは抜群のデザイン力がありました。

しかし、残念ながら契約には至りませんでした。それはコストが高かったためです。

結果、契約したハウスメーカーとのコストの差は500万円くらいで、さすがにその差は大きく、断念せざるを得ませんでした。もう少し予算があれば間違いなくヤマダホームズと契約をしました。

今でも主人と「あの図案は本当に格好良かったよね」とたまに話題に上がります。そして、その時の資料は捨てられません。今の家に後悔はありませんが、少しだけ失恋した時のような心残りがあります。(千葉県・30代女性)

●●家の建て替えのため色々なハウスメーカーのモデルハウスなどを見て回っています。その中で最近特に気になるのがヤマダホームズだったので、展示場に足を運んでみました。

モデルハウスを見た感想としては、オシャレな外観で目を惹きます。とはいえ他のハウスメーカーと比べて抜きでてるわけではありません。しかし、内装がとても素敵でした。

和を感じることができる木を上手く使い、洋と見事にマッチさせているデザインはセンスを感じます。洋風のきらびやかさの中にいて、和の落ち着きを感じることができるのはとても嬉しいです。

スタッフの方も大手のヤマダだけあって、とても親切丁寧な対応で、印象が良かったです。どんなに細かな相談事でも真剣に聞いて応えてくれ、説明も細部にわたり素人でもわかりやすく教えてくれて、助かりました。

軽く見積もってもらった結果、こちらの希望の間取りでお願いしたとしても十分に出せる範囲で納まりそうだったので、建て替えの際の候補にしたいと思っています。(栃木県・30代男性)

▲▲ハウスメーカー数社と地元の工務店を見ていましたが、その中でヤマダホームズは特に特徴がなく、どっしりと構えた印象でした。

他のメーカーは「〇〇なところがうちの売りです」などと売り込んでくるのですが、ヤマダホームズの営業マンは聞かれたら答えるというスタイルでした。

価格帯についても「建てる家次第でピンキリ」という言い方をされたので、ブランドとしての位置付けが難しく、我が家の最終的な候補には残りませんでした。

基本的には、大きなブランド力と昔からの歴史に自信を持っていて、どっしりと構えているという印象でした。その為、家づくり初心者の我々としては、もう少し売り込んで頂けたら検討の余地があったかなぁと思っています。

ただ、オーダーの仕方次第では、型にはまらないお客さんに合わせた家づくりが出来るのかなぁとも思います。(東京都・30代女性)

▲▲エス・バイ・エルは老舗のハウスメーカーですが、リゾートで失敗してヤマダ電機の傘下に入りました。住宅の設計やデザインは独自の路線で、小堀住建のブランドで長く業界に存在感を示していたハウスメーカーです。

一部では、ヤマダ電機に買収され、デザイン力がスマートハウスへの方向転換の足を引っ張るとの見解を示しているのを見ました。個人的には残念な見解で、電気設備満載の住まいには何の工夫もないというイメージです。

ヤマダ電機はエス・バイ・エルを買収して、なぜヤマダのブランドをのせたのか。エス・バイ・エルは買収された企業と、誰もが心配する事を想定しなかったのでしょうか。

ミサワホームも、ミサワホームのブランドをそのまま残し、経営者が変わりました。住宅は信用第一だと思います。ブランドとは何か、購入する人の心配を掻き立てるようなブランディングを実施したヤマダ電機に、顧客目線が不足していると感じます。

電気設備が充実している住まいは、パナソニックに任せておけばよいと思います。(千葉県・60代男性)

東海

●●新築一戸建ての注文住宅を新たに建てましたが、各ハウスメーカーが集まるハウジングセンターなどの住宅展示場にも足を運びました。住宅展示場では、各ハウスメーカーのモデルハウスをゆっくり見る事が出来たため、色々と参考になりました。

特にヤマダホームズでは、担当の方がとても熱心に説明してくれたため、知らなかった事や家づくりに関する知識を得る事が出来ました。モデルルームを内覧して、様々な住宅設備や室内の間取りをチェックする事が出来たので、自分の家づくりの参考になりました。

ヤマダホームズの担当の方は、モデルハウスの内覧から費用や住宅ローンといった内容まで相談に乗ってくれたため、助かりました。ヤマダホームズの住宅展示場に足を運んで良かったです。(愛知県・30代男性)

●●我が家は、結婚してからの夢だった新築マイホームを建てる事にしました。マイホーム作りに関する知識が全くと言っていい程無かったため不安で一杯でした。

どのような事から決めていったら良いか、右も左も分からない状態でした。そこで、仕事の無い休日に家族で最寄りの住宅展示場へ足を運びました。

いろいろなメーカーのモデルハウスが建ち並んでおり、初めて行った時には驚く事ばかりでした。各ハウスメーカーのモデルハウスを実際に見学したのですが、ヤマダ・エスバイエルの展示場ではとてもお世話になりました。

実際にモデルハウスを内覧して、間取りや住宅の内装、外装、照明、設備といった様々な箇所を見る事が出来ました。

不明な点は、分かりやすく説明してくれたため、とても助かりました。マイホーム作りに対して経験も知識も無かったのですが、とても親身になって相談に乗ってくれたので嬉しかったです。

地元のハウスメーカーでマイホームを作る事になりましたが、住宅展示場に行って良かったと今でも思っています。(愛知県・30代女性)

●●近くの展示場に見に行きました。一軒家を検討してましたので、ちょうどよい機会でした。モデルルームには何人か担当者がいました。ついてくれたのは若い男性でした。応対はよくて好印象でした。

家の外観は、今時の家で他のメーカーと大差ありません。光触媒は今はだいたいついてますね。中もモデルルームだからか、豪華でした。担当者の話では、モデル仕様なのでここまでは難しいとのことでした。正直な担当者です。

やはりヤマダ電機グループだけあって、電機関係の設備は充実していました。太陽光発電やIHクッキングヒーターはいいものでした。

一方で、内装や断熱性などの家そのものの性能は、他のメーカーと変わらないか、少し見劣りしました。

担当者が詳しくなかっただけかも知れませんが。担当者の話では、坪単価では30万円くらいでも建てることはできるが、満足する家にするには50万円台にはなるだろう、とのことでした。

モデルルームなので豪華にできているのは仕方ないですが、夢を見せすぎるのも考えものだと思います。(愛知県・40代男性)

●●2009年にヤマダホームズで家を建てました。その頃の社名はまだ「SXL」でした。住宅展示場でモデルハウスを見て、主人が建物に一目惚れし、説明を聞きに行くことになりました。

担当してくださったのは男性の方でしたが、とても丁寧に説明してくれ、細かなことでも親切に教えていただけたので、お願いすることに決めました。

まだ土地を探しているような段階でしたが、「いいなと思う土地がある」と話すと、見に行ってくれて「ここはいいけどこういう問題もある」とか「こっちの土地は地盤補強が必要だからお金が余分にかかる」とか、アドバイスをくれました。

土地も決まって建築士さんとの打ち合わせが始まりましたが、雰囲気しか伝えられず、細かな部屋数なども決めていなかった私たちに「こういう間取りもできる」と、何パターンものラフ画を描いてくださり、時間はかかりましたが納得いくものができました。

間取りだけでなく、日当たりや隣家との窓の高さなども気にしてくれて、嬉しかったことを覚えています。屋根の色や床材やキッチンなどがなかなか決まらず、何度も変更しましたが、根気よく付き合ってくれました。

メーカー選びももちろん大切ですが、一番は担当者さんとの相性なのかなと、よく主人と話していました。大工さんは地元の方でしたが、きちんと連絡がとれているようで安心してお任せすることができました。

ただ、外構をやっていただいた会社との連絡がうまくとれていなかったようで、まったく私たちの要望が伝わらず、イライラもしました。

でき上がった外構は素敵ですが、自分たちの要望と違うところもあり、それだけが残念でなりませんでした。ただ、総合的には満足しています。(岐阜県・30代女性)

●●新築検討の際にヤマダホームズの展示場に見学に伺いました。担当してくれた方はとても親切丁寧な方で、商品についてやローンの仕組み、各種かかる費用についても、一つずつ説明していただき、とても分かりやすく好印象でした。

また、ヤマダホームズが他のハウスメーカーと違うなと感じた点は、まずは坪単価が分かりやすい点です。

他のハウスメーカーの場合、坪単価と言うものはあってないようなもので、オプションや窓や収納等、何かをつければそれだけお金もかかっていくような仕組みですが、ヤマダホームズの場合は、基本的に大きさが変わらなければ値段は変わりませんという説明でした。

そして、やはりヤマダホームズはヤマダグループということもあり、電化製品に関しては文句なしという感じでした。キッチンやお風呂、その他選べるメーカーも種類豊富で、そこにもとても魅力を感じました。

残念ながら主人が他のハウスメーカーを気に入り、契約は出来ませんでしたが、私としては耐震や断熱等の設備もしっかりしていて、おすすめのハウスメーカーだと思いました。(岐阜県・30代女性)

関西

●●注文住宅を建てようと考えていたときに、住宅展示場に行く機会が何度もあり、その際に、ヤマダホームズのモデルルームを何度か見ました。

ヤマダホームズの感想ですが、坪単価が高いという印象を受けました。他のメーカーと比較しても、坪単価などが高く、紹介してもらった住宅についても、少しお高い印象を受けました。

モデルルームに関しては、シックな家づくりでモダンな家であり、好みの感じでしたが、あまり浸透していないのもあり、分からない点もたくさんありました。

モデルルームでの接客に関しては、営業マンも勧誘などは一切ありませんでしたし、非常にあっさりとしていたので、拍子抜けしてしまったほどでした。(大阪府・30代女性)

▲▲ヤマダホームズのモデルルームで、担当の方に接客を受けたことがあります。

家を建てる際に検討していて、モデルルームを見学したことがあるのですが、その際の印象は、木造の家などもあって色んな家を手がけているけれど、今ひとつ大手のハウスメーカーに及ばないかな…というものでした。

担当の方は、淡々と説明をしてくれていて、営業が特別しつこいということはありませんでした。しかし、それほど印象には残らなかったです。

とても機能的な家づくりをしていて、モダンな作りの印象の家でした。私の夫は気に入っていた様子でしたが、少し他の住宅メーカーと違って、アフターフォローなどの体制がどうなのだろうと少し不安でしたので、候補から外すことにしました。

色んな価格帯の家があるということはメリットがあると思いましたが、そのほかに、それほどこれといった特徴はなかったと思います。(大阪府・30代女性)

▲▲私が家を建てようとABCハウジングで色んなハウスメーカーを探していた時のお話です。最初に決めたハウスメーカーがヤマダエスバイエルでした。

結局は折り合いが悪くなって、別のハウスメーカーになりましたが、最初に決めた理由はモデルハウスの雰囲気が気に入り、その時に対応してくれた営業マンが感じ良く、実際に建てたユーザーの家を訪問させてくれたり、不動産屋を紹介してくれたりと活発に行動してくれたからでした。

初めて家を建てるので右も左も分からない状態でした。何かと助かり、順調に話が進んでいました。

しかし、家の話は進んでいるのに土地の話が一向に進まず、該当する土地が無いまま家の話だけが先行している事に不安を感じ始めました。

その営業マンは「不動産屋を強くプッシュしているのですが…」と言うのですが、不信に思い、不動産屋に直接確認したところ、そうでは無い事が分かりました。

更に、ヤマダエスバイエルが紹介した不動産屋で土地が決まったら自動的にヤマダエスバイエルの家を購入するのが当たり前と言いだし、契約寸前で破綻する事になりました。

素人だと思って適当な事を言う営業マンは少なからずいるので注意して下さい。(奈良県・40代男性)

▲▲住宅展示場で、ヤマダホームズに行きました。モデルハウスはとても立派で、室内もメーターモジュールでゆったりと作られていました。和の雰囲気もあり、こだわりがあるのも好印象でした。

担当の営業の方は年配の男性でした。まだまだ、展示場を回り始めたばかりで、土地の候補だけがあり、他の具体的な事は何も考えはいなかった時期でした。

そのことも伝えて、モデルハウスを見せていただいていたのですが、土地はどこにあるのか詳しく聞かれ、仕方なく伝えました。すると翌日、「土地を見てきた」と言われ、その土地だとこうしたら良いですよとか、色々と話をされました。

好意でしていることとはいえ、こちらの承諾もなしに、行動に移されたことが不審感になり、以後その方とはお会いしていません。(和歌山県・30代男性)

中国

●●マイホームを持とうとハウスメーカーを色々当たった時のメーカーの一つに、ヤマダホームズがあります。

私は妻と一緒にモデルハウスを訪れたのですが、そのデザインが現実生活を送る家とはかけ離れていた感が正直否めませんでした。

有名なハウスメーカーだったので立派な家は建つんだろうなとは考えたのですが、あまりしっくりくる感じががしなかったので、我が家の場合は結局、最終候補からは漏れてしまいました。

モデルハウスにはヤマダホームズの信用性に関する記述が結構多くありました。

また、営業の方にもアンケートを答える形でご対応していただきましたが、自分達からガツガツとお客さんに迫るような感じの接客はなく、良かったらどうぞ的な雰囲気があったため、その点に関しては好印象を覚えました。

坪単価的にはざっくりと坪60万円程度がかかりそうな感じでファーストコンタクトされ、面食らいました。

でも、価格面に関してはここが極端に高いというわけではないので、いくつかのハウスメーカーを巡った後に伺っていれば、もっと話を聞けたかもしれないなぁと後で思いました。(広島県・30代男性)

●●住宅を検討する中で、気軽に展示場を来店しました。予約もせず来店しましたが、担当の方が丁寧に対応してくださりました。

まずは、グループ会社含めた企業の体制についてから、説明していただきました。そして、この辺で住宅を探していると伝えると、土地探しや間取りなどを一緒に検討してくれて、土地へは一緒に足を運んで、確認してもらえました。

間取りも、素敵なものを設計してもらえました。金銭的に抑えたいと伝えると、抑えたプランも提示してくださいました。

最初のプランが一番良かったですが、抑えたプランも充分納得できる内容でした。適宜パソコンを使って、いろいろと確認できたので、とてもわかりやすい説明でした。

私たちは子供連れで行きました。おもちゃがたくさんあるキッズコーナーがあり、子供たちが充分に遊ぶスペースがありました。

子供用にジュースやお菓子を出してくださったり、アニメのDVDを見せてくれました。そのため、子供たちが遊びに夢中になってくれたので、親側はゆっくり担当の方と話し込むことができました。

忘れ物をした際は自宅まで届けてもらい、本当に親切な対応をしていただきました。(広島県・30代女性)

九州

●●モデルルームを訪問したときに感じたことは、明るくて訪問しやすい雰囲気を作っているなという印象を受けました。営業担当は女性だったのですが、明るく親しみが持てました。

セールスポイントは、材料の統一化などにより金額を安くおさえ、なおかつデザインをインターネットで設計できるところだったと思います。

自分たち以外の客も多く来ており、年齢的に若い方が多かったです。注文住宅にしてはプランが決まっている部分が多く、契約後の打合せなどに時間がとられることは少ないように感じました。

デザインも新しさを感じられましたし、値段も1,000万円台~とかなり安かったので魅力を感じた半面、その分、信頼しても大丈夫なのかどうか…という不安な気持ちも少し持ちました。(福岡県・30代男性)

マイホームで後悔しないために

注文住宅にしても建売住宅にしても、まずは情報収集が重要です。知識のない状態でいきなり展示場に行くのはおすすめできません。

LIFULL HOME'Sなら悪質なハウスメーカーや工務店を除外した状態で、気になる複数の会社のカタログを比較することができ、大変おすすめです。

マイホームで後悔しないためにも、まずは資料請求から始めてください!