ユニバーサルホーム

更新日:2018年6月20日

FC方式(フランチャイズ方式)により全国展開していますハウスメーカーです。本体が建材や設備機器を一括購入し、FC加盟店が施工することによりコストを抑え、ローコストな住宅を提供しています。

創業者は自身のアメリカ留学と家づくりの経験から、日本の住宅は高すぎると感じ、工務店のFC化によるローコスト化を目指し、「アイフルホーム」を起業、その後、社長を解任され、「ユニバーサルホーム」を立ち上げました。

同一人物が立ち上げた会社であるため、アイフルホームと同様の体系ですが、坪単価は40~50万円とアイフルホーム(45~55万円)よりさらに合理化されたローコスト路線となっています。

木造軸組工法(メーターモジュール)による構造で、外壁材に断熱性に優れたALCパネルを用いていること、床下の空間をなくして地熱床を利用することなどを売りにしています。

【カタログ比較はしないと損!】マイホームで失敗しないために
注文住宅カタログ一括請求

目次

  1. 坪単価・着工数・年収など
  2. 特徴・おすすめの理由
  3. エリア別の口コミと評判
  4. まずはカタログ比較から始めよう!

坪単価・着工数・年収など

会社名 株式会社ユニバーサルホーム
設立日 1995年5月1日
本社所在地 東京都中央区八丁堀二丁目7番1号
売上高 37億円
年間着工数 1900
坪単価 40~50万円
木造住宅の工法 木造ハイパーフレーム構法
従業員数 134人
平均年収 約528万円
平均勤続年数 約5.1年
リフォーム・建て替え ユニバーサルホームのリフォーム費用・建て替え費用

特徴・おすすめの理由

全国的にフランチャイズ展開する住宅会社

ユニバーサルホームは、北は北海道から南は九州・沖縄まで、全国的にフランチャイズ展開をしているハウスメーカーです。建築した住宅の戸数は約40,000棟以上となりました。30代の若い家族から高齢の家族まで、幅広い年齢層に支持されていますね。

2階建ての住宅がメインとなっており、夫婦と子供2人のスタンダードな家族構成の間取りプランが主流となっています。都市型というよりは、郊外の新興住宅地で施工することが多いでしょう。

建物の構造に係わるものや仕上げの素材は、各フランチャイズ店も同じ仕様となっていますが、大工などの職人は、地元の小規模工務店が請け負っているシステムとなっています。

独自の技術が活かされた地熱床システム

ユニバーサルホームの最大の特長といえば、地熱床システムです。これは、地下深くで温められている熱を利用するために、基礎の外周を深い場所から施工します。

また、基礎の中(床下)は砂利を敷き詰めて密閉し、その上にコンクリートを流します。地面と頑丈に接しているため、強度も高まることや熱を蓄えられるメリットがあります。

一般的なベタ基礎の施工方法は、もし外気温が5℃の場合、床下に冷えた外気が入り込み、室内の温度も下がってしまいます。地熱床システムは、床下は砂利で余分な空間がなく、地下からの暖かい熱が伝わるため、室内温度は急激に影響することはありません。

地熱床システムは、ユバーサルホームが独自で開発したものであり、特許もとっています。他ではまねのできないテクノロジーなのです。自然のエネルギーを利用した環境にも配慮したシステムとなっています。

高い性能を保持する外壁材ALC

ユニバーサルホームの外壁は、珪石、石灰、セメントなどの自然素材が主な原料となっている無機質建材で作られています。有機物質ではないことから環境への配慮にもなっていますね。

この高性能外壁材のALCには、製造工程でできる無数の気泡に優れた機能を発揮する秘密があります。ひとつは、気泡があることによって、外壁材そのものの軽量化につながっていることです。また、断熱性、調湿性、遮音性にも優れた効果を発揮します。

ALC素材は、大変に高性能な外壁材として注目され、住宅ばかりではなく、遮音性を活かして駅のホームに使われたり、国外の建築物でも採用されています。

地震対策に制震システムを採用

ユニバーサルホームでは、地震への備えとして制震システムを採用しています。構造体の中に組み込むのは、「MGEO-N63(エムジオ)」です。

エムジオは、ハウスメーカーの最大手であるミサワホーム株式会社のものであり、その優れた技術をユニバーサルホームにも取り入れています。

エムジオは、地震のエネルギーを効率的に吸収し、最大で1/2に低減してくれます。多雪地域でも施工が可能となっており、地震だけではなく、大型の台風など近年の異常気象にも頼れるシステムとなっています。

正統派のハウスメーカーデザイン

ユニバーサルホームの住宅デザインは、正統派なハウスメーカーデザインといえるでしょう。年齢や地域を選ばず、万人が好む色使いや外観のカタチは、飽きることなく暮らしやすい家ではないでしょうか。

100通りの間取りシミュレーションから、ベストなプランを選ぶことができますので、自分であれこれと考えるよりも、提案してほしいと考えている方にも相談しやすいでしょう。

内装デザインもオーソドックスながら、最近人気のシンプルモダンスタイルや和モダンスタイルなども提案してくれます。

建築費としては、高いということもなく、またローコスト住宅ということもなく、検討しやすい価格帯といえるでしょう。

【カタログ比較はしないと損!】マイホームで失敗しないために
注文住宅カタログ一括請求

エリア別の口コミと評判

北海道

●●北海道マイホームセンターで建築業者を探していた時に、一番対応が素晴らしかったハウスメーカーです。まだ絞り切れていないときにも、見取り図や土地を熱心に探してくれました。

当時の店長さんが担当だったのですが、南西向きで角地がいいと提案して、次の打ち合わせまでに土地をピックアップして、自分で足を運んで近隣の様子を見てきてくださいました。

新築を建てるので、近所にゴミ屋敷のような家があるところは省き、近くに住んでいる人の様子も見てくれました。

もう一つ候補にあったメーカーの方は、ネットから出してきて5か所ほどを紙一枚での説明だったため、より信頼できると思ったのはユニバーサルホームでした。

床暖も候補にありましたが、一階の部屋にしか対応できないという事だったので、そこが悩んだところでした。

家のことを何もわからなかったので、親切に対応してくれて、とても好感度の高いハウスメーカーです。(北海道・30代女性)

東海

●●大通りに展示場が有ったので、以前から気になっていました。ハウジングセンターではなく、その会社だけの展示場なので、最初は入るのに抵抗がありましたが、その日は駐車場に何台か客の車が停まっていたので、我が家も話を聞いてみることにしたのです。案内してくれた担当の方は、明るい感じの男性でした。

最初に隣にある展示用の住宅を見せてもらいました。入り口から内装まで、感じのよい住みやすい家でした。次に、別の建物のテーブル席へ案内されて、詳しい説明を受けました。ここで驚いたのは、お茶の他にお菓子が出されたことです。それも甘い系のお菓子がたくさんです。

ただ、前客がお菓子をこぼしたのか窓際にアリが数匹いました。気遣いは嬉しいのですが、虫が苦手な私はそれが気になってしまいました。(愛知県・40代女性)

●●ユニバーサルホームの注文建築にて自宅を建てました。自宅を建てるにあたっては様々な要素を比較考慮しました。まずは計量鉄骨にするのか、高耐久木造にするのか、ツーバイフォーにするのかに始まり、耐久性、居住性、増改築の融通性など多岐に渡ります。

性能やグレードなど、上を見ればきりがないのは当然なので、結局は予算と保証を含めたアフターケアなどのバランスになります。このように、半年近い比較考慮の結果、私はユニバーサルホームで自宅を建てることにしました。

最終的な決め手は、機能性と価格が程よくバランスがとれている事、特色の外壁による断熱性によれ冷暖房ランニングコストの低さなどです。現在、新築から10年が経ちますが、定期検査のアフターケアもしっかりしており、家自体に何の不具合もなく大変満足しています。(三重県・40代男性)

関西

●●建売ではなく、新築で建てようと思っていました。いろいろ希望があったので、大手や中堅のハウスメーカーにするか、融通のききそうな地元の工務店にするか、悩んでいたのですが、とりあえず見に行かないと始まらないので、近くの展示場へ行きました。

実際は他のハウスメーカーさんも見たので、1社だけではないんですが、工法とか各社のこだわりの部分の説明、他社との違いなど詳しく説明してくれました。この会社ではないですが、工場見学の案内などをしてくれるところもありました。

それぞれに特徴があって、説明されるとやっぱり良いなと思います。見た目の印象がよほど悪くなければ、ほぼどの家も良いなと思ってしまいます。ただ、住宅展示場の家って大きいですよね。あまり現実味がないんですよね…。大きい家だからこそできる事もあったりとかしますし…。

いろいろ参考にはなりますが、私の場合は決め手に欠けました。それよりも、実際建てた家をお披露目会的に見せてくれたりする会社とかもあったので、そっちの方がイメージがわきやすかったです。

相手をしてくれた方の印象ですが、愛想はよかったです。ただ、こういった展示場は日曜とかに行くとイベント多いので、それ目当てに行く人も多く、家の前でくじ引きなどをやっているのですが、アンケートを書いた人しかやらせてせてくれないといった光景を目にしました。(兵庫県・40代女性)

四国

●●2003年にハウスメーカーのユニバーサルホームに依頼をして、注文住宅を新築しました。何故、ユニパーサルホームに新築を依頼したかというと、まず最初に挙げられるのは、新築する住宅の坪単価が24万円とリーズナブルであったことです。

二つ目の理由として、土台や柱などの建築材が集成材であり、強度と耐久力に優れていたためです。三つ目の理由として、施主の注文を最大限に尊重してくれて、家族の希望する間取りやキッチン、洗面所、バス、収納などを考慮してくれたからです。

そして何よりも決め手となったのは、ユニバーサルホームの従業員や担当者、そして職人さん達の、終始変わらぬ誠実さと実直で堅実な仕事ぶりが気に入ったことです。施工完了からかなりの年月が経ちますが、今でも、ユニバーサルホームにして、本当によかった思っています。(徳島県・60代男性)

九州

●●ネームバリューもある会社だったので、候補の一つとして、ユニバーサルホームにも資料請求をしました。同じ日にハウスメーカー各社へ資料請求したのですが、一番対応が遅かったです。

他社はパンフレットを自宅に持ってきてくれたり、早急に郵送してくれたりしましたが、ユニバーサルホームは忘れた頃にカタログが届きました。先方からの電話などもなく、本当に売る気があるのか、疑問に思うほどでした。ただ、色々なメーカーを比較したかったため、こちらから電話連絡をしました。

営業の方と約束をして、自宅に来ていただきましたが、話もしどろもどろしていて、頼りない感じだったため、見積もりを正式に取る前にお断りしました。低価格で高品質というのが売りだったので、それなりに気になっていただけに、ちょっと残念でした。(福岡県・30代女性)

▲▲担当者は年配女性で、質問にもてきぱきと答えてくれ、他の社員も同様でした。大手らしく、教育が行き届いている感じがしました。

ただ、契約後は担当者の態度が変わり、若かった自分が見下された事もありました。坪単価は26万と、20数年前としては格安で、期限付きで契約を迫られた事もあり、勉強不足のまま、決めさせられた感じでした。

住んでみて良い点は、箱型という事もあって、地震であまり揺れないことでしょうか。あと、キッチンやトイレなどの設備は一流メーカーという事もあり、故障が少ないです。

気になる点は、トイレや脱衣所までフローリングなので、一部痛みが見られることです。安く仕上げるための方法なのでしょうが、他社ではあまりないのではないでしょうか。

あと、外壁のコンクリートが、調べてみると耐水性の弱いものという事が分かりました。購入前に勉強しておくべき事でしたが、ちょっと心配です。

最後に気になるのは、建築時の社員が数年で相当数退社してしまった事です。理由は不明ですが…。(大分県・50代女性)

まずはカタログで比較してみよう!

注文住宅の第一歩として、気になるハウスメーカーや工務店のカタログを比較してみましょう。

ホームズくんでお馴染みのLIFULL HOME'Sなら、予算や希望エリアや希望テーマ(ローコスト住宅・二世帯住宅・輸入住宅など)からメーカーを調べて、一括でカタログ請求できます。

無料なのはもちろんのこと、必要事項の入力も少なく、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 LIFULL HOME'Sで注文住宅のカタログ比較をしてみる

右向き矢印 注文住宅のカタログ比較

注文住宅カタログの一括取り寄せ

北海道・東北 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
関東 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県
中部・北陸 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
中国 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県