住友不動産

更新日:2018年9月15日

国内の大手総合デベロッパーです。都心のオフィスビル賃貸を主力としていますが、マンション販売やマンション仲介、リフォーム事業も売り上げを伸ばしています。都内には多くのビルを所有しています。

戸建住宅は、もともと「住友不動産ホーム」が輸入住宅ブームだった時代に、アメリカ・カリフォルニアテイストのローコストな住宅を手掛けていましたが、2002年に「住友不動産」と事業統合しました(住友不動産ホームが親会社である住友不動産に吸収されたという形です)。

戸建住宅では、中庭のある都市型住宅の「J-URBAN」が特に若い世代からの支持を得ています。スタンダードからハイグレードまで多種多様な輸入住宅をラインナップしています。坪単価50~60万円程度。

近年では、新築住宅よりリフォーム事業が好調となっています。

【カタログ比較はしないと損!】マイホームで失敗しないために
注文住宅カタログ一括請求

目次

  1. 坪単価・着工数・年収など
  2. 特徴・おすすめの理由
  3. エリア別の口コミと評判
  4. まずはカタログ比較から始めよう!

坪単価・着工数・年収など

会社名 住友不動産株式会社
設立日 1949年12月1日
本社所在地 東京都新宿区西新宿2丁目4番1号
売上高 6325億円
年間着工数 1700
坪単価 50~60万円
木造住宅の工法 ツーバイフォー工法
従業員数 3,934人
平均年収 約610万円
平均勤続年数 約6.7年
リフォーム・建て替え 住友不動産のリフォーム費用・建て替え費用

特徴・おすすめの理由

不動産事業の強みを戸建てに活かす

住友不動産は、土地の販売や賃貸物件を取り扱う不動産事業がよく知られています。特に不動産事業では、オフィスビルの他、都市部での分譲マンション販売や土地、中古物件の売買などに力を入れています。

戸建てを含むマンションなどのリフォーム事業も取り扱っており、「新築そっくりさん」の愛称でCMなどの広告を目にしたことがあるでしょう。

戸建てに関しては、大手ハウスメーカーのように展示場からの営業展開というよりは、賃貸や管理物件の不動産オーナーつながりで住宅建築をするケースも多いのではないでしょうか。

また、土地や中古物件の情報が豊富にあるため、一般的には出回っていない土地を探してもらうということが依頼しやすいという点もメリットといえるでしょう。

住宅設備のグレードが高い

住友不動産の戸建て住宅は、ユニットバスやシステムキッチンなどの住宅設備グレードが非常に高くなっています。また、その高級設備が住宅の標準仕様となっているのです。その理由は、不動産事業で高級分譲マンションを数多く手掛けているためです。

分譲マンションは、ひとつの建物の中にたくさんの個々の住まいがあります。全戸にユニットバスやシステムキッチンが導入されるわけですから、その数は相当なものになります。

ある一定の住宅設備メーカーをたくさん仕入ることになるために、全体としてかなり安価に仕入ることが可能になります。

しかも、高級分譲マンションであり、当然に設備もハイグレードなものが採用されています。例えば、キッチンなら天然大理石カウンター仕様や扉の金具がトップブランドのブルム社製などです。

このように、戸建てでは通常は高価になってしまう設備を、リーズナブルに導入することができるのです。

高い強度を誇るパワーパネル採用

住友不動産の住宅構造は、木質系で「ウッドパネル工法」を採用しています。梁や柱を結合する部分には、特殊金物を使い、一般的な軸組工法の1.5倍の強度を確保しています。

また、構造体の中で耐震性を高めるための耐力壁を、通常は筋交いで対応しているものを、高倍率耐力壁である「パワーパネル」を標準採用しています。

パワーパネルは、耐力壁を面材にして、壁面全体で力を受け止め分散、吸収することにより、壁内率は筋交いの10倍以上と、優れた耐震性を実現しています。

パワーパネルを採用することで、2台分のビルトインガレージの大開口部を途中の柱がなくとも可能にするなど、今までよりも間取りの自由度が広がるというメリットがあります。

地震の揺れを半減する制震システム

数々の高層マンションやビルなどの建築を手掛ける住友不動産は、地震に対してもノウハウや知識が豊富です。耐震、制震、免震という地震対策がある中で、戸建てでは耐震構造+制震システムを採用しています。

耐震化された壁内部の構造体の中に、制震システムを装備することで、地震のエネルギーを約50%低減し、より地震に強い、また繰り返しの余震にも耐えることができる構造体となっています。

制震システムによって、建物そのものの揺れは少なくなるため、室内にある家屋の転倒などの2次的な災害を防ぐ効果も期待できます。

高層マンションでは必ず求められる地震対策をリアルな体験を基に戸建てにも活用している点は、住友不動産ならではでしょう。

多数のグッドデザインを受賞

4年連続でグッドデザイン賞を獲得している「J・アーバン」シリーズは、マンション建築の経験をいかした重厚感と高級感のある住友不動産のハイグレードモデルです。

日本の伝統的なスタイルを感じる「J・レジデンス」は、天然木の質感を大人な雰囲気にまとめています。ゆったりとした応接室にまねかれたような気分になるでしょう。

都会的なデザインが印象的な「J・アーバン」は、高層マンションの外観でも使われることが多くなった「ガラスカーテンウォール」といわれる連続したガラス窓を採用し、戸建てのイメージとはまた一味違ったデザイン性を感じます。

マンション建築のデザインが髄所に活かされ、一般的なハウスメーカーとは差別化されているといえるでしょう。

【カタログ比較はしないと損!】マイホームで失敗しないために
注文住宅カタログ一括請求

エリア別の口コミと評判

関東

右向き矢印 関東エリアのおすすめハウスメーカーはここだ!

●●新百合ケ丘にある住宅展示場に、家族で行った時に入りました。住友不動産は聞いた事がある会社だったし、家のつくりがオシャレだったことに魅力を感じて見学しました。

話しを伺うと、住友不動産はグッドデザイン賞に何度も選ばれているそうです。だから、こんなにおしゃれなのかと納得しました。私は特にお風呂やリビングのデザインが気に入りました。キッチンもとてもおしゃれで、夢が膨らみました。

ただ、住宅展示場に展示してある家なので、それと同じようにしようと思うと、インテリアも家もそれなりの金額になるそうです。

また、住友不動産は土地探しから家を建てるまで、すべてやってもらえるそうで、建て売りよりは土地を自分で探して、すべて一から建てたほうがいいものが出来ると、教えてくれました。

「予算は4000万円までにおさえたいと思っている」という話しをすると、それにあう土地や家も案内出来ると言われました。

耐震にすぐれた独自の技術もある会社だし、大手なので信頼できるし、オシャレないい家が建てられそうだなと思いました。スタッフの方々の対応もよく、素朴な疑問でも丁寧に対応してくれました。

正直、一軒家にするかマンションにするかも悩んでいるので、その事を伝えても嫌な顔一つせず、それぞれのメリットデメリットを教えてくれました。

「一軒家はどうしても駅から遠くなってしまうのがデメリット。でも何でも思いどおりに自由に出来るのが良さ」とのこと。その言葉や諸々を視野に入れて検討したいと思いました。(東京都・20代女性)

●●もっと輸入住宅で有名なところにしようかと思ったのですが、主人が昔から仕事がらみで住友不動産にお世話になっているので、どうしても譲れないということで、こちらの展示場に行きました。

まだ購入していませんが、モデルルームをよく見学しています。スタッフの方の対応は、全体的にはすごくいいです。

ただし、男性のスタッフだとてきぱき進むのですが、女性だといかにも「買ってください!」というのが伝わってくるので、あまりいい気持ちはしませんでした。ですが、大手なので接客もモデルルームの作りも、慣れているなぁという印象です。

費用を聞いてみると、やはりやや高めでした。なので、我が家では他のところにしようか、ただいま検討中です。輸入住宅って何かとお金がかかるので、慎重に選びたいと思います。(東京都・30代女性)

●●近所の住宅展示場にて、新しいハウスメーカーさんの家が出来たのを知って、伺いました。住友不動産と言うと、戸建てよりビルやマンションのイメージが強かったので、どういった建て方をしているのか気になって見学させていただきました。

内装やデザインはやはりキレイです。大きなお宅の方がデザインが活きるなぁと感じながら、そして新装のキャンペーンのプレゼントをいただいたりしながら、家を拝見しました。基礎や躯体についても丁寧に説明していただきました。

休みの日に住宅展示場だけを見学しに行きましたという家族なら、それで良かったのですが、我が家は本当に建て直しの必要に迫られており、土地の図面もお渡しして住友不動産さんならどんな配置で設計してきてくれるのかと連絡を待っていました。

しかし、あれからかれこれ3ヶ月以上が経過しておりますが、一向に連絡が来る気配がありません。担当者が本社から応援に来ていた方の様でしたので、そのままうやむやになってしまったのでしょうか。

残念ですが、ご縁が無かったのだねと主人と話しています。対応はとても丁寧で、物腰も柔らかい雰囲気でした。(神奈川県・30代女性)

●●家を新築するにあたってどこに依頼しようかと考え、ピックアップした3社の営業さんと会ってお話を伺いました。その後、何度かそれぞれの営業さんとお会いしていく中で、最終的には住友不動産に決定しました。

実は当初から住友不動産にお願いしようという気持ちが強かったんです。というのも、1回目にお会いしてから次回会うまでに各社家の間取りを作成してくれることになったのですが、2回目の打ち合わせより前にメールで先に間取りを提示してくれたのは住友不動産だけでした。

その後の間取りの詳細なやりとりを進めていく中で、住友不動産の営業さんは二級建築士の資格も持っている方だったため、間取り変更等のやりとりが非常にスムーズでした。

建築士の資格を持っていない営業さんの場合だと、やはりおかしな間取りになったり、実際は建築不能な間取りになったりして結局後から修正になったりしますので、そういった二度手間がなかったのも良かったです。

また、実際の建築中の家の見学についても、自分達が予定していた予算と家の大きさが似ている物件で見学をさせてもらい、自分達が建築する家のイメージが良くわかりました。どんなに立派な家を見学できても、自分達の予算とかけ離れた家ではまったく参考になりませんので、その辺りもしっかり考えて対応してくださったんだなと思います。

住友不動産は2×4工法なのも決め手になりましたね。大震災等大きな地震のときにも2×4工法の家は倒壊なしという実績が心強かったです。

あとはやはり営業さんの真摯な姿勢。これもかなり高評価でした。直接会っての打ち合わせ以外にメールでやりとりしたのですが、こちらからのメール質問に対する返信も早く、だいたい質問した当日夜、遅くとも翌日までには返信が必ずありました。

住友不動産というとマンションのイメージが定着していますが、注文住宅もなかなか良いですよ。

キッチンや水回りの設備はマンションで利用しているのと同じ高品質なものを提供してくれています。住み始めてからも使い勝手が良く大変満足しています。(神奈川県・40代女性)

●●住友不動産の住宅展示場を見に行きました。接客の担当は私達夫婦と同じくらいの年恰好の男性の方で、子供も同じくらいの年齢の子がいるという事で、とても話しやすい雰囲気でした。

住宅の案内も、私達と同じ目線に立って説明をしてくださり、とても分かりやすくて丁寧でした。こちらの質問にも快く答えてくれて、その場で分らない事は上司等に電話連絡で確認をとって、すぐに質問に答えてくれる努力をしてくれていました。

資料を見ながらソファで説明をしてくれている時も、ドリンクを持ってきてくれて、居心地の良い雰囲気作りをしていました。つい長居をしてしまいましたが、最後に一緒に連れて行っていた子供達にも駄菓子をプレゼントしてくれて、子供達もとても喜んでいました。

その後の電話営業の対応も、しつこいものではなく、「ご検討をお願いします」というシンプルな対応で、全く嫌なイメージを持つことなく、お世話になる時があったらお願いしようかと考えています。(埼玉県・30代女性)

甲信越

右向き矢印 甲信越エリアのおすすめハウスメーカーはここだ!

▲▲娘の小学校入学と同時に地元へ戻らなければならない事ととなり、元主人の会社のパートさんの旦那さんが勤めているとの事で紹介して頂き、話を聞きに行きました。

建物自体はしっかりしていたので、ここなら大丈夫そうだねと元主人の両親とも話をし、お願いすることになり、契約金の30万を振込み、お願いすることにしました。

間取りを決め、内装の話になる前に一度仮審査を通してみましょうという事になり、二人の連名で審査用紙に書き込み、源泉徴収票まで提出していました。結果が来るまでに日がかかるとの事で、内装をどうするかを決めましょうと言う事になりました。

決めている間は審査の事も忘れて、楽しく「これがいいだのあれにしようだの…」と言った感じに決まって行きました。この時に既に間取りも決まり、子供達も新しいお家が建つと楽しみにしていました。

後日、診査結果が出ましたのでと連絡を頂き、モデルハウスに伺う事になりました。そして、担当の方から「審査が通りませんでした」と言われました。私がいけないのか、それとも二人の収入を合算しても足りなかったのかと聞きましたが、どうして通らなかったのか教えていただけませんでした。

後日、別のハウスメーカーさんにお願いし、調べて頂いたとこと、元主人の病気が引っかかってしまい、団体信用生命保険も加入出来ないので、住宅ローンが通りませんでした、と聞かされました。

住友不動産ではこちら側の理由で通らなかったのに教えて頂けなかった事と、契約金の30万はそのまま返って来なかった事がとても残念で仕方ありませんでした。せめて、どうして通らなかったのかだけでも教えて頂きたかったです。

建物はしっかりしていて、住心地もよさそうでした。出来れば住友不動産にお願いしたかったです。以上が私の体験談です。(山梨県・40代女性)

東海

右向き矢印 東海エリアのおすすめハウスメーカーはここだ!

●●住友不動産を訪れた感想は、ずばり「営業マンが当たり」でした。メーカーによっては「なんだかいまいち?」という営業マンに当たってしまうこともありますが、住友不動産の営業マンはとても感じが良かったです。

また、前職が住宅の設計だったということで、セールストークや家の説明に重みがあり、おもわず納得してしまうような説明をたくさんしてくれました。住友不動産は独自の方法をとっていて、「設計の経験がある人」が営業マンになるそうです。

家を購入するのは大変なことなので、できるだけ多くの知識を持った担当者に当たりたいものですが、住友不動産の営業マンであれば営業的な費用の面だけでなく設計の面からもいろいろな話を聞けるので、とてもいいなと思いました。今、実際に色々と話を進めてもらっています。(愛知県・30代女性)

関西

右向き矢印 関西エリアのおすすめハウスメーカーはここだ!

●●家族構成の変化から、自宅の改修か建て替えを考えていたとき、偶然隣のお宅が引越しをすることになり、空き地になったため、自宅を売却して隣地を買うことにしました。

当初改修に傾いていたのは、出来るだけ工事期間中の仮住まいをしたくなかったからですが、隣の空き地に家を建て終えてから移れば仮住まいは不要になりますので、当初住友不動産のリフォーム部門にコンタクトを取っていたのを、そのまま住友不動産の新築部門に切り替え、相談に乗ってもらうことにしました。

ちなみにリフォーム部門へは、近所のリフォーム中のお宅の工事を住友不動産が手がけていたためで、近所の方からの紹介でした。リフォーム営業の方がそのまま新築営業の方に引き継いでくれた格好でした。

手当てした隣地は60坪ほどの平坦な土地で、角地でした。2面が道路ですので、設計の担当者から計画が立てやすい土地だといわれ、こちらからの要望を聞いていただいた後すぐ、プランニングに入っていただきました。

出て来た案は3階建ての2世帯住宅です。外観デザインもよく、見て大体気に入りましたが、あえてこちらから追加でお願いしたのはホームエレベーターの設置くらいでした。

概算の坪単価は、2年前に自宅の新築を済ませた親戚がMホームでやはり2世帯住宅を建てた金額より安かったので、安心して本設計を依頼することが出来ました。

自宅すぐ隣での工事と言うこともあり、ツーバーフォー工法で家が出来ていくプロセスをつぶさに見ることが出来ましたが、部材のほとんどは工場で作られて来ますので、現場ではあっという間に躯体が姿を現しました。早いぶん近所に迷惑をかけなくて済み、その点でも住友不動産にしてよかったと思っています。(大阪府・30代男性)

●●建築用の土地を探し始めた時から3年以上の付き合いがあり、土地を購入後、一番に間取りの作成を依頼しました。

20代半ばの若い営業さんだったのですが、建築士の資格を持っておられ、他メーカーとは違い、打ち合わせをしながら間取りを変更する事ができたので好感がもてました。

他の住宅メーカーに比べて、坪単価は安かったのですが、使用しているキッチンカウンターが御影石が標準だったり、高級マンションの仕様がそのまま採用できたので、内装は豪華でした。

質問した事に対する回答も速く、何度も間取りを書き直しプレゼンしてくださいました。

しつこい営業や電話もほとんど無くて、結局他社メーカーに決めたのですが、「良いお家を建てて下さい、声をかけて下さって嬉しかったです」とのお言葉に、こちらが涙が出てしまいました。(大阪府・30代女性)

●●家のリフォームを考えていた時、自宅近くで住友不動産の大相談会が催されるとの新聞折り込み広告を見て、行ってきました。

会場に入ると、床暖房や洗面とトイレ、建具や玄関ドアや窓の大手協賛メーカーの実物が展示されていました。その奥には、耐震模型、施工実例のDVD上映とパネル展示のコーナーがありました。そして、相談コーナーでは建築士によるリフォーム相談も行われていました。

私が今回お話をした担当の方は、とても丁寧に分かりやすくお話してくださいました。

主な内容はサービスについての説明で、建物調査や耐震調査、プランの見積もり等、契約前のコンサルティングについては無料で行いますという事でした。それから、家の状態やこちらの思い等も時間をかけて聞いてくださいました。

またお考えの上、ご連絡くださいとの事でしたので、近いうちにお願いしようと思っています。(兵庫県・30代女性)

▲▲主人の両親と一緒に住もうかという話が出て、住友不動産へ行きました。中古の物件を見に行きましたが、住んでおられる方がいるので、詳しく色んな場所などを見ることはがあまりできませんでした。

住友不動産の社員の方は「どんどん色んな気になる所、見てくださいね」と仰ってくれましたが、こちらの事も解って頂きたいのが正直なところでした。何軒か中古の物件を見て、建て売りの物件も見させて頂きました。

今回、担当して頂いた方は、接客に不慣れな方なのかと思いました。すごく丁寧な対応をして頂いていましたが、早く売ろうとばかり考えておられるのが、ひしひしと伝わってきた気がします。

主人の両親にも伝わったのか「住友不動産での物件探しは辞めよう」と言われました。(京都府・30代女性)

九州

右向き矢印 九州エリアのおすすめハウスメーカーはここだ!

▲▲住友不動産で一軒家を注文しました。いくつかのハウスメーカーと比較検討しましたが、決め手となったのは予算でした。こちらの要望に沿ったプランで、一番納得のできる金額を提示してきたのが、住友不動産でした。

金額で決めてしまったので、営業の方が特に優秀だとも思っていませんでした。

毎回忘れ物はしますし、こちらが言ったことを、その次の時に忘れてしまっていたりと、不信感はありました。何度か、担当を変えてもらおうかと思ったほどです。最新の見積りの提示をお願いしていた時も、忘れられていました。

そして、太陽光発電を希望していたのですが、それも料金に載せるのを忘れていたようで、サービスしてもらうことになりました。こちらが気を付けながら、進めて行ったので特に問題は起きませんでしたが、もうすこし注意してほしいかなと思います。

なお、家自体は満足でした。(福岡県・30代女性)

まずはカタログで比較してみよう!

注文住宅の第一歩として、気になるハウスメーカーや工務店のカタログを比較してみましょう。

ホームズくんでお馴染みのLIFULL HOME'Sなら、予算や希望エリアや希望テーマ(ローコスト住宅・二世帯住宅・輸入住宅など)からメーカーを調べて、一括でカタログ請求できます。

無料なのはもちろんのこと、必要事項の入力も少なく、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 LIFULL HOME'Sで注文住宅のカタログ比較をしてみる

右向き矢印 注文住宅のカタログ比較

注文住宅カタログの一括取り寄せ