宮城県仙台市に本社を置き、FC(フランチャイズ)方式により全国展開しているハウスメーカーです。宅地分譲業でスタートした会社ですが、現在は主に2×6工法によるカナダの輸入住宅を扱っています。

国内には多数の輸入住宅メーカーがありますが、カナダに限定するとセルコホームはシェアナンバーワンとなっています。

ポスト団塊世代からなる「中・高級層エリア」を狙って、世界基準の高気密・高断熱性能を備え、健康にも配慮した住宅である「スーパーE住宅」や、デザインにこだわった「ザ・ホーム」を展開しています。

カナダで部材の製造を行い、日本に輸出することでコストを抑え、性能に対してお値打ち感のある価格となっています。

また、高級なイメージのある「レンガ」も、オーストラリアの提携工場から直輸入することによって、高品質なものを適正価格で提供することに成功しています。坪単価は45~70万円程度。

坪単価・着工数・年収など

会社名 セルコホーム株式会社
設立日 1959年10月13日
本社所在地 宮城県仙台市青葉区上杉2-1-14
売上高 130億円
年間着工数 1000
坪単価 45~70万円
木造住宅 ツーバイシックス工法
従業員数 187人
平均年収 約500万円
平均勤続年数 約15年
リフォーム・建て替え セルコホームのリフォーム費用・建て替え費用

特徴・おすすめの理由

カナダ輸入住宅を提供する老舗

セルコホームは、カナダスタイルの輸入住宅を手掛けるハウスメーカーです。北海道から九州まで、全国にモデルルームを建て、営業展開をしています。

輸入住宅としては、比較的長く実績があるセルコホームですが、本格的な輸入デザインを採用しながらも、価格を抑えている点がポイントとなるでしょう。

カナダスタイルと聞いて、パッと建築物のイメージが湧いてこないかもしれませんが、カナダはその歴史背景から、ヨーロッパを中心とする伝統的なスタイルが取り入れられた国なのです。

輸入住宅ですので、プランが決定したら、木材などはカナダのメーカーや工場に発注されます。現地での厳しい品質チェックを受け、一邸一邸がコンテナにまとめられ日本へとはこばれてくるのです。

高性能でコストを抑えた家を実現

セルコホームの住宅は、本格的な輸入住宅スタイルであることと、本体価格が1,500万円かからとコストを抑えて提供していることが特長です。子育て世帯や若いファミリーでも検討できる価格帯というのはうれしいですね。

コストを抑えられているポイントは、カナダから良質な資材を直接輸入していることで、仕入れの中間コストを削減していることです。

現地の資材メーカーは、クオリティもしっかりと確保する信頼できる企業と取引となっており、製造過程においても安心感があります。常に適正価格に取り組んでいる姿勢は今後も期待できますね。

本格的な輸入住宅のデザインが人気

セルコホームの住宅は、とにかくバリエーションが豊富にあります。

外観は、ヨーロッパのお城のような清楚な雰囲気を持つクィーンアン・スタイルや、イギリスの伝統的なスタイルを持つジョージアン・スタイル、重厚なレンガタイルのアーリーヴィクトリアン・スタイルなどです。

どれも、屋根、外壁デザインは外国の建築物をよく再現しており、本格派なスタイルばかりです。

内装も、もちろん個性的なデザインとなっており、室内ドアのデザインであったり、カラー配色を上手に使った壁の仕上げであったり、アーチ型の下がり壁を多用したりと、ヨーロッパの雰囲気を感じることができます。

清潔感のあるホワイトカラーも、重厚な落ち着きのある濃い色調のカラーも、照明器具も含めていろいろな提案が期待できます。

カナディアンツーバイ構法で高耐震な家

セルコホームの構造は、木造でツーバイフォー構法を採用しています。耐震性のある強靭な六面体の壁と、2×10材の床根太が、外側からの揺れなどに対して、性能を発揮します。

独自の「カナディアンツーバイ」工法では、鉄よりも強さのある木材を使用し、高い強度を実現しています。

本国のカナダでは、90%以上がツーバイフォー工法で建てられており、長年の技術力は木造建築の中でも先進的といわれています。その技術力を日本での施工にアレンジし、大規模な建築物でも対応できるような技術も取り入れています。

お気に入りを自分で選べるセレクトメイド方式

服を選ぶように、自分の住まいも様々なものから選んで組み合わせる「セレクトメイド」という方法ができます。

例えば、外観を選び、玄関ドアを選ぶ、インテリアのスタイルを選び、構造のタイプも選べます。その他、窓を選んだりと、オリジナルな住まいを造ることができるのは、おもしろい取り組みですね。

内装のデザインだけでも、バリエーションがたくさんあり、また、玄関ドアもシンプルなものから、エレンガントなものなで、とても多彩です。

理想のイメージに近いものはどれか、見ているだけでも楽しめるかもしれません。全体のデザインバランスや予算などを考慮しながら検討していきたいですね。

口コミ・評判

セルコホームで家を建てた方や、展示場を見学された方から頂いた口コミ・評判をまとめてみました。

木造住宅 4.75(4)
鉄骨造住宅 なし
二世帯住宅 5.00(1)
平屋住宅 5.00(1)
営業・展示場 ○:15 △:4

木造住宅

評価:4.75(4)

セルコホームではツーバイシックス工法の木造住宅を提供しています。

カナダの輸入住宅を専門に扱っているハウスメーカーですので、ツーバイシックス工法で用いる構造材はカナダで生産された上質なものを採用しています。

工法の特徴でもある耐震性の高さはもちろんのこと、湿気対策や断熱性や耐久性などもばっちりです。

30代女性 家を建てた地域:宮城県
満足度 5.0

土地探しからお世話になりました

セルコホームさんに大変お世話になりました。家はセルコホームさんと決めましたが、土地がなく探してました。しかし、家族のことなどがあり、半ば土地探しを中断すること1年半、やっと探せる気持ちになった時に、担当してくださった方に電話をしました。

月日がかなり経っているにもかかわらず、覚えていてくださり、私達が探すのを中断していた中でも、その方は探してくださってました。偶然にもいい土地が見つかったのですが、その時は一歩遅く契約済みでした。

しかし、担当の方が色々なところにに電話し、情報を集めてくださったお陰で、その土地の近くに空いてる土地を見つけることができ、さらに値引き交渉を強めにしていただけました。

今思えば、初めの土地よりも今の方が安くて、しかも広い土地です。連絡のとらない1年半があったのにも関わらず、親身な素早い対応のおかげで、大満足な家が建てられてました。

30代女性 家を建てた地域:石川県
満足度 5.0

価格以上の価値があります

セルコホームの売りは、高気密高断熱です。寒さが厳しいカナダの住宅なだけあって、耐久性も抜群です。外観も女性なら一度は憧れるとても素敵なデザインです。

私は昔からレンガの家に住むのが夢で、セルコホームと出会ったときに「ここだ!」と思い、すぐに住宅展示場に行きました。初めての見学から足掛け1年、去年、念願の総レンガの家を建てました。

レンガのいい所は、サイジングの壁と違い、メンテナンスフリーの点です。また、年数が経つにつれて風合いが増していく所も良いです。高気密高断熱をうたっているだけあり、2×6であればエアコン1台で家中暖かいです。

セルコホームの営業さんは皆フレンドリーなところも好印象でした。気持ちのいいフレンドリーさで、客側の目線で一緒に考えてくれます。工期はカナダからコンテナを船便で運ぶので、普通の日本のハウスメーカーさんより多少長くかかります。

坪単価に関しては、グレードにもよりますが、決して安くはありません。ですが、価格以上の価値があると私は思いました。個人的にPUSHしたいハウスメーカーさんです。

30代女性 家を建てた地域:鹿児島県
満足度 5.0

家が建った後も安心できます

以前から漠然とではありましたが、輸入住宅で家を建てたいと思っていました。色々なハウスメーカーの住宅展示場に足を運びましたが、輸入住宅はどれも坪単価が高く、半分諦めかけていました。

そんな時にカナダの輸入住宅であるセルコホームに出会いました。坪単価が安く、どうにか予算内で収まりそうなことと、流行りのツーバイフォーよりもさらに耐震性に優れたツーバイシックスの構造であることに非常に魅力を感じました。

何度も打ち合わせを重ね、納得のいく図面が出来上がってからも、こちらの細かい要望や質問にも丁寧に対応して頂きました。

セルコホームの素晴らしいところは、家を建てたあとも末長くお付き合いが続くところです。毎年家族の誕生日にはハガキを頂いたり、年末にはカレンダーをわざわざ持ってきて頂いたりと、お世話になっています。

こだわりの輸入住宅を少しでもお手頃価格で建てたい人にはセルコホームをおすすめします。

20代女性 家を建てた地域:福島県
満足度 4.0

ローコスト輸入住宅です

担当の営業さんも感じの良い方でしたし、展示場の皆さんも良い人でした。

しかし、営業さんの輸入住宅に関しての知識や、取扱製品などの知識が少なかったように感じます。なので提案力はあまりありませんでしたし、こちらからこんなふうにしたいとお願いしても、理解してもらえなかったりということが多くありました。

でも、次回の打ち合わせまでには、きちんと調べて、完ぺきに資料などを作ってきてくれました。まじめな方でよかったです。

工期は天気の都合により、予定よりも1ヶ月程度長くかかりましたが、許容範囲内で済みました。

家に関しては大満足しています。無垢のフローリングも標準ですし、標準仕様で十分可愛い家になります。輸入住宅にしては安価だと思います。

鉄骨造住宅

評価:なし

セルコホームでは鉄骨造住宅の扱いがありませんので、口コミと評判は省略します。

二世帯住宅

評価:5.00(1)

40代女性 家を建てた地域:神奈川県
満足度 5.0

15年住んでも快適で住み心地が良いです

今から15年前に横浜にて、セルコホームさんに二世帯住宅を建てて頂きました。

それまでは主人と子ども2人の家族4人で東京で暮らしていましたが、横浜に住む義理の両親から「孫たちと一緒に住みたい」との要望を受け、新たに土地を探し、家を建ててくださる工務店さんを探しました。

tvkハウジングプラザ横浜にて、モデルハウスをあちこち周って出会ったのがセルコホームさんでした。

セルコホームさんのモデルハウスがちょうど二世帯向けのデザインのものだったことで、自分たちの生活のイメージが掴めたことが一番の好印象でした。その後、何度も商談に足を運ばせて頂きましたが、毎回心地よいお話ができました。

二世帯住宅を建てる際に大変なことは、住人の人数が多いので、建築に対する要望の数も多くなるという点だと思います。

我が家も両親2人、我々夫婦2人、子ども2人の計6人、それぞれの「こうしたい、あーしたい」という要望があって、お話を聞いてくださる設計士さんは、さぞかし大変だったと思います。

しかし、さすがプロとあって、素人がバラバラに出す要望を上手くリードして、まとめてくださいました。

間取りの要望などについては、プロの目線で「こうしたほうがより合理的ですよ」などと、皆が納得するようにきちんと説明してくださったことは、我々もとても勉強になりました。

おかげさまで建った家は、家族皆が「自分で建てた家」と誇らしく思える素敵で住み心地の良い家になりました。

平屋住宅

評価:5.00(1)

30代女性 家を建てた地域:大阪府
満足度 5.0

寒冷地でおすすめの住宅メーカーです

カナダの輸入住宅という少し変わったコンセプトの住宅メーカーですが、このメーカーが建てる住宅はとても可愛くてオシャレで女性の心を掴みます。我が家は可愛らしい三角屋根の平屋をお願いしました。

セルコホームの分譲地では、洋風のオシャレな住宅が建ち並んでいて、まるで日本ではないかのような印象を受けます。オシャレな町並みの住宅に住みたいと思えば、セルコホームの分譲住宅は絶対おすすめです。

住宅の窓ガラスや断熱材なども様々なものから選ぶことが出来て、高性能な窓ガラスやサッシも用意されているので、組み合わせ次第でとても高性能な住宅を作り上げることも出来ます。

寒冷地のカナダから輸入する住宅ということだけあって、木製のサッシやトリプルガラスといったあまり日本で普及していない製品も、用意されています。

寒い地域で建てる際にはとてもおすすめで、営業さんも家の構造にとても詳しくて、提案力がとてもあって、こだわって家を建てたいという人にはオススメな住宅メーカーです。

営業・展示場

●●30代半ばになり、「そろそろマイホームが欲しいね」という話を主人とするようになりました。まだ具体的にどんな家に住みたいか、というところまでは決まっていません。そんな私たちのもとに、ご近所にセルコホームという輸入住宅メーカーが建てたモデルハウスが出来たという情報が飛び込んできました。

私たちはお散歩がてら、そちらのモデルルームを見学しに行くことにしました。セルコホームという輸入住宅メーカーのことはほとんど知りませんでした。

実際にモデルハウスを訪れて、その外観の可愛さに驚きました。外壁がレンガ調の住宅なんて、今までほとんど目にする機会がほとんどありませんでした。まるでおとぎ話にでてくる教会のような外観です。とても暖かみがあって素敵でした。

たいへん感じのよい、さわやかな男性スタッフに案内していただいて、モデルハウスの中に入りました。まず、その暖かさにびっくりしました。高断熱高気密の住宅なので、暖房をいれるとすぐにあたたまるということでした。こんなおうちならば、電気代や灯油代もぐんと節約されることでしょう。

宿泊体験も出来るということなので、今度はぜひ主人の両親を誘ってみたいと思います。(青森県・30代女性)

●●現在家の新築を検討している30代女性です。現在は夫とともに各社のカタログやらを集めて検討している段階ですが、その中でもセルコホームの住宅が雰囲気的にとてもおしゃれで私も夫も気に入りました。

もし展示場などで現物を見られるのであれば見てみたいねという話になり、近隣でのセルコホームの展示場をネットで検索。幸いにも近くにありましたので、ネットから展示場来場予約をしました。今は何でもネットで出来て便利ですね。

出向いたのは宮城県名取市にある「なとりりんくうタウン」内の総合住宅展示場。休日ということもあり、他社さんの物件を見る人などで会場内はいっぱい。我々はまっすぐ目的のセルコホームさんの展示場に向かいました。

受付で予約の者であることを告げ、担当者に取り次いでもらいます。出てきたのは30代の中堅と思わしき男性社員。すごく丁寧なご挨拶を頂きました。

ほどなく展示場の見学開始。我々が行った時には建て替える直前だということで、ぎりぎり間に合ったという感じでした。カタログで見た通り外観はすごくおしゃれです。内装も素敵で、ここで家事をしたらこんな感じかなとか、子どもが出来たらこんな風に遊ばせようかななどと、変な妄想ばかり膨らみます。夫も気に入っていたようでした。

一通り見学を終えて、営業の男性社員と色々とお話。実際にセルコホームさんで家を建てた方の感想や、契約した場合にどのように進んでいくのか、概算費用はどの程度なのか、銀行ローンとの提携はこうなっているなどの説明を一通り受けました。

まだ具体的に話を進める段階に至っていないので、いったんそこで話を終了。持ち帰り検討して、後日再度連絡を差し上げるという形で当日の見学を終えました。

他にも何社か候補はあるので、そちらも見ないとなんとも言えませんが、現段階では二人とも結構なお気に入り状態となっています。(宮城県・30代女性)

●●住宅展示場でモデルハウスを見せていただきました。ふらっと立ち寄ったのですが、スタッフの方が暖かい雰囲気で迎えてくれて、ゆっくり見ることが出来ました。押し付けがましい営業ではなく、穏やかに説明してくださり、印象が良かったです。

建物は、輸入住宅の様な洋風でお洒落な外観と内装です。木をふんだんに使い、壁紙にもこだわった重厚な雰囲気のインテリアでした。真四角の部屋ばかりでなく、キッチンが円形になっていたり、作り付け棚のある書斎があったり、間取りや内装も自由に設定できそうです。

詳しい金額は覚えていませんが、坪単価は安くなかったものの、クラシックな雰囲気のお洒落なデザインの割には特別高くはなかったと思います。

また、東日本大震災の際、海沿いの地域でセルコホームが施工した家屋が津波に飲まれた際の写真を見せてもらいたましたが、周辺の家が土台だけになっている所、セルコホームの家だけ流されずに残っており、作りがしっかりしていることの何よりの証明ではないかと思いました。

住所等を記入した為、その後何度か電話をいただいたり、ダイレクトメールが送られてきたりしました。自宅に直接訪ねてきたりはしなかったので、しつこ過ぎず良いと思います。

また、モデルハウス内で時々ハンドメイド品のショップが開かれることがあるようです。見学を終え、帰るときに、そのショップで扱っていた商品なのか、ドアベルをお土産にいただきました。(宮城県・30代女性)

●●セルコホームは、仙台市を拠点として東日本一帯に営業所を構えるハウスメーカーです。以前は、仙台土地開発という工務店を経営していましたが、業績があまり伸びないために、平成5年に「セルコホーム」と社名を変更し、カナダの輸入住宅にしぼった戦略に切り替えました。

そのカナダ輸入住宅は、すでに一定の評価を受けている住宅だけに評判も良く、今は業績を伸ばし続けています。今は、仙台市を本拠地として直営とフランチャイズ方式を取り入れながら、東日本を中心に営業拠点を増やしています。

また、代表取締役社長の新本恭雄氏のご兄弟も仙台市青葉区国分町で高級しゃぶしゃぶ店や高級クラブを経営されています。お二人とも、地元ではよく知られている実業家で、人物評価が高い人たちと言えるでしょう。

セルコホームは仙台市民にとって、スモリ工業と並んで地場を代表するハウスメーカーなので、少なくとも、仙台地区では建て主が不満を抱くような住宅は造らない企業としての信頼感があります。

わたしの友人もセルコホームでマイホームを建てました。建築後に招待されて見学に行きましたが、カナダの輸入住宅は外観もオシャレで、室内空間も広々として、外国に行ったような気分に浸れました。

友人は、マイホーム造りに実際にかかった費用は友人のわたしにも教えてくれませんでしたが、セルコホームの担当者は細かい費用も丁寧に説明してくれたので、友人も住宅価格には納得したと話しています。

今後の課題は、友人もメンテナンスだと言っていますが、セルコホームでは、社員を積極的にカナダに派遣し、住宅の基本構造からカナダの風土なども幅広く学習させているようなので、そのアフターケアについても安心感があるようです。(宮城県・60代男性)

40代男性 家を建てた地域:
満足度 5.0

■■

自宅を建てる前に必ず展示場に行くと思いますが、我が家も同様に住宅展示場に見学にいきました。初めての経験で、スタッフに説明をされるままに、5時間もいたでしょうか。その間、見学した住宅は3社ほど。だいだいは性能が似たり寄ったりで、あとは、スタッフの印象と金額で決める感じかという印象がありました。

展示場をあとにし、3日ほど経った頃、営業マンが自宅を訪問したのです。こちらもまだ決めてはいなかったので、その旨を説明をすると、やれやこれやと契約を進めてきました。ただ、そんな中でもセルコホームのスタッフの方は、無理やり押し付けをせず、こちらの意向を汲み取ってもらい、非常に好感を覚えました。

そして、最終的には、少し金額は高かったものの、スタッフの方が非常に気に入ったので、お願いすることにしました。正直、その営業マンを選んで良かったと思っています。納得する自宅を手にいれることができました。やはり、営業マンとの相性も非常に重要だと思いました。(福島県・40代男性)

●●レンガの輸入風の外観が有名なセルコホームは、輸入住宅が好きな方は特に見ておきたいハウスメーカーです。

とにかく、レンガの作りの住宅はそのコストがネックになり、断念してしまうこともよくあることですが、このフランチャイズのハウスメーカーは、レンガ作りでもかなりお値段がお安いことでも有名なのです。

こちらは2×4と2×6を選ぶことができ、さらに断熱材なども高性能で分厚いものが使われています。Low-Eガラスなども標準でついていますし、やはり快適さを考えるなら、このような住宅のほうが安心です。

私たちもここを検討し、近くの営業所に行きました。その時は対応も悪くはなかったのですが、その後そのお店がセルコホームをやめてしまったようなのです。ですので、近くにお店がなくなったことで、ここにお願いするのを断念してしまいました。

フランチャイズチェーン展開のハウスメーカーですので、お店によってもやはり違います。もし近くに営業所があり、輸入住宅が好きな方は、一度は行かれてみるのもいいのかもしれません。(埼玉県・40代女性)

●●金沢の展示場に行ってきました。カナダの輸入住宅で、外観ももちろん洋館といった感じで、日本で作った洋風の家とはまた違う印象を持ちました。

室内は、小さいお城のような感じでしたが、すべてが洋室ではなく、ちゃんと和室も作れるようになっていて、実際に作る方も多いと言っていました。大きな暖房器具1台で家全体を暖かくできるような構造になっているほか、窓が大きいのも印象的でした。

接客を担当してくださった方は、今年入ったばかりの新人さんでしたが、丁寧に説明してくださり、とても感じのいい方でした。何軒も住宅展示場を回りましたが、1番と言っていいほどで、一生懸命さが伝わってきました。

2日後ぐらいに見学に行ったお礼の手紙も届いたのですが、それは手書きでした。昨今パソコンでの手紙が多い中、手書きの手紙は印象的に残りました。(石川県・30代女性)

●●輸入住宅に興味があり、何回か話を聞きに行っています。モデルハウスも見学しましたが、カナダ輸入住宅ということで、外見も中もとても素敵で、実際にモデルハウスを見て色々とイメージすることができ、とても良かったです。

担当の方は第一印象がとても良く、何も分からない私たちにとても丁寧に説明してくださいました。家のことだけではなく、他の部分でも気遣いのできる方だなと思いました。

私の細かい要望にも親身になって考えてくださったり、提案してくださり、とても時間をかけて話し合ってくれました。その時に答えが出せないものは次回までにしっかりと調べてくださり、それ以上の情報を教えてくれることもありました。

また、すぐにお金の話はせず、まずは私たちの希望を聞いてくださり、とても安心感があります。この人なら大丈夫、お任せしたいと思えるような接客で、とても好印象でした。(愛知県・30代女性)

●●私は家を新しく建てようかなと考え、セルコホーム多治見にお邪魔させて頂きました。友人のオススメで「個性的なデザインをしてるから、他と比べたら少し浮いちゃうかも知れないけど、とても素晴らしい」と言っていました。そして、実際にモデルハウスを拝見して、確かに個性的な洋風な家で、とてもオシャレだと感じました。

モデルハウスで対応してくれた男性の店員さんに、分からないことや、セルコホームとして、何を重視して家を建ててるのかなど、たくさん質問しました。しつこいのにも関わらず、丁寧に回答してくださり、嬉しかったです。

一番として、今は地震や台風の災害から守れるよう、安全性に生活を送れるように家を建てているというお話を聞いて、安心しました。(岐阜県・30代女性)

●●セルコホームが開発する中規模の分譲住宅地への見学をしました。大きな池の横に開発された、海外の街並みをテーマとした住宅が並ぶとの事で、イギリス好きな家族の為に資料請求&見学をしてきました。

住宅そのものはとても雰囲気が良く、しっかりしたものを建ててくれそうな雰囲気です。輸入住宅を好まれる方にはぴったりです。

ただ、宅地開発の方には私たちの条件とはそわなかったので、残念ながら諦めることにしました。山を切り崩し、宅地にしているのですが、住宅数を確保するためにか、若干ながら道路幅が狭く感じました。しかしながら、海外の住宅地の小規模な雰囲気は十分ありました。

年配の男性が担当して下さったのですが、とても物腰が柔らかく親切な印象です。費用は土地よりも建物にずいぶんとかかるとの事で驚きました。(大阪府・30代女性)

●●輸入住宅の雰囲気がとても好きで、よく住宅雑誌に載っているセルコホームへ足を運んでみました。担当になってくださった方は50代くらいの男性でした。

数年以内に戸建てを検討していて、私は輸入住宅のようなデザインがとても好きであることを伝えました。普通ならここぞと営業してくるのがハウスメーカー営業の特徴だと思っていましたが、セルコホームの特徴や売り、デザインの豊富さなどを目をきらきらさせながらお話ししてくださいました。

売るぞという気迫はなく、むしろお客様の意見を尊重したいというのが伝わってきました。担当したお客様とは家を建てた後もメールなどでお付き合いがあるそうで、それも納得できる人柄でした。

主人が単身赴任になってしまい、家を建てる時期が延び延びになってしまったのですが、定期的に「ご主人がいないと大変でしょう、無理されませんように」などというお手紙とともに、セルコホームの月刊誌のようなものを送ってくださっていました。

本当はここに決めたかったのですが、主人の好みがどちらかというとモダンなので、全く意見が合いません。大きな買い物であり、いまだ迷っている段階です。

担当してくださっていた方は退職されたのか、次に行ってもお会いすることはありませんでした。とても残念です。(兵庫県・30代女性)

●●偶然見た家がとても好みで、セルコホームだと知ってパンフレットを取り寄せてから、住宅展示場に建っているものも実際に見に行きました。パンフレットには、それまでに見た他の輸入住宅メーカーよりも自分の好みに合うものがたくさん載っていました。

煉瓦の見た目が好みだったので、そのような感じにしたかったのですが、外観や間取りを希望通りにしようと思うと大分予算オーバーしてしまいました。

そのため、残念ですが、諦めました。「これが無理ならこういうのは…」という提案をもう少ししてもらいたかったと思いました。

家の大きさを妥協出来ない事も原因ですが、オプションも多いと感じました。外観内装ともに素敵なので、輸入住宅好きの人にはたまらないと思いますが、少し実用性に欠ける気はしました。でも、とても可愛いので好きな人は多少不便でも使いたいのではと思います。

営業さんはとても感じが良くて対応は良かったです。冬に暖かい事が特徴らしいので、冬に行けば性能が確認できたと思います。(滋賀県・30代女性)

●●当時、賃貸マンションに居住していましたが、一戸建てを購入することに興味を持ち始め、情報収集することになりました。近隣には複数のハウスメーカーがあり、全国的な大手企業や地元の工務店など様々でした。

セルコホームさんが初めて訪れたハウスメーカーでしたが、モデルハウスに興味を持ち、ぜひ内部を見学したいと思ったのがきっかけでした。

セルコホームさんは実際には様々な様式の家を扱っていらっしゃいますが、最初に気に入ったのはカナディアン住宅でした。

その外観が他のメーカーさんのモデルハウスを大きく異なっており、内部とあわせて家の機能についても知りたいと思い、アポイントメントなしでモデルハウスを訪れました。

受付の女性スタッフは丁寧で、こちらの質問に親切に答えて案内してくださいました。そして、男性の営業担当者に引き継ぎをされ、さらに詳しい説明や、別のモデルハウスの案内などもしていただきました。

この数週間後に、別のモデルハウスの見学と建築可能な土地に実際に車で案内していただきました。

最終的に、こちらのメーカーさんにお願いすることはなかったのですが、最初のモデルハウス訪問から、土地の案内に至るまで、親切丁寧に対応していただき、大変印象は良かったです。(島根県・40代女性)

●●自宅近くにモデルハウスを構えており、たまたまキャンペーン中だったので立ち寄ってみました。案内を担当してくれた方はまだ新人っぽい若い男性でした。

中に入ってみると、カナダ産の注文住宅という事でリビングとキッチンの間にある来客用のダイニングスペースが特徴だと、熱心に語ってくださいました。

全体的な印象は、1階から2階にかけて吹き抜けとなっていて、とても開放感がある間取りと、大胆でシンプルな作りでスペースを活かした無駄のない作りだと感じました。

自分が暮らす時の事をイメージすると、まだ小さな子供がいる我が家では、キッチンからの死角が多いことと、走り回ったりするには少し危険な箇所が多い感じがしましたが、少し年齢を重ねて夫婦でのんびり暮らす時には心地よさそうな内装でした。

日本家屋とは違って、パーティーを行うのが前提という習慣の違いは興味深かったです。(福岡県・30代女性)

●●近所にカナダ風のとんがり屋根がついた素敵な住宅が建築されていて、気になっていました。それがセルコホームが施工していた家でした。

毎日前を通るのですが、現場の責任者らしき人が毎日細かく指示を出し、丁寧に家づくりをしている様子が伝わってきました。現場の雰囲気も和気藹々としていて、よい会社なんだろうなという雰囲気で工事が進んでいました。

ちょうど住宅の購入を考えていた時期だったので、担当者に話しかけ、カナダ住宅の利点について話を聞きました。

セルコホームの木材へのこだわり、メンテナンスの細やかな点などを強調されて話をされていました。デザインや外観の色も、日本にはないものなので、惹かれる人は多いだろうと思います。

その住宅が完成後、モデルルームとして公開されていたので、実際に家の中に入ってみました。木材の温かさが感じられ、日本の住宅にはない窓枠やニッチは、洋書の中にある世界そのもので憧れます。

坪単価は、外見からとても高いのかと想像していたのですが比較的低く、求めやすい価格帯かと思います。担当者は、本当に洋風住宅が好きでたまらないという方が多いです。(福岡県・40代女性)

●●輸入住宅に興味を持ち、住宅展示場に行ったことがあるのですが、やはりオシャレですごく印象に残っています。そこにはいくつかのハウスメーカーが入っていたのですが、特に気になったのはセルコホームです。

実際にそこの住宅に入って見学してみたのですが、キラキラした佇まいはさすが外国産だなと思いましたね。カナダ式の住宅だったのですが、庭と家とのバランスが良く、さわやかな色合いに惹かれたわけです。

今まで私が住んでいた家は、夏は良いのですが冬はとても冷えやすく、そこがちょっと難点だったんです。そのカナダ式のモデルハウスは、担当者さんの説明では「冬は熱を逃がしにくい」とのことですから、そこは結構メリットだなと思いました。

担当者さんは説明が流暢で、無理に売り込んだりしない口調に好感を持ちました。住宅展示場に行ったのはこの時が初めてだったので、ハウスメーカーの業界の方はどんなものか分かりませんでしたが、少なくともセルコホームは好印象でした。(大分県・20代男性)

▲▲家族で地元に帰り、母と一緒に同居するために、二世帯住宅を建てようということになりました。自宅で英語教室を開きたいということもあり、カナダ住宅の外観がいいなと思い、早速セルコホームに連絡してみました。

セルコホームからは自宅のほうにパンフレットが送られてきたのですが、その時はまだ地元に帰っていなかったこともあったせいなのか、二世帯住宅を建てる相談のできる担当者の人さえ紹介してもらえませんでした。

それでも、坪単価40万円からというリーズナブルな価格と、高気密住宅ということに惹かれ、モデルハウスを見に行きました。

でも、その場で気になることをいろいろ質問しようとしたら、あまり良い態度をとってもらえなかったので、このハウスメーカーとの家作りは難しそうだなと思いました。(福島県・40代女性)

▲▲たまたまBSテレビを見ていて、セルコホームの番組を拝見させていただきました。以前、北米に何年か住んでいたので、建てるなら輸入住宅と思っておりました。番組では、会社の事やこだわりだったりわかりやすくとても魅力的でした。

なんといっても、カナダの住宅をモデルにしているので、輸入住宅そのもので、木材もキッチンもカナダのものを使っており、特にキッチンはメリットキッチンのオーダーメイドと、私には嬉しいことばかり。早速資料請求をし、後日工務店へいきました。

施工中の家を何軒も連れて行ってくださり、テレビや展示場では現実離れした大きさなので、現実みのある大きさを見た方がいいと教えてくれて、すごく良心的でした。

実際に見た施工中のものは、私の好みではありませんでしたが、見ながら希望を話すことができましたし、安心もできました。値段も希望の予算でやれるように色々提案してくださいました。

ただ、間取りが悪く、納得していなかったところ、「最悪間取りはどうにでもなるし、間取りはパズルですから」と言われ、見切り発車させられそうになりました。

何回間取りを変えても上手くはまらない担当者にこのままお願いするのは不安で、輸入住宅を専門にしているところに希望の間取りを説明して作ってもらったら、一発で素晴らしい間取りができあがり、今まではなんだったのだろうと思いました。

結局、パズルのパターンに乏しいのか、全ての部屋を日本的に四角く割振る考え方しか出来ず、輸入住宅のいい所を出し切れないと思い、その一発で見積もりして頂いた所にその場で契約もお願いしました。家は営業や設計者との相性なのだと思い知りました。(愛知県・30代女性)

▲▲2×6工法で頑丈な建物と謳っていましたが、ちょっと印象は異なりました。

実際に居住者宅を訪問したのですが、2階の物音は1階に響き、歩いていると床が薄い印象があるフローリングでした。また、輸入住宅であるからか、少し独特の臭いがあり、特に夏場にはその臭いが強く感じられました。

ただ、カナダの輸入住宅だけあり、主観的ではありますが、寒さは他の住宅メーカーに比べて若干和らいでいたように感じます。

フローリングは、ワックスがけが必要ないようなフローリング材であり、美しい印象です。また、外観で輸入住宅とすぐわかるため、好き嫌いがはっきり分かれるのではないかと思います。

フランチャイズ展開しているため、結局のところ、請け負いしている地元工務店の大工さんの力量に大きく左右されてしまうことと、請け負いしている地元工務店さんが、倒産もしくは廃業してしまった場合の保守点検に不安が残ります。

しかし、工務店さんがしっかりされていて、施主との関係も良好であれば、無償で階段壁にニッチなどを作ってくれたりもするらしいので、良くも悪くも請け負いしている工務店さんに大きく左右されるようです。(奈良県・30代女性)

▲▲新しく開発された住宅団地にある、セルコホームのモデルハウスの見学に行きました。

その時に対応してくださったのは女性の社員で、丁寧に住宅構造について説明をしてくださいました。こちらが疑問に思うことも、その都度教えてくださいました。

モデルハウスを見学して、その会社の他の物件にも興味が出たので、後日、別の物件を案内してもらうことになりました。

当日、初めてお会いする男性社員の方が社用車を運転され、その車で数カ所のモデルハウスと土地に案内していただきました。

はっきり言って、接客をするには向かない方だと思いました。車を降りて物件を案内するまでのほんの短い間にも、煙草を何本も吸われ、良い印象はありませんでした。

また、土地を案内された時も、明らかに道が狭く、周りの環境も良いとは言えない場所を(誰が見ても住みたいとは思えない場所です)、何の根拠もなく、とにかく勧めるところが理解できませんでした。

結局、それ以降はお世話になることはありませんでしたが、担当が別の方であれば、もっと印象も違ったと思っています。(島根県・40代女性)

マイホームで後悔しないために

注文住宅にしても建売住宅にしても、まずは情報収集が重要です。知識のない状態でいきなり展示場に行くのはおすすめできません。

LIFULL HOME'Sなら悪質なハウスメーカーや工務店を除外した状態で、気になる複数の会社のカタログを比較することができ、大変おすすめです。

マイホームで後悔しないためにも、まずは資料請求から始めてみてください↓
LIFULL HOME'S