サンヨーホームズ

更新日:2018年9月15日

大阪府大阪市に本社を置き、全国展開しているハウスメーカーです。旧クボタハウスが2002年より三洋電機の100%出資によって「三洋ホームズ」に変わり、その翌年、現在のサンヨーホームズへと名前を変えました。

2006年にオリックス・セコム・関西電力を新株主に迎え、2011年には三洋電機が撤退しましたが、大手住宅設備会社の株式会社LIXILを新株主に迎え、新体制となりました。

戸建住宅と分譲マンションの販売を柱とし、リフォーム事業、資産活用事業(賃貸住宅・賃貸福祉施設)やマンションの維持管理事業など、住宅関連に幅広く事業展開しています。

戸建住宅はスマートハウスに力を入れ、日本初の緩まないナットや音声認識ロボット、太陽光発電+蓄電池の搭載等を売りにしています。坪単価55~65万円程度。子会社にサンヨーリフォームがあり、リフォーム工事も一体的に提案しています。

【カタログ比較はしないと損!】マイホームで失敗しないために
注文住宅カタログ一括請求

目次

  1. 坪単価・着工数・年収など
  2. 特徴・おすすめの理由
  3. エリア別の口コミと評判
  4. まずはカタログ比較から始めよう!

坪単価・着工数・年収など

会社名 サンヨーホームズ株式会社
設立日 1969年2月1日
本社所在地 大阪府大阪市西区西本町一丁目4番1号
売上高 376億円
年間着工数 2000
坪単価 55~65万円
従業員数 709人
平均年収 約571万円
平均勤続年数 約13.7年

特徴・おすすめの理由

分譲マンションなど不動産事業も積極的

サンヨーホームズは、分譲マンションや賃貸アパートなども手掛ける不動産事業も積極的に行っている住宅会社です。大阪が本社であり、他には、東京や中部、中国、九州などに事業所があります。マンションの他にもリフォーム事業も手掛けています。

マンション事業での経験を戸建て住宅にも活かし、外観デザインやインテリアコーディネートを多彩な提案をしていることが特長といえるでしょう。

性能面では、長期優良住宅に対応していることや、CASBEEすまいの最高ランクである「Sランク」を標準仕様としているなど、高性能とデザイン性の両立を目指しています。

12.5寸の急な勾配屋根を採用し建築制限をクリア

住宅建築は、敷地に定められている様々な制限を守らなければなりません。例えば、敷地に斜線制限が設定されている場合には、屋根の形や建築の面積に一定の制限がでてきます。

通常は簡単に解決できないことなのですが、サンヨーホームズは独自の構法で、道路斜線制限や北側斜線制限をクリアするための屋根形状を採用できるのです。

それは、屋根の勾配を12.5寸という通常では採用していない、とても急な屋根の設計です。

この屋根の形状にすることにより、3階建てであっても、建築面積を可能な限り広げることもでき、敷地を有効に活用することが可能となっています。狭い土地での建築では非常に有効な構法となるでしょう。

耐震+制震のハイブリッド構造で地震に強い

サンヨーホームズの住宅は、高い耐震性と制震技術を合わせたハイブリッド耐震システムを採用しています。

耐震性を高める対策には、スペースシャトルの発射台や新幹線にも使われている「ハードロックナット」という特殊なボルトナットを標準採用しています。地震の衝撃が加わっても簡単にはゆるまないため、高耐震な構造を実現しています。

また、建物の揺れを抑える「GSフレーム」を構造体の中に組み込ませることにより、建物が変形しにくいという強固な躯体を作り出しています。

制震対策は、独自で開発した「制震ダンパー」を組み込むことで、地震などの揺れを最大で50%も軽減することが可能としています。このように、耐震と制震を組み合わせた構造体で、大きな地震にも対応できる住宅を提供しています。

PM2.5対応の空気を洗う換気システム

これからの住宅には、24時間室内の空気を入れ替えてくれる換気システムが欠かせませんが、サンヨーホームズの換気システムは、粒子が非常に細かいとされているPM2.5にも対応した熱交換型24時間全館換気システムを採用しています。

カビやダニなどアレルギーを起こす原因となる物質を、効率的に抑える「スーパーアレルバスター」や「バイオ除菌」「緑茶カテキン」など、高機能なフィルターで「空気を洗う」をコンセプトに、室内環境に配慮しています。

外観やインテリアコーディネートにこだわり

鉄骨系のハウスメーカーの中では、圧倒的に外観デザインのバリエーションを持っているのが、サンヨーホームズの特長といえるでしょう。

家の第一印象は外観で決まるという考えの元、できるだけ同じデザインの住宅にならないよう、個性を出したデザインを提案しています。

また、インテリアコーディネートにもこだわりを持っています。ひとりひとりの好みが違うように、家のスタイルもそれぞれ違いを出したいということから、内装の色調も多彩なバリエーションを提案してくれます。

カジュアルスタイル、シックスタイルなど、自分好みの住宅を希望している人には良いかもしれません。子育て世代から、高齢の二人暮らしまで、家族の暮らし方に合わせた提案が期待できますね。

【カタログ比較はしないと損!】マイホームで失敗しないために
注文住宅カタログ一括請求

エリア別の口コミと評判

関西

右向き矢印 関西エリアのおすすめハウスメーカーはここだ!

●●新築一戸建てをサンヨーホームズさんで注文しました。軽量鉄骨で地震に強いというのがハウスメーカーを選ぶ際の決め手でした。

担当の営業さんは、優しくとても話しやすい方でした。こちらの質問の内容も丁寧に説明してくれ、すぐに回答できない内容は後日いろいろと調べてきてくれたりと、とても熱心でした。既存のサンヨーホームズの家を見せてくれたり、居住者にあわせてくれたりと、イメージがよくつかめました。

実際に、建築にかかった費用は建物に2100万円、坪単価は70万円でした。坪単価は高めですが、それに見合う金額であったと思います。

納期は3ヶ月でした。基礎の施工から棟上げまでがとても早かったです。朝一より鉄骨のくみ上げを始め、お昼過ぎには上棟できていました。住宅内部の施工に時間を要しましたが、建具・造作ともに非常に丁寧です。

お気に入りは、アフターフォローが細かく30年間メンテナンスもありとても満足しています。住み心地もよく、丈夫な家でとても満足しています。(兵庫県・40代女性)

まずはカタログで比較してみよう!

注文住宅の第一歩として、気になるハウスメーカーや工務店のカタログを比較してみましょう。

ホームズくんでお馴染みのLIFULL HOME'Sなら、予算や希望エリアや希望テーマ(ローコスト住宅・二世帯住宅・輸入住宅など)からメーカーを調べて、一括でカタログ請求できます。

無料なのはもちろんのこと、必要事項の入力も少なく、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 LIFULL HOME'Sで注文住宅のカタログ比較をしてみる

右向き矢印 注文住宅のカタログ比較

注文住宅カタログの一括取り寄せ