「東京に家を持とう」のフレーズでよく知られるハウスメーカーです。坪単価の安いローコスト住宅メーカーに分類されますが、売上高は5000億超の大企業でもあります。

オープンハウスには、建築を請け負う「オープンハウス・アーキテクト」と、開発や企画や建設を担う「オープンハウス・ディベロップメント」という2つの部門があります。

どちらの部門も注文住宅の施工を行っていますが、前者は注文住宅のみ、後者は分譲住宅がメインとなっています。

【必読/1分】ハウスメーカー専門家が教える!注文住宅&お金で後悔しないための3つのポイント

口コミ・評判

総合評価:3.67(6)

オープンハウスで家を建てた方々から当サイトにお寄せ頂いた口コミや評判を、住宅種類別にまとめてみました。

木造住宅 3.75(4)
鉄骨造住宅 なし
二世帯住宅 0.00(0)
平屋住宅 0.00(0)
3階建て住宅 3.50(2)

木造住宅

評価:3.75(4)

30代男性 家を建てた地域:埼玉県
満足度 5.0

制約が多いのでできることは限られます

自宅購入を本気で考え始めて3年が経過したころ、オープンハウスのモデルハウスの見学に行きました。

最初はそのオープンハウスの担当の方とも話したのですが、ローンの申し込みなどがまず無理だろうと思っていて、そういったところの相談からでした。

ですが、オープンハウスの担当者の方と、打ち合わせを重ねていくうちに、私たちの本気度が伝わったようで、担当者およびその上司の方が直接銀行に掛け合ってくれ、ローン審査を通すような働きかけをしていただけました。

そのため、高額な住宅ローンも初めて通すことができ、また注文通りの施工をしていただいたため、今ではオープンハウスの担当者の方への感謝が絶えません。

当初、土地探しから始まり、実際に現地を確認しに行ったり、休みにも関わらず急遽駆けつけてくれたりと、様々な障害がある中でも、この担当者の方は迅速かつ丁寧な対応をしてくださりました。

土地が決まったところで、住宅の上屋の基本プランの作成をしていただきました。私のこだわりは20畳前後のリビングと、対面式キッチン。そして、3台並列駐車できる駐車スペースの確保でした。

この3つをクリアするためにいくつかプランを出していただきましたが、そこに対してさらに注文や、間取りに口出しをしていく形になり、プランの決定までで3ヶ月を要しました。

その後、建築開始です。仕様は100%思い通りとはいきませんでしたが、非常に納得のいく仕様で建てることができました。

最終的な内装の仕上がりとしては、クロスの職人さんの不備で多少うまくいかなかったところもありましたが、おおむね良好というところまで行けたので満足しています。

その後も、小さなことから大きなことまで丸々対応してくださり、夜10時頃に「翌日でもいいのだけど…」と相談をしたところ、すぐに駆け付けてくださり、翌朝には技術職を連れてすぐに対応していただけるほどでした。

本当に高額とはいえ、ここまできっちり対応してくれる担当者さんとめぐり逢えて、本当に感謝しています。

30代女性 家を建てた地域:東京都
満足度 4.0

アフターサービスには特に満足しています

2015年にオープンハウスで注文住宅を建てました。

打ち合わせは何回かあり、担当の設計士さんに部屋数や間取りの希望を全て伝えることができました。議事録も作成いただき、丁寧に対応していただけました。

ただ、キッチンやお風呂、洗面台、トイレなどは提携のものを採用することが前提となっており、オープンハウス内の小さなショールームにて1日で決めてしまいましたが、もっと色々と調べれば良かったと後悔しています。

工事中は、家の建設風景の写真をたくさん撮っていただき、完成後にまとめてもらえたのは嬉しかったです。完成までの期間も短かったように思います。

その後、2019年の台風19号で床上浸水しましたが、翌日にはオープンハウスのスタッフが来てくれ、床下に溜まった水をポンプで全て掃き出してくれました。

家具などが全て浸水し、憔悴しきった中、アフターサービスがしっかりしていて、とても助かりました。提携の建築事務所で住宅の補修もでき、より住みやすくなった我が家で暮らすことができています。

40代女性 家を建てた地域:神奈川県
満足度 4.0

トラブルも丁寧に対応してもらえました

間取りや設備など、自分の要望をたくさん聞いていただけたので満足しています。

設備などは最新の物へのこだわりとかもなかったので、標準タイプのもので充分でした。

ただ、打ち合わせの時に「できます」と言われていたことが、大工さんから「できない」と言われたり、窓の位置がずれていたりと、多少のトラブルはありました。

窓の位置はまだ修正の効く時期だったので修正してもらい、その他のことは付ける予定だったものより高額で高性能のものを追加料金なしでつけていただいたので、納得しています。

営業の方は設計ができる方だったので、契約前にある程度の間取りなどを作ってもらいました。

営業さんにもよるかと思いますが、こちらの要望を全て取り入れた間取りではなかったのが少し残念でした(私のこだわりが多すぎたのかもしません)。

その後、自分自身で間取りを考えて、何度も修正にお付き合いしていただいたので、良しとしています。

住んでから5年経ちますが、特に不具合はありません。

主人に言わせると、やはり建具などが安っぽいようですが、私は気になりませんし、もっと高級な建具を使っていたら予算には収まらなかったと思うので、満足しています。

30代男性 家を建てた地域:東京都
満足度 2.0

営業と現場の意思疎通に問題がある

営業の方がとても親切で、外壁の素材や風呂場のタイルなど、入念に打ち合わせをしました。細かい仕様や変更などにも迅速に対応いただきました。

妻がリビングの床をヘリンボーンにする事に強いこだわりを持っており、色々と素材を取り寄せていただき、検討も一緒にしていただきました。

上記の通り、建築仕様を作るまでは全く問題なく、不満もございません。

ただし、着工すると、営業の方と現場の方の意思疎通が全く取れていないと思う場面が多々出てきました。

例えば、「風呂場のタイルの色が違っている」「インターホンが注文したものと違うものが取り付けられている」といったものです。

そこまでは笑って許容出来たのですが、強いこだわりを持っていたリビングの床がヘリンボーンになっていなかった事には呆れてしまいました。

営業の方にクレームをあげて、きちんと意思疎通をしてもらったのは良いのですが、予定入居時期が1ヶ月ほどずれ込んでしまい、引っ越し時期の変更や旧住居の退去時期変更など、大変な思いをしました。

人間なので失敗はあるとは思いますが、意思疎通がはかれていないための失敗が多すぎたため、営業の方と建築の方に対しては強い語気で怒ってしまった事もありました。

途中からは営業の上司の方も入っていただき、取り持っていただきましたが、ご担当の方とはギクシャクした形になってしまった事を記憶しております。

鉄骨造住宅

評価:なし

オープンハウスでは鉄骨造住宅の扱いがありませんので、口コミと評判は省略します。

二世帯住宅

評価:0.00(0)

口コミ募集中です!

平屋住宅

評価:0.00(0)

口コミ募集中です!

3階建て住宅

評価:3.50(2)

20代女性 家を建てた地域:東京都
満足度 4.0

制約が多いのでできることは限られます

初回の打ち合わせから、設計士とお互いの意図を合わせ、楽しい時間を終始過ごすことができました。

設計士と話した後は、カラーコーディネーターとの話し合いがあり、そこでも数多くの提案をいただきました。とても参考になり、結果として、とても満足のいくマイホームを手に入れることができました。

毎回、長い話し合いとなりましたが、資料やサンプルをたくさん見せていただき、疲れを感じさせない進め方でした。

不満点は、カスタマイズできる範囲に制約があることでした。

例えば、カナダ風の家にしたいと言うイメージがありましたが、窓枠の色や幅は既存のラインナップからしか選ぶことができず、もし実現するのであれば、自分で輸入する必要があるということで、非現実的でした。

また、駐車場の大きさも、あらかじめ車種を伝えていたにもかかわらず、こちらから指摘するまで要件を満たしておらず、少し不安になりました。

全体を通して満足する家が建てられましたが、設計士の方がたくさんの案件を持っている印象があり、とても忙しそうなのは仕方ないのかなと思いました。

30代女性 家を建てた地域:東京都
満足度 3.0

いいところも悪いところもあります

賃貸住まいで子供が1人生まれ、家を探そうかなと思っていたところ、オープンハウスの営業さんに声をかけられ、最終的には同社で土地を購入し、注文住宅を建ててもらいました。

3階建てで建物のみの価格ですと1500万円程度で、おそらく一番シンプルなタイプの注文住宅になるかと思います。

大まかな部分は決まっており、あとは外壁のタイルから内装の壁紙、床、キッチンの形状やメーカーなど、自由度が高いプランでした。

私たちも初めての家づくりでしたが、窓の数からコンセントの配置まで自分たちで考えましたので、打ち合わせにかなり足を運び、設計士の方も一生懸命に対応してくださいました。

ただ、全体的に若く経験が浅いスタッフの方が多いのか、メールの返信などが遅かったり、質問の意図がうまく伝わらなかったりして、主人はストレスがたまり、何度か不満を伝えることもあったようです。

選んだプランには、リビングに床暖房と食洗機がビルドインで入っており、その2つはつけてもつけなくても値段は変わらないと言われました。

結局、そのまま2つの機能をつけていただくことにしたのですが、当時は特に必要性も感じていませんでした。

しかし、今となっては家事の時短のために食洗機はなくてはならないですし、床暖房もほかの余計な暖房器具を買う必要がなくなりましたので、この部分に関してはかなり満足度は高いです。

完成後に、1階のクローゼットの取手部分の取り付けが逆になっていることがわかり、すぐに直していただきました。

現在住んで5年以上経過しておりますが、壁紙が浮いて剥がれてきている箇所がいくつかあり、少し気になっております。

価格も他社と比べるとお得感はある会社だと思いますが、職人さんの腕としては標準程度かなという印象です。

土地の傾斜の性質上、我が家は1階部分が少し低くなっております。そのため、ゲリラ豪雨で当時たまたま海外旅行中で対応できず、床上浸水してしまったことがありました。

その際には、おりた火災保険の保険金で、床下の消毒、乾燥、床の張り替えをする大きな工事もお願いしました。

全体的に細かい部分で不満に感じるところもありましたが、基本的には良心的な価格で、いい意味で敷居が高くない会社です。

これからも困ったことがあったら、いろいろ相談させていただきたいと思っております。

坪単価・着工数・年収など

会社名 株式会社オープンハウス・アーキテクト
設立日 1991年3月1日
本社所在地 東京都立川市曙町1-22-17
売上高 521億円
年間着工数 3000棟
坪単価 30~50万円
木造住宅 木造軸組工法(金物工法+パネル工法)
従業員数 540人
平均年収
平均勤続年数

特徴・おすすめの理由

高品質と低価格を実現する独自のノウハウ

創業以来、「健康や地球環境に優しい、ローコストでハイクオリティな住宅を提供する」を挙げて、家づくりに向き合ってきたオープンハウス。戸建てからマンション分譲までをカバーする、オープンハウスの関連会社です。

新築マンションが高騰する中、オープンハウスの「東京に、家を持とう。」というCMのキャッチコピーは、首都圏に住む人に強烈な印象を与えました。

狭小地でも独自のノウハウで戸建て住宅を建築。中途半端な広さの土地も、複数に分割し戸当たりの単価を下げることで、若者を中心に支持を集めたのです。

そんなオープンハウスの前身は、「アサカワ」という分譲住宅を販売する、ローコスト系のハウスメーカーでした。創業は1991年。その後1997年に注文住宅事業に進出すると、事業を順調に拡大。

2015年にオープンハウスのグループに加わった現在は、東京、神奈川、埼玉、千葉、静岡、愛知に約30の拠点を持つまでに成長を遂げました。

2017年には約3000棟の戸建て住宅を建築。着実に棟数を伸ばしています。

ボルトを使わない金物工法「TWISTEC」

オープンハウスの家は、特殊な金物が使用されています。通常の金物工法では、木材の結合にボルトが使用されますが、オープンハウスの金物工法にボルトは使用されません。

使用されるのは、板状の金物の片側上下にピンを差し込むための穴の開いた羽がついた「TWISTEC」と呼ばれる金物。その羽部分を90度ひねることで、2つの穴に1本のドリフトピンを通せるように加工がされています。

「TWISTEC」の羽を木材の穴に差し込み、木材の穴と2つの羽の穴をドリフトピンで通すことで、柱や梁が緊結。もう一方の柱には金物の厚み分のスリットを切り込んで「TWISTEC」を差し込み、側面からドリフトピンで固定することで柱が固定します。

従来の軸組工法のような柱の断面加工がいらないため、結合面の木材欠損もありません。また、ボルトのように締める工程がいらないため、簡単に、ミスなく、強く施工することが可能になったのです。

金物工法+パネル工法で制震ばっちり

オリジナルの金物「TWISTEC」をセットしたエンジニアリングウッド(集成材)に、ドリフトピンを打ち込むだけで、木造軸組工法をより強く、美しく仕上げることを可能にしたオープンハウスの金物工法。

オープンハウスでは、この金物工法にパネルを組み合わせることで、より強固な躯体を実現しました。

その工法が、「パワーパネル工法」。枠材に断熱材をはめ込み、構造用合板でパネル化したものを軸組の外周面に取り取り付ける、オープンハウスオリジナルの工法です。

この構造用合板を使用したパネルが、地震や強風などの外からの力を面で受け止め分散。柱だけに頼ることなく外圧から建物を守ることで、耐久性と剛性に優れた構造を実現しています。

さらに、この強い建物をさらに安全にするのが、GHハイブリッド制震工法。日立製作所のオイルダンパーを使用した制震のしくみで、新幹線やビルにも採用されるダンパーです。

この制震装置が地震のエネルギーを熱エネルギーに変換して放出することで、阪神淡路大震災クラスの揺れを約70%抑制。建物を未曽有の災害から守ります。

グレードに合わせた複数の断熱工法

オープンハウスでは、求める断熱性能に応じて、複数の断熱工法を用意しています。

その工法は、柱の間に断熱材を充填する「内断熱工法」、外側をすっぽり断熱材で覆う「外断熱工法」、外断熱に従来の内断熱を組み合わせた「ハイブリッド二重断熱工法」、さらに内断熱を一枚追加した「三重断熱工法」の4つ。

内断熱と外断熱を組み合わせから、グレードに合わせた施工を可能にしています。

また、住宅の中で最も熱損失率の高い窓には、特殊な金属幕をコーティングすることで熱の出入りを防ぐLow-E複層ガラスを採用。サッシ部分にはアルミと樹脂を組み合わせることで熱損失を防ぎ、家の断熱性能を高めています。

注文住宅&お金で後悔しないために

注文住宅を建てるにあたって、後悔しないための重要なポイントが3つあります。それは…

  • 複数の会社から資料をもらって各社の特徴を掴むこと
  • 複数の会社から見積もりをもらって総費用を比較すること
  • 多くの間取りプランを見比べて、間取りアイデアを盗むこと

お金に関して言うと、同じような間取りプランでもハウスメーカーによって500万円以上もの差がつくこともありますので、相見積もりは必須です!

間取りに関しても、これまで気付かなかったすてきな間取りプランを参考にすることで、家づくりが一気に進むので非常におすすめです。

ですから、理想のマイホームのためにも上の3点は必ず行うべきなのですが、1社ずつやろうとすると手間も時間もかかって面倒…。

そんな面倒をまとめて解消できるのが「タウンライフ家づくり」です。

タウンライフ家づくりの特徴

タウンライフを使えば…

  • 各社の資料を読んで特徴や強みを把握できる
  • 各社の見積もりを比較して、より安い会社を見つけられる
  • 各社から自分オリジナルの間取りプランを作ってもらえる
  • 土地を持っていない場合、希望エリアの優良土地情報も提供してもらえる

100万人以上に利用されているサービスで、もちろん無料で利用できます。

当サイトでも口コミを掲載していますが、満足の声がとても多いです。ぜひ気軽に利用してみてください。

タウンライフはこちら