無印良品の家は、日本国内だけでは無く、海外でも高い知名度を誇る「無印良品」の注文住宅ブランドです。無印良品は株式会社良品計画が手がけていますが、無印良品の家は同社の子会社である株式会社MUJI HOUSEが事業を展開しています。

無印良品らしいシンプルながらも高性能高品質な家となっていて、全国各地にモデルハウスを設置して、実際に見学することができるようになっています。坪単価は60~80万円。

【必読/1分で読めます】家づくりのプロが語る!注文住宅&お金で後悔しないための3つのポイント

坪単価・着工数・年収など

会社名 株式会社MUJI HOUSE
設立日 2000年5月31日
本社所在地 東京都豊島区東池袋4-26-3
売上高 35億円
年間着工数 300
坪単価 60~80万円
木造住宅 SE構法
従業員数 58人
平均年収 約500万円
平均勤続年数

特徴・おすすめの理由

ライフスタイルに合わせて変えられる家

生活雑貨や食品、衣服から家具まで幅広い商品を扱う無印良品。ショッピングモールのテナントをはじめ、スーパー・コンビニエンスストアなどでも見かける、日本でポピュラーな小売企業の一つです。

そんな無印良品の子会社、「株式会社MUJI HOUSE」が作る家が無印良品の家。新しい商品を模索する中、お客様からの「家を作ってほしい」という要望を受け、無印良品の家が誕生しました。

「暮らしの背景」になることを念頭に、無印良品が扱う製品は7000ほどもありますが、無印良品の家は、「暮らしの背景」である無印良品の製品の「暮らしの器」の役目を果たしているのです。

そんな無印良品の家の家づくりは、「永く使える、変えられる」がコンセプト。ライフスタイルの変化に合わせた、間取りの変更が可能な家づくりが特徴です。

家具や建具により自由に仕切れる空間は、予測のつかない将来でも、その時その時に応じて間取りを柔軟に変化できるように設計がなされています。

そんな無印良品の家を販売するのが、ネットワークパートナーと呼ばれるフランチャイズ加盟店。北海道と沖縄を除く地域で店舗網の拡大を続けています。

強くて設計自由度の高いSE構法

ライフスタイルに合わせて、間取り変更が可能な無印良品の家。設計自由度の高さと建物の強さが両立しなければ実現することはできません。そのために採用している構法が、SE構法。優れた耐震性能と自由度の高い空間を両立する構法です。

ポイントは、構造用集成材とSE金物。SE工法で使用される木材は、十分に乾燥され強度ごとに分類された木材を、科学的な計算のもと強固に貼り合わせたエンジニアリングウッド。

強度や品質にばらつきがない構造用集成材で、使用する場所に合わせ木材を使い分けることができます。

この木材を繋ぎ合せる金物が、SE金物。木材を繋ぎ合せる際に溝を掘る軸組工法は断面欠損が大きく、強度に影響がありましたが、SE金物は断面欠損が少なく強度も安定。ドリフトピンやボルトで強固に固定されているため、繰り返しの揺れにも耐えられます。

この構造用集成材とSE金物を使って組み上げる躯体は、ラーメン構造と呼ばれる重量鉄骨と同じ構造。

梁と柱を緊結するとこで筋交いを必要としない強固な構造で、無印良品の家ではさらに壁合板や床合板を使用することで、筋交いの3.5倍もの強さの耐力壁を作り上げました。

こうして強くて設計自由度の高い大開口の家を作り上げることで、間取り変更が可能な家が出来上がるのです。

高気密・高断熱を実現するしくみ

室内空間をライフスタイルに合わせて変更するためには、家全体が均一の快適さを保っていなければなりません。無印良品の家では、断熱性と機密性を高めることで、家のどこにいても快適な室内環境を作り上げました。

壁には、内断熱と外断熱の両方を施行するダブル断熱工法を採用。壁の外側にフェノールフォームの断熱材を120ミリの柱の間に高性能グラスウールを施行しています。

内断熱と外断熱を同時に施行することで機密断熱性が高い家ができるのはもちろん、お互いの弱点をカバーする事で、効率よく気密断熱性を確保。

内断熱は柱など断熱材が入らない部分が熱の逃げ道になっていますが、外断熱がすっぽり覆う事で逃げ道をカバー。外断熱が断熱材を厚く出来ない分は、内断熱の厚みでカバーしているのです。

また、住宅の熱損失のうち70%を占める窓など開口部には、トリプルガラスの樹脂サッシを採用。樹脂サッシは、アルミサッシの1/1000の熱伝導率しかないため、外の熱を内側に伝えません。

ガラスには内外二枚にLow-Eガラスを採用し、アルゴンガスを封入することで、さらに熱伝導率を30%ほどカットします。

無印良品の家では、このダブル断熱工法とトリプル樹脂サッシの施行に加え、「床断熱工法」を採用。この工法は一般的な床断熱と異なり、基礎外周の内側に断熱材を貼る工法で、床下換気口を設けません。

土間コンクリートが蓄熱層として機能するため、室温や地熱を効率よく利用。自然のエネルギーを効果的に利用するため、省エネルギーな建物が出来上がります。

口コミ・評判

総合評価:5.00(1)

無印良品の家を建てた方々から当サイトにお寄せ頂いた口コミや評判を、住宅種類別にまとめてみました。

木造住宅 5.00(1)
鉄骨造住宅 なし
二世帯住宅 0.00(0)
平屋住宅 0.00(0)

木造住宅

評価:5.00(1)

20代女性 家を建てた地域:愛知県
満足度 5.0

お値段以上の価値がある家です

最初は一条工務店にしようかなと考えていたのですが、値段が高い割に納期が遅れたり、間違いがたくさんあって態度も悪いという口コミをいくつか見たので、無印良品の家にしました。

モデルハウスもとてもおしゃれで、木にとてもこだわっていたので、こどもが小さい我が家にとっては大変ありがたいと思いました。

家の中に光がたくさん入るようにと、窓を大きめにするように勧められ、そうしましたが、窓を大きくして大正解でした。日中はほとんど電気がいらないし、冬は日当たりがよくて暖かいです。

あとは、吹き抜けにして自然な感じを味わいたかったので、吹き抜けにしていただきました。

細かいところまで思った通りに進めてくれ、ことある度に電話で報告をしてくれたので、お値段以上の価値があったのではないかと思います。

鉄骨造住宅

評価:なし

無印良品の家では鉄骨造住宅の扱いがありませんので、口コミと評判は省略します。

二世帯住宅

評価:0.00(0)

口コミ募集中です!

平屋住宅

評価:0.00(0)

口コミ募集中です!

注文住宅&お金で後悔しないために

注文住宅を建てるにあたって、後悔しないための重要なポイントが3つあります。それは…

  • 複数の会社から資料をもらって各社の特徴を掴むこと
  • 複数の会社から見積もりをもらって総費用を比較すること
  • 多くの間取りプランを見比べて、間取りアイデアを盗むこと

お金に関して言うと、同じような間取りプランでもハウスメーカーによって500万円以上もの差がつくこともありますので、相見積もりは必須です!

間取りに関しても、これまで気付かなかった素敵な間取りプランを参考にすることで、家づくりが一気に進むので非常におすすめです。

ですから、理想のマイホームのためにも上の3点は必ず行うべきなのですが、1社ずつやろうとすると手間も時間もかかって面倒…。

そんな面倒をまとめて解消できるのが「タウンライフ家づくり」です。

タウンライフ家づくりの特徴

タウンライフを使えば…

  • 各社の資料を読んで特徴や強みを把握できる
  • 各社の見積もりを比較して、より安い会社を見つけられる
  • 各社から自分オリジナルの間取りプランを作ってもらえる
  • 土地を持っていない場合、希望エリアの優良土地情報も提供してもらえる

100万人以上に利用されているサービスで、もちろん無料で利用できます。

当サイトでも口コミを掲載していますが、満足の声がとても多いです。ぜひ気軽に利用してみてください。