三菱地所系列のハウスメーカーで、主に首都圏と近畿圏で展開しています。もともとは三菱地所の住宅事業部門でしたが、1986年に独立。以前は「アセットホーム」というブランド名でしたが、2011年に現在の社名「三菱地所ホーム」となりました。

三菱地所ホームでは、木造住宅に関しては北米発の地震に強いツーバイフォー工法を採用しています。ツーバイフォーの自由設計を主力とし、細部にこだわった提案が多いことが特徴です。

地震や火災やその他の自然災害などのリスクをしっかりと考慮して建てられているほか、住み始めたあとのメンテナンス性やセキュリティに関する点などもケアされています。

そして、三菱地所ホームでは軽量鉄骨造や重量鉄骨造や鉄筋コンクリート造の住宅も施工することができます。

他のハウスメーカーのように、予めある程度の規格が決められた住宅商品を選ぶこともできますが、内装や外装から間取りや工法までプロと相談しながら決められるという非常に自由度の高い「フルオーダー建築」が特徴的です。

また、早くから高気密・高断熱な住宅を開発、全館空調システムを取り入れるなどの試みをしており、三菱電機と共同開発した全館空調システム「エアロテック」が特徴となっています。坪単価70~80万円程度。

【カタログ比較はしないと損!】マイホームで失敗しないために
注文住宅カタログ一括請求

坪単価・着工数・年収など

会社名 三菱地所ホーム株式会社
設立日 1984年7月2日
本社所在地 東京都千代田区丸の内3丁目2番3号
売上高 272億円
年間着工数 650
坪単価 70~80万円
木造住宅 ツーバイフォー工法
鉄骨造住宅 軽量鉄骨造・重量鉄骨造・鉄筋コンクリート造
従業員数 385人
平均年収 約800万円
平均勤続年数 約16年
リフォーム・建て替え 三菱地所ホームのリフォーム費用・建て替え費用

特徴・おすすめの理由

三菱地所グループのネットワークがバックアップ

三菱地所ホームは、不動産事業やホテル事業、ビル事業などを含む三菱地所グループの中の住宅事業になります。住宅については、東京、神奈川など関東を中心に、大阪。兵庫などの関西エリアでも展示場があります。

三菱地所という名前からイメージするものは、どちらかといえばオフィスビルや不動産開発が多いですが、数々のビル建築でのノウハウやグループのネットワークを住宅部門でも十分に活かしています。

戸建てはもちろん、店舗併用住宅や医院建築なども積極的に取り組み、リフォーム事業では高水準の提案が期待できます。

完全フルオーダーの自由設計も対応

三菱地所ホームの家は、完全フルオーダーの「ONE ORDER」と、企画型設計住宅の「AMART ORDER」、インテリアまでもこだわる設計士が提案する木質系特別注文住宅の「ORDER GRAN」、鉄筋コンクリート造りのオーダーにも対応する特別注文住宅「Extra」という種類に分かれています。

企画型設計住宅シリーズ以外は、完全自由設計であり、さらに構造を木造にこだわらず鉄筋コンクリートにも対応できるというのはなかなかないことですね。ビル建築を得意とする不動産事業のノウハウがしっかりと活かされています。

特別注文住宅のシリーズは、海外の一流家具ブランドをインテリアに提案するなど、高級グレードとなっています。設計士がデザインする外観から内部の個性的な空間は、まさにオーダーメイドの特別な住まいとなるでしょう。

全館が快適温度のエアロテック

全館暖房を採用しているハウスメーカーは多いですが、三菱地所ホームの全館暖房は、「たった1台の室内機」だけで換気と室温を管理する「全館空調システム」である「エアロテック」を採用していることが特徴です。

通常であれば、全館暖房と24時間換気システムはそれぞれ別々のシステムを導入します。また、全館暖房システムでは、家の中にいくつかの室内暖房器具を設置していることがほとんでしょう。

しかし、三菱地所ホームのエアロテックは、家の中の各部屋などに一定の温度に保たれた新鮮な空気を送る吹き出し口が天井などにあり、全館の換気と冷暖房をまかなっています。汚れた空気は別の換気口から外に排出される画期的なシステムです。

本体は電気、ガスと両方で使える点もうれしいですね。オフィス空調のノウハウがある三菱地所ホームならではの、優れた空調システムといえるでしょう。

高耐力壁が支える2×NEXT構法

木質系の構造では地震に強いとされている2×4工法ですが、この技術を独自に進化させた「2×NEXT(ツーバイネクスト)構法」を採用しています。

この構法は、従来の壁の強さをさらに50%も向上させた高耐力壁「ハイプロテクトウォール」の採用や床の強さをより高める床根太「I型ジョイスト」など地震や大きな台風などの揺れなどから建物を守る、強靭な構造を実現します。

高性能で長く住み継がれるために、耐震性の確保の他、外壁には防水性に優れた「セメントボード外装システム」を採用し、二重防水構造により壁の中への水の侵入を防いでいます。

また、近年の異常気象での大雨などで雨漏り被害にも配慮しなければならない流れの中で、三菱地所ホームでは、屋根からの雨水侵入を防ぐ「粘着層付高耐久ルーフィング」を採用しています。

密着性を長期間保つことで、屋根の隙間を防ぎ雨漏りの被害に対応しています。

環境配慮の設計にこだわり

三菱地所グループはビルなどの商業施設を多く手掛けているため、どちらかというと工業製品的なイメージがありますが、実は地球環境や、防犯などに配慮した設計のこだわりがあります。

太陽の光、熱や風がもたらす新鮮な空気など、自然エネルギーを有効活用した設計を心がています。また、国産間伐材の活用にも積極的です。住まいの設計においては、防犯面でもいくつかのチェックをしています。

例えば、敷地に入りにくい設計であったり、外からの視線の死角を作らないなど、2重3重の対策を考えています。

【カタログ比較はしないと損!】マイホームで失敗しないために
注文住宅カタログ一括請求

エリア別の口コミと評判

東北

●●三菱地所ホームで戸建ての注文住宅を建てました。私が三菱地所ホームを選んだ理由は、その自由度です。他の大手住宅メーカーも検討しましたが、木造の2×4や鉄骨プレハブなどのように、建てることのできる構造が決まっているところがほとんどでした。

仕上げや仕様にしても、その会社が決めたもので造らなければならないので、制約を感じていました。三菱地所ホームの家は完全な自由設計です。もちろん、予算の制約や法律の規制をクリアしなければなりませんが、その他のほとんどのことは自由に決めることができます。

特に、間取りに関しては一応の提示を受けましたが、家族は気に入りませんでした。私と家族が方眼紙に大体のプランを書いて、このような間取りにしてほしいとお願いしたところ、実際にできた設計図はこちらの案をほとんど取り入れたものでした。

三菱地所ホームの良いところは、担当者が最後まで変わらないところです。他の大手住宅メーカーの場合だと、営業段階と設計段階、施工段階によって担当者が変わりますが、三菱地所ホームでは初めの営業マンが完成後の請求書を持ってくるところまで同じ人でした。

内部では専門家がチームを組んで仕事をしてもらっているので、クオリティの高い住宅ができあがりました。(宮城県・50代男性)

関東

●●三菱グループという信頼のおける会社ですし、実績もある会社なので、こちらの要望を伝えて、営業マンの方から話を伺いました。

三菱地所というと、全館空調システムの「エアロテック」が売りです。これ1台さえあれば、1年中快適な室温で過ごすことができ、冷暖房にかかる費用も抑えられます。

また、二酸化炭素の排出も抑えてくれるのです。このシステムが標準装備されているというところに魅力を感じています。

環境に配慮していることも大事ですし、光熱費は住んでいる以上、切っても切り離せないものです。それが安く抑えられるのであれば、長い目で見るとすごくお得です。

まだ、他社とも比較検討の段階ですが、三菱地所ホームのポイントは高いです。既に心はかなり傾いています。(東京都・30代女性)

●●注文住宅を建てる…本当に素晴らしい体験でした。もう何年も前のことですが、当時お世話になった営業マンや設計士さん、インテリアデザイナーさん、そして大工さん、皆さんに今でも感謝の気持ちでいっぱいです。

理想的な土地を探すところから始まり、家族それぞれの夢や希望を詰め込んだ間取り、それらを次々とプロの方々が夢から現実のものにしてくださいます。素敵な時間でした。

ただ、1つだけ後悔しています。それは、プロの皆さんが私の希望をすべて叶えてくださったということなのです。

どういうことかと申しますと、子育てがまだまだ忙しく、知恵も経験も乏しく、でも夢だけはたくさんある。そんな私たち夫婦はよくわかりもせず、ここはこうしたい、ここに窓をつけたい等と、注文ばかりしておりました。

でも、プロフェッショナルの設計士の方々の意見こそ、もっと耳を傾けて取り入れるべきだったなとつくづく思います。

建売住宅やマンションなどは、限られた空間をプロが考え抜き、無駄を極力省いて設計してあると思います。もちろん、自分たちで考えてとても気に入っているところもありますが、間取り全体的に素人感が否めないのです。

家は三度建てると、三度目にようやく納得がいく住まいになると聞きます。プロにおまかせするべき所をきちんとおさえておくべきだったと、今でも若干後悔しております。

ただ、先述の通り、関わってくださった全ての方々が本当に素晴らしく、良い対応をしてくださったので、その点に関しては大満足です。(東京都・50代女性)

●●去年、東京から主人の転勤に伴い、茨城県に引っ越しました。東京在住の際に三菱地所のマンションに住んでいて満足していたため、また東京に戻って住居を構える際は三菱系の工務店を候補に入れていました。

先日、住宅展示場で様々なハウスメーカーの家を見ていて、三菱地所ホームに入ったところ、大変気に入りました。

全館空調のエアロックシステムなどの住宅設備がしっかりしているところはもちろんのこと、アフターサービスやデザイン性も家族の理想に近いことを感じました。

また、営業の方がとても良く、家族のライフスタイルや間取りや広さなどの条件のカウンセリングをした上で、間取りや金額含めささっと短時間での提案をして下さりました。(茨城県・30代女性)

▲▲三菱地所ホームにて家を建てるつもりで、赤坂にある展示場へ何度か足を運びました。営業の方と設計士の方との話し合いも進み、設計図も幾つか作っていただきました。

購入した土地に家を建てる期限が付けられていたので、他のモデルハウスを見る余裕もなく、契約をするはずでした。

始めの頃はこちらの希望を聞き、予算として出たのが1200余万円ほど。それが設計士が入り、図面を見ると施主であるこちらが頼んでいないものが幾つか加えられ、さらには東京郊外の土地の気候などを考慮した設計にもなっていませんでした。

とりあえず設計図を持ち帰り、再度よく見ると階段が13段でした。どうやらすでに階段だけが造り置きされているらしく、そのことを尋ねると、一段足せば14段に出来ますとのこと。

なんともなさけない話で、お隣の施主の方も階段が13段であることを妻の方が強く気にしていました。

その場では断らずに帰りましたが、その後日から毎日のようにいつ契約するのかと営業の電話が掛かり、疲れ果ててお断りしました。(東京都・40代男性)

▲▲立地条件がとても気に入って購入した土地が、三菱地所ホームの建築条件付きの土地だったので、大手のメーカーなので信頼できるだろうと思い、三菱地所ホームで自宅を建築しました。

担当の営業マンは、初めは「何でも言ってもらえれば希望通りにやります」と、あたりがいい感じでしたが、近隣の住民に建設を開始する挨拶にこの人が行った時、近隣住民を怒らせてしまうような対応をしたりして建設が滞るなど、問題ばかりでした。

さらに、設計にあたっては、メーカーが紹介するインテリアコーディネーターがついてインテリアの相談にのってくれるという事でその費用も支払いました。

しかし、私たちが望むインテリアや住宅設備のカラーなどを言うと、「私はこの色はあまり好きじゃないわ」などと自分の意見や好みを言うばかりで、プロとして施主の好みを生かせるアドバイスをしてもらえず、何のために費用を払ったのかわからないような結果になりました。

設計士も「希望を言ってくれたらその通りにやります」という受け身な感じでした。

私たちとしてはプロとして色々と収納や生活動線を生かした設計などのアドバイスが欲しかったのですが、ほとんど私たちが自分で調べて希望する間取りを設計士に伝えるという形になり、完成後数年住んでみて収納が少なくスペースの使い方に無駄が多いなど、色々と不満な点も出てきています。

アフターメンテナンスなどはまあまあですが、全体として住む人の生活に即した狭い空間を生かせるような設計力がなく、メーカーとして設計力が足りないのでは…と、不満に思っています。

建築条件がなかったらほかのメーカーにしたかったので、後悔が残る結果になってしまいました。(東京都・40代女性)

関西

●●2011年に三菱地所ホームで一軒家を建てました。かかった費用は家屋のみで4,500万円。坪単価は約100万円程でした。担当者は当時30歳前後の方だったのですが、お世辞にも良くなく、むしろ変わって欲しいくらでした。

同じ事を何度も言わないとすぐに忘れてしまい、以前言ったことが一回で次に反映されているということはありませんでした。営業職の人間としては致命的だったと言わざるを得ません。

なので、話がところどころで変わってしまい、でき上がってからも「ここの窓は普通の窓ではなく磨りガラスと言ったのに」、「レンジフードは高く付けてと言いましたよね?」ということがありました。家が建った後すぐ、この担当の方は三菱地所ホームを辞められたそうで、担当がまともな方に変わりホッとしています。

余談ですが、以前に義父が家を同じく三菱地所ホームで建てる際に来た担当になる予定だった方は、話の途中で逆ギレしたそうで、問題のある方が多い印象です。

ただ、三菱地所ホームの方が皆さんこうであるという訳ではなく、義父がまた別の家を建てる際に来た担当の方は、とてもまともな方で信頼するに足る方だったそうです。

モデルハウスでの接客は何も問題ありませんでした。工期も、東日本大震災の影響で遅延するかと思いましたが、予定通りに終了しました。アフターメンテナンスはしっかりしています。ですが、連携が上手く取れていないのか、連絡は遅いです。

ただ、丈夫でしっかりした家が建つ事は間違いありません。色々ありましたが、次に家を建て替えることがあるとしたら、そのときも三菱地所ホームを利用すると思います。(兵庫県・20代女性)

●●三菱地所ホームがすごいところはなんと言っても家屋内の空気環境です。エアロテックという換気システム1台で、家中の空調を管理して、夏場は全館空調で涼しく、冬場は逆に温風で快適な室温に整えてくれます。

各部屋ごとにエアコンをおかないのでとても室内が広く見えて、しかも部屋ごとにエアコンをつけるとエアコンを動かしていない部屋と効かしている部屋との温度差が気になりますが、エアロテックは夏場も冬場もどの部屋も同じ温度になるのでとても快適です。

特に夏場は室内がからっとして、それほど冷房を聞かさなくてもとても涼しいのが魅力です。また、住宅の性能もとても良くて、窓ガラスや断熱材も高性能なものが使用されていて、夏の暑い日ざしで室内の温度が急激に上がるといったこともありません。

他のハウスメーカーとは一線を画した高性能住宅といえて、住宅展示場でモデルハウスに入って見ると、その高性能ぶりにとても驚かされます。空気環境にこだわる人にはとてもおすすめの住宅です。(大阪府・30代女性)

中国

●●三菱地所のやっているモデルハウスへ行った時の感想です。入口からとても高級感がありました。

担当者との打ち合わせブースも高級感があり、とてもリラックスできる椅子に腰かけて話ができる感じでした。飲み物の種類も多いので、すごく楽しかったです。また、イチゴの飴があったのが嬉しかったです。

建物の高さなどは、実際にその現場に行き、その高さまで自分が上がらないと景色等は分からないですが、ここの打ち合わせブースにあるパソコンから、高さや方位を選ぶと、その眺めがパノラマのような感じで実態できることがすごく良かったです。

おおまかに説明した後に、シアタールームへ移りました。ここではとても高級なソファーが用意されており、大きなスクリーンに三菱地所の思い、建物の説明等がされており、目からもイメージがわいたので、良かったです。

その後は、モデルハウスの中に足を運びました。

担当の方が言われるには、最初に三菱地所の方でどういった層に入居してもらうかというイメージをデザイナーへ伝えるようで、モデルハウスはそのイメージ通りの配置や配色等がされるようです。

そのイメージが実際に見ることにより、より想像ができやすいのがとてもよかったです。

また、実際に「このモデルハウス通りの家具等にしてください」という声もあるとのことでした。全体的に高級志向だったのが、とても魅力的でした。現在検討中ですが、かなり有力候補です。(広島県広島市・30代女性)

まずは無料でカタログを見比べたい方↓ 無料で間取り図まで考えてほしい方↓
LIFULL HOME'S注文住宅 タウンライフ家づくり