JPホームは、東証一部上場の高松コンストラクショングループ傘下「高松建設」が展開する、戸建住宅ブランドです。

高松建設が得意とする鉄筋コンクリート造(RC造)に特化し、鉄筋コンクリート住宅のみを専門に施工しています。

賃貸マンションやオフィスビルを手掛けた知見を生かした、堅牢な家づくりが特徴です。

【必読/1分】ハウスメーカー専門家が教える!注文住宅&お金で後悔しないための3つのポイント

口コミ

総合評価:0.00(0)

JPホームの口コミを家の種類別にまとめました。

木造 なし
鉄骨造 0.00(0)
二世帯住宅 0.00(0)
平屋 0.00(0)

木造住宅

評価:なし

JPホームでは木造住宅の扱いがありませんので、口コミと評判は省略します。

鉄骨造住宅

評価:0.00(0)

口コミ募集中です!

二世帯住宅

評価:0.00(0)

口コミ募集中です!

平屋住宅

評価:0.00(0)

口コミ募集中です!

特徴

鉄筋コンクリート住宅

木造家屋の平均寿命は30年と言われていますが、鉄筋コンクリートの構造耐久年数は130年。

法定耐用年数でも47年と長く、世代を超えて100年以上住み続けられる高寿命な家づくりが可能です。

JPホームの本社は大阪府大阪市で、大阪府と東京都に本店を設置。

千葉県、埼玉県、神奈川県、愛知県、京都府、兵庫県に支店を、福岡県に営業所を設置するなど、関東と近畿圏を中心に事業を展開しています。

また、銀座と大阪市にショールームを、吹田市に展示場を出展。鉄筋コンクリート住宅の仕様や設備を体感することができます。

豊富な経験を生かした非パネル式の鉄筋コンクリート造

鉄筋コンクリート造の建物を多く手がける高松建設が展開するJPホームの家づくりは、培ってきた知見をフルに活かした工法が特徴です。

多くのコンクリート系ハウスメーカーがコンクリートパネルを用いた工法を採用する中で、JPホームは非パネル式の工法を採用。

パネル式の工法は、工場であらかじめ作ったコンクリートパネルを現地で組み立てる工法のことで、まさにハウスメーカーらしい建築手法と言えます。

天候に左右されない環境でコンクリートパネルを生産することで、安定した品質を保てることがメリットです。

一方のJPホームが採用する非パネル式は、建築現場でコンクリートを打設する建築手法。

その最大のメリットは、熟練の技術者が一棟一棟設計・施工することで実現する、デザイン自由度の高さです。

継ぎ目のない外観はもちろん、曲線を取り入れることも可能。

パネル式では表現が難しいデザインは、熟練の技術者を多く抱えるJPホームの強みを生かした工法の賜物と言えます。

屈強な建物を支えるオリジナルの「TBF工法」

コンクリート造の家が木造の家より重たいことは想像に難しくありません。もちろん、JPホームの堅牢な家も例外ではありません。

コンクリート造の住宅は木造住宅の3~5倍以上重たいとされますが、JPホームでは、「TFB工法」(高松フラットベース工法)と呼ばれるオリジナルの工法で、建物を支えています。

この工法では基礎と建物が一体化しており、ベタ基礎よりさらに強靭な構造躯体を形成します。さらに、このオリジナルの基礎は強いだけでなく、耐圧盤があるため、床組が必要ありません。

耐圧盤とは、建物を支える鉄筋コンクリート造の厚いスラブ(床)のこと。床組の構造がないことで、床下の湿気の問題に悩まされることもありません。

JPホームが建てるコンクリート造の家は、高松建設独自の技術によって支えられているのです。

建築基準を凌駕する性能

JPホームが建てる住宅は、建築基準法を遥かに凌ぐ性能を持ち合わせています。

JPホームの調査によれば、JPホームの家の耐震性能は、地震に強いとされる鉄骨住宅の1.6倍、コンクリートパネル造住宅の約1.3倍。

阪神淡路大震災の2倍の地震加速度にも耐える堅牢さを持ち合わせています。

地震に強く家が重たいということは、もちろん耐風性も基準以上。

過去の台風から計算された大型台風の予想最大風速は、最大で秒速46メートルですが、JPホームのモデルプランの耐風性は秒速210メートル。驚異的な耐風性を誇ります。

また、鉄筋コンクリート造の家は万が一の火事にも安心。鉄骨は540度を超えると変形を始め、やがて倒壊します。また、木は260度で発火点に達し、炭化させることで倒壊を遅らせます。

一方で建物自体が耐火材料でできたJPホームの家は、耐火構造の基準となる1時間の倍の2時間炎にさらされて1000度に達しても、強度を失って崩壊することはありません。

こうしてJPホームは、住む人を未曾有の災害から守り、安心して永く住むことができる家を集り続けています。

注文住宅&お金で後悔しないために

注文住宅を建てるにあたって、後悔しないための重要なポイントが3つあります。それは…

  • 複数の会社から資料をもらって各社の特徴を掴むこと
  • 複数の会社から見積もりをもらって総費用を比較すること
  • 多くの間取りプランを見比べて、間取りアイデアを盗むこと

お金に関して言うと、同じような間取りプランでもハウスメーカーによって500万円以上もの差がつくこともありますので、相見積もりは必須です!

間取りに関しても、これまで気付かなかったすてきな間取りプランを参考にすることで、家づくりが一気に進むので非常におすすめです。

ですから、理想のマイホームのためにも上の3点は必ず行うべきなのですが、1社ずつやろうとすると手間も時間もかかって面倒…。

そんな面倒をまとめて解消できるのが「タウンライフ家づくり」です。

タウンライフ家づくりの特徴

タウンライフを使えば…

  • 各社の資料を読んで特徴や強みを把握できる
  • 各社の見積もりを比較して、より安い会社を見つけられる
  • 各社から自分オリジナルの間取りプランを作ってもらえる
  • 土地を持っていない場合、希望エリアの優良土地情報も提供してもらえる

100万人以上に利用されているサービスで、もちろん無料で利用できます。

3分で!間取り&見積もりをもらう

こんな間取りや見積もりが届きます

タウンライフ家づくりの見積もり

タウンライフ家づくりの間取りプラン

タウンライフ家づくりの間取りプラン2

タウンライフ家づくりの家づくり計画書

タウンライフ家づくりの家づくり計画書2

自分が選んだハウスメーカー&工務店から、こんな感じの間取りプランや見積もりが届きます。

大手ハウスメーカーを含む全国600社以上が参加していますので、全国どこでもタウンライフを利用できます。

タウンライフ家づくりの参加ハウスメーカー

また、利用者からの満足度が高いのも人気の証拠で、調査会社による調査でも高い評価を獲得しています!

タウンライフ家づくりの満足度調査

当サイトでも口コミを掲載していますが、満足の声がとても多いです。ぜひ気軽に利用してみてください。

3分で!間取り&見積もりをもらう

こんな方におすすめ!

次のいずれかに当てはまるなら、タウンライフ家づくりはとてもおすすめです。

  • 家づくりを始めたいけど、何をすればいいかわからない
  • 少しでもお得にマイホームを手に入れたい
  • 大手ハウスメーカーの間取り&見積もりがほしい
  • 地域密着型の優良工務店を知りたい
  • 希望エリアの優良土地情報を知りたい

しつこい営業もなく、要望欄に「お電話はお断りします」と入力しておけば、電話営業もかかってきません。

毎月5000人以上に利用されている人気サービスです!ぜひ気軽にタウンライフ家づくりを試してみてください♪

3分で!間取り&見積もりをもらう