イザットハウスは、東京都港区に本社を構えるフランチャイズ系ハウスメーカーです。東北から九州まで、幅広いエリアで注文住宅の事業を展開しています。

「外断熱住宅のパイオニア」と自称するほど、断熱性や気密性の高さには自信を持っています。夏は涼しく、冬は暖かい、魔法瓶のような家と評価されています。

【必読/1分】ハウスメーカー専門家が教える!注文住宅&お金で後悔しないための3つのポイント

口コミ・評判

総合評価:0.00(0)

イザットハウスで家を建てた方々から当サイトにお寄せ頂いた口コミや評判を、住宅種類別にまとめてみました。

木造住宅 0.00(0)
鉄骨造住宅 なし
二世帯住宅 0.00(0)
平屋住宅 0.00(0)

木造住宅

評価:0.00(0)

口コミ募集中です!

鉄骨造住宅

評価:なし

イザットハウスでは鉄骨造住宅の扱いがありませんので、口コミと評判は省略します。

二世帯住宅

評価:0.00(0)

口コミ募集中です!

平屋住宅

評価:0.00(0)

口コミ募集中です!

坪単価・着工数・年収など

会社名 株式会社イザットハウス
設立日 1993年
本社所在地 東京都港区新橋3-9-10 天翔新橋ビル8階
売上高
年間着工数
坪単価 50~70万円
木造住宅 木造軸組工法
従業員数
平均年収
平均勤続年数

特徴・おすすめの理由

世界標準の家づくり

イザットハウスの理念は「世界標準の家づくり」。創業当時より研究と開発を重ね、独自の工法により、住み心地ナンバーワンを目指しています。

高温多湿の日本の気候において重要なのは、断熱・気密・換気・除湿・冷暖房効果に配慮した家づくり。

この5つを高いレベルで実現することにより、住み心地や耐久性の高い家づくりが実現します。

イザットハウスでは、住宅に化学を取り入れた家づくりを推進。中でも気密性が最も重要だと考え、いち早く外断熱の効果に目をつけて取り入れてきました。

現在、イザットハウスは外断熱住宅のパイオニアの一つとして知られています。

超高気密の家

イザットハウスが建てる家は、気密性日本トップクラスの家。今も進化を続けるイザットハウスは、早くからその重要性に気づき、研究と開発を重ねてきました。

気密性の高さは、家の基本性能や暮らしやすさに大きな影響を与えます。

気密性が高いということは、密閉度が高いということ。空気の出入りする隙間が小さければ、より高いレベルで住まいの空気環境をコントロールすることができます。

逆に気密性の低い家は、穴の開いたストローのように、家の空気を入れ替えようとしても大きなロスが生まれ、中の空気をきれいに保とうとしても、外部から埃や湿気の侵入を許してしまうのです。

イザットハウスの家の隙間は、延べ床面積100平米の家でも、名刺半分ほどしかありません。この超高気密の高さが、イザットハウスの基本性能の高さを物語っています。

外断熱の先駆者

外断熱住宅のパイオニア、イザットハウス。外断熱のメリットに早くから目をつけ、家づくりに取り入れてきました。

一般的に多くの住宅に採用される断熱工法は、柱と柱の間に断熱材を入れる内断熱。しかし、柱と断熱材の間に隙間ができやすいのがデメリットで、柱部分には断熱材が入りません。

それに比べ、家の外側に断熱材を施工する外断熱は、家を断熱材ですっぽり覆うため、魔法瓶のような断熱性能を発揮することが期待出来ます。

その効果は断熱だけにとどまりません。

壁強度や遮音性・吸音性、耐久性にも優れているため、断熱性能面以外でも住み心地が向上。さらに結露が発生しにくく、躯体内部の風通しがよいため、建物が長持ちします。

外断熱工法の先駆者であるイザットハウスは、その長所を家づくりに生かすことで、高性能で長寿命な家を作り続けているのです。

イザットハウスの計画換気システム

高気密高断熱の家は、とても省エネです。

イザットハウスの家は、隙間がほとんどなく、断熱材ですっぽり覆われた魔法瓶のような家。熱の出入りを最小限に抑えられるため、寒い冬でも一度家を温めれば暖かさが持続します。

しかし、高気密だからこそ家の換気は重要です。イザットハウスでは、超高気密の家に取り付ける24時間計画換気システムに、熱交換型集中換気システムを選ぶことができます。

熱交換型集中換気システムは、中の汚れた空気を排気し新鮮な空気を取り入れる際に、熱まで交換してしまうもの。

通常なら単に温めた空気を排出し、冷たい空気を取り入れるところ、熱交換器で熱を交換し、温かい空気として取り込んでくれます。

もちろんフィルターで花粉や埃はシャットアウト。いつもクリーンで快適な温度に保たれています。

湿気から家を守る床下対策

日本の住宅の寿命が短い理由の一つに、湿度の高さが挙げられます。高温多湿の日本では、梅雨時期の7月、月間平均湿度は75%にまで上昇。

さらに密閉状態に近い床下は、コンクリートなどの建材にも水蒸気が含まれているため、かなりの高湿度になります。

このような高湿度の環境におかれると、木は腐りやすくなるため、日本の住宅に湿気対策は不可欠。

多くの日本の家屋では、床下の空気を通すための通気孔を設けることで湿気対策をしていますが、現代の住宅は床下が低くなっているため、通気しにくい構造です。

そこで、イザットハウスでは、床下除湿機を設置。センサーによる自動運転で床下を除湿し、駆体を湿気から守ります。

1ヶ月の電気代も500円ほど。わずかなランニングコストで家と家族の健康を守り、家を長持ちさせることができるのです。

注文住宅&お金で後悔しないために

注文住宅を建てるにあたって、後悔しないための重要なポイントが3つあります。それは…

  • 複数の会社から資料をもらって各社の特徴を掴むこと
  • 複数の会社から見積もりをもらって総費用を比較すること
  • 多くの間取りプランを見比べて、間取りアイデアを盗むこと

お金に関して言うと、同じような間取りプランでもハウスメーカーによって500万円以上もの差がつくこともありますので、相見積もりは必須です!

間取りに関しても、これまで気付かなかったすてきな間取りプランを参考にすることで、家づくりが一気に進むので非常におすすめです。

ですから、理想のマイホームのためにも上の3点は必ず行うべきなのですが、1社ずつやろうとすると手間も時間もかかって面倒…。

そんな面倒をまとめて解消できるのが「タウンライフ家づくり」です。

タウンライフ家づくりの特徴

タウンライフを使えば…

  • 各社の資料を読んで特徴や強みを把握できる
  • 各社の見積もりを比較して、より安い会社を見つけられる
  • 各社から自分オリジナルの間取りプランを作ってもらえる
  • 土地を持っていない場合、希望エリアの優良土地情報も提供してもらえる

100万人以上に利用されているサービスで、もちろん無料で利用できます。

当サイトでも口コミを掲載していますが、満足の声がとても多いです。ぜひ気軽に利用してみてください。

タウンライフはこちら