フィアスホームはLIXIL住宅研究所が手がける注文住宅ブランドです。

LIXIL住宅研究所は「アイフルホーム」と「GLホーム」と「フィアスホーム」の3つの注文住宅ブランドを運営しています。

フィアスホームはその3つのブランドの中でも最も高級路線を行き、価格よりも品質や資産価値の維持に重点を置いています。

【必読/1分】ハウスメーカー専門家が教える!注文住宅&お金で後悔しないための3つのポイント

家づくりレポ・口コミ

総合評価:4.00(1)

フィアスホームで注文住宅を建てた方々からの評価をまとめました。

上の総合評価は、以下の「写真付き家づくりレポート」と「写真なしの口コミ」から算出しています。

大満足5.0

「大満足」評価の口コミはまだありません。

満足4.0

50代男性 家を建てた地域:山梨県
満足度 4.0

もう少しアフターサービスがあればもっといいです

家の気密性は非常に高いです。冬はあったかく、昼間で日が出ていれば、暖房器具を使わないでいいぐらいです。

ただ、結露は出ます。ホームセンターで結露対策グッズを買いましたが、拭き取るしかないと思います。そうしないとカビがはえてきて、大変なことになってしまいます。

住み心地には大変満足しています。故障する事もなく、クレームも一つもありません。クレームが無いので、それはそれでいいのですが、アフターサービスという点からいいますと、少し不十分だと思います。

やはり、大手メーカーと比べると人手不足なのかもしれませんが、こちらから言わないと、ほとんどアフターサービスは無いという感じです。

特別住んでいて不自由は無いのでいいのですが、そこは少し不満です。

普通3.0

「普通」評価の口コミはまだありません。

不満2.0

フィアスホームの「不満」はまだありません。

苦情1.0

フィアスホームの「苦情」はまだありません。

特徴

アイフルホーム・GLホームの兄弟ブランド

フィアスホームは、LIXIL住宅研究所が運営するフランチャイズプランドの1つです。

LIXIL住宅研究所の前身となる21世紀住宅研究所が誕生した際に、ブライトホーム、ワンダーホーム、アイフルホームテクノロジーなど5つの会社を取得。

その後、会社名がトステム住宅研究所からLIXIL住宅研究所と変遷する中で、3グループに統廃合を進め、カンパニー制へと移行しました。

その流れで誕生したのがフィアスホーム。木造軸組工法+パネル工法の3つのフランチャイズブランドを統合して誕生した、フランチャイズ系ハウスメーカーです。

アイフルホームとGLホームはLIXIL住宅研究所が運営する兄弟ブランドで、アイフルホームはメーターモジュールを採用するローコスト住宅、GLホームは2×4工法の先駆者の一社で、2×6工法を用いた欧米デザインの住宅を特徴としています。

フィアスホームはグループの中でも特に長期優良住宅に力を入れるブランドで、2008年の誕生以来、「For Your Vintage Life(永く住み継がれる家)」挙げ、高品質で資産価値の高い家づくりを目指して商品を開発してきました。

フィアス(FiACE)とは、Field(分野)とAce(第一人者)を組み合わせた造語で、住宅業界またはそれぞれの地域において、お客様から第一人者の支持を受ける住宅フランチャイズになる、という意味が込められています。

世界基準の気密断熱性

「200年住宅のトップランナーを目指す」と公言するフィアスホームは、環境に配慮した省エネ住宅の開発を積極的に推進しています。

中でも、環境先進国のスイスに学び、世界基準の気密断熱性能にまで高めた商品が、「アリエッタDS」。太陽光の恵みを最大限に引き出すために、様々な工夫を施しています。

まず、壁にはダブル断熱を採用。内側は、構造用面材にあらかじめ樹脂系断熱材を貼りつけたeパネルと呼ばれるパネルを現地ではめ込むことで、隙間やムラのない断熱材の施工を実現しました。

その外側には、もう一枚断熱材を施工。合計119ミリの厚さの断熱材を施工することで、断熱性能を高めています。

壁の断熱はそれだけではありません。外側の断熱材のさらに外側に、遮熱シートを施工。タイベックシルバーと呼ばれるこの遮熱シートは、外から伝わる熱を85%カット。熱の移動を低減させます。

家の中で熱の大半が失われる窓には、トリプルガラス樹脂サッシを採用。3枚のガラスで二重の空気層を作ることで断熱性能を高めるのとともに、熱伝導率の低い樹脂サッシを採用することで、外の熱が中に伝わるのを防ぎます。

こうして建てられるフィアスホームの家の気密性は、C値(家の隙間面積を延べ床面積で割った数値)0.43。大手ハウスメーカー水準に比べ、その性能の高さは数値からも実証済みということになります。

こうして気密断熱性能を引き上げることで、世界基準の省エネ住宅を作り上げています。

エネルギー効率を高める空調システム

気密断熱性の高いフィアスホームの家。より資産価値が高く、高品質な住宅の提供をめざすフィアスホームでは、エネルギー効率がいい空調システムを組み合わせることで、さらなる省エネルギー化を図っています。

現代の住宅は、法律で24時間換気が義務付けられていますが、その換気量は、およそ2時間で家の中の空気全体が入れ替わるほど。家をどんなに空調で快適にしても、2時間で全部交換しなければならないのです。

例えば、真冬にせっかく部屋を暖めても、半分の空気は外の冷たい空気と入れ替えなければなりません。

フィアスホームでは、この換気システムに熱交換方式のものを採用。75%の熱エネルギーを再利用しています。

それは、例えば外の空気が0度で家の中の空気が20度だったとき、熱交換システムを通せば外の空気を15度で室内に導けるということ。

この熱交換システムと気密断熱性の高い家の相性は抜群で、家の熱を効率よくコントロールすることが可能になります。

テクノロジーで省エネルギー化を図る一方で、フィアスホームでは地中熱の利用にも積極的に取り組んでいます。深さ10メートルを越える地中では、真冬でも真夏でも気温が安定しており、全国を平均するとその温度は15度ほど。

年間を通じて温度の安定している地中熱を利用し、冬は採熱、夏は排熱することで、冷暖房費を1/4に抑えることが可能です。

フィアスホームは、こうしてさまざまな工夫を積み重ねることで、環境にも住む人にも優しい省エネルギー住宅を実現しています。

注文住宅&お金で後悔しないために

注文住宅を建てるにあたって、後悔しないための重要なポイントが3つあります。それは…

  • 複数の会社から資料をもらって各社の特徴を掴むこと
  • 複数の会社から見積もりをもらって総費用を比較すること
  • 多くの間取りプランを見比べて、間取りアイデアを盗むこと

お金に関して言うと、同じような間取りプランでもハウスメーカーによって500万円以上もの差がつくこともありますので、相見積もりは必須です!

間取りに関しても、これまで気付かなかったすてきな間取りプランを参考にすることで、家づくりが一気に進むので非常におすすめです。

ですから、理想のマイホームのためにも上の3点は必ず行うべきなのですが、1社ずつやろうとすると手間も時間もかかって面倒…。

そんな面倒をまとめて解消できるのが「タウンライフ家づくり」です。

タウンライフ家づくりの特徴

タウンライフを使えば…

  • 各社の資料を読んで特徴や強みを把握できる
  • 各社の見積もりを比較して、より安い会社を見つけられる
  • 各社から自分オリジナルの間取りプランを作ってもらえる
  • 土地を持っていない場合、希望エリアの優良土地情報も提供してもらえる

100万人以上に利用されているサービスで、もちろん無料で利用できます。

3分で!間取り&見積もりをもらう

こんな間取りや見積もりが届きます

タウンライフ家づくりの見積もり

タウンライフ家づくりの間取りプラン

タウンライフ家づくりの間取りプラン2

タウンライフ家づくりの家づくり計画書

タウンライフ家づくりの家づくり計画書2

自分が選んだハウスメーカー&工務店から、こんな感じの間取りプランや見積もりが届きます。

大手ハウスメーカーを含む全国600社以上が参加していますので、全国どこでもタウンライフを利用できます。

タウンライフ家づくりの参加ハウスメーカー

また、利用者からの満足度が高いのも人気の証拠で、調査会社による調査でも高い評価を獲得しています!

タウンライフ家づくりの満足度調査

当サイトでも口コミを掲載していますが、満足の声がとても多いです。ぜひ気軽に利用してみてください。

3分で!間取り&見積もりをもらう

こんな方におすすめ!

次のいずれかに当てはまるなら、タウンライフ家づくりはとてもおすすめです。

  • 家づくりを始めたいけど、何をすればいいかわからない
  • 少しでもお得にマイホームを手に入れたい
  • 大手ハウスメーカーの間取り&見積もりがほしい
  • 地域密着型の優良工務店を知りたい
  • 希望エリアの優良土地情報を知りたい

しつこい営業もなく、要望欄に「お電話はお断りします」と入力しておけば、電話営業もかかってきません。

毎月5000人以上に利用されている人気サービスです!ぜひ気軽にタウンライフ家づくりを試してみてください♪

3分で!間取り&見積もりをもらう