クレバリーホーム

更新日:2017年10月9日

株式会社新昭和のFC(フランチャイズ方式)部門の名称が「クレバリーホーム」であり、千葉県を中心に東関東で多くの実績を築き、全国展開しています。新昭和は戸建・分譲・分譲マンションの販売・不動産仲介など幅広い事業を行っており、戸建では「クレバリーホーム」とは異なるツーバイフォー工法を主に採用しています。

クレバリーホームは木造軸組工法(集成材を使用)による自由設計の戸建住宅を主力としていて、FC方式をとることにより、価格を抑えつつ十分な必要な品質を確保した商品を提供することが可能となっています。

坪単価は30~60万円程度で、ローコスト住宅のなかでは少し高めという位置付けです。現在、FC方式により各地に続々と加盟企業を増やしながら新店舗をオープンさせており、急成長している会社として注目を浴びています。

坪単価・着工数など

エリア別の口コミと評判 北海道
東北
関東
甲信越
北陸
東海
関西
中国
四国
九州
会社名 株式会社新昭和
設立日 1970年4月2日
本社所在地 千葉県君津市東坂田4-3-3
売上高 385億円
年間着工数 1800
坪単価 30~60万円
従業員数 497人
平均年収 約550万円
平均勤続年数 約9年

口コミと評判

関東

●●家を建てるにあたって、どのメーカーに決めるかは悩むところです。CMをバンバンやってるメーカーは予算オーバーで対象外だったので、最初はチラシで見た激安のメーカーに連絡をしました。

しかし、間取りが自由にならなかったり、オプションが多くて、結局高額になってしまったのでやめました。建てた後にオープンハウスをやらなければならないのも嫌でした。

土地を購入した不動産屋で「ぜひ家も…」と言われ見学したのですが、やはり間取りや外壁などが気に入らず…。図面でみるとクローゼットの扉と部屋のドアが重なってるなんてことがありました。また、営業の方も対応もイマイチだったため見、送りました。

そんな中、住宅展示場で見たタイル貼りの家に惹かれてクレバリーホームを見学したら、間取りも天井高も外壁も自分たちの好みにできるということがわかりました。価格も予算内で収まったのでクレバリーホームに決定しました。また、営業の方との相性も良かったのか、何のトラブルもなく、家を建てることができました。

夫が、外壁がサイディングだと年数が経つと黒ずんだりするのが嫌だというので、サイディング以外の外壁を探していました。その他、身長が高いので、天井高を高く取りたいという希望など、全て満たすメーカーがクレバリーホームだったということです。(茨城県・40代女性)

▲▲初めて新築を買ってみようかなと考えていた時のことです。旦那が注文住宅に憧れていたので、近所にあるクレバリーホームへ行きました。

受付の方に用件を伝えて営業の方が来るのを待っていた所、裏手から「あんなのが新築買うのー?嘘でしょー?笑」と言う笑い声が聞こえてきました。私も歳が若いから仕方ないと思って、黙ってきいてました。

実際に出てきた営業の方は、入社して間もなく、しかも土地に詳しくない方でした。とりあえず私は新築の知識がなかったので、建物の値段、ローンがどういう仕組みでできるのか、土地の値段、諸費用がどれくらいかかるのかなどを聞きました。

でも、その新人さんであろう方は、大まかなことは教えてくれましたが、すべての質問に「大体こんな感じです」という答え方しかしてくれなかったので、せっかくの新築のことなのに、満足いかない対応ですごく残念でした。

CMもやってる会社だから、ちゃんとした接客だと思ってたのに、とても残念です。(埼玉県・20代女性)

甲信越

●●家を建てようという事になり、たくさんのモデルハウスを見ました。そのなかでクレバリーホームに目がとまりました。デザインや値段が一番希望通りだったからだと思います。

一番最初にモデルルームで接客下さった営業の方は、親切に説明してくれました。子供がまだ保育園だったので、広いモデルハウスに興奮してしまい、走ったり騒いだり迷惑をかけてしまいしたが、嫌な顔をせず対応してくれました。子供に慣れている営業の方で良かったです。

収納を充実させたかったので、ウオークインクローゼット内に既存の家具に合うように棚をデザインし、作ってもらいました。土地が1000万で、家が1800万くらいでした。延べ床は38坪で、建物自体はそんなに大きくなくだと思いますが、部屋の中はすごく広く感じます。

ただ、打合せが多くて、子供がいたので少し大変でした。大きな買い物なので仕方ない事ですが、短時間に回数を減らす打合せの工夫があると良かったなと感じます。後期も打合せで話していたのとそんなに違いがなく、順調だったので、アパートの退去をスムーズに出来ました。

それと建物が仕上がって実際住みだしてからかかる、固定資産税の説明や火災保険の説明など、素人では忘れがちな事を冊子にまとめたものがあったり、直接説明してもらえると、お金の予定が立つので助かるかなと後で感じました。(新潟県・40代女性)

東海

●●今まさに家を建てたくて、休みになるといつも各地の住宅展示場を見学しています。今回はクレバリーホームについて書きたいと思います。モデルハウスに行く前から、私はクレバリーホームにとても関心がありました。CMもよく目にしていたし、チラシに載っていた間取りも理想的だったからです。

では実際にモデルハウスに行ったときの話をしたいと思います。玄関を入ってまず印象的だったのは、「ファミリー玄関」の存在。これは家族専用の玄関で、たくさんの物が収納できます。

また、家事動線を考えた間取りになっていて、とても家事がしやすそうだと感じました。具体的にはキッチン・パントリー・洗面所・風呂が一直線に並んでいて、最短距離で家事が完結する間取りです。

その他、モデルハウスに行くと営業マンがしつこい会社が多々見受けられますが、こちらの会社はそんなに押しが強くなく、自分達の建てた家に誇りと自信を持っているのだと感じました。(愛知県・20代女性)

●●クレバリーホームはフランチャイズの工務店ですが、うちを建ててもらった工務店さんはとてもいいです。近所のハウスメーカーや工務店など、ほとんど全てのモデルハウスを見に行きました。

ハウスメーカーや工務店さんの方々とたくさん触れて、それぞれの方向性が違うこともわかりました。クレバリーホームをおすすめしたい方は、大手のハウスメーカーの金額は出せないけど、そこそこお金は出せて、ある程度大手に近い満足感が欲しい方に向いてるかなと思います。

うちはあまり予算はありませんでしたが、たまたま、まだクレバリーハウスが自分の地域では無名で、宣伝のためもあり、キャンペーンも利用して、クレバリーハウスにしては、なるべく金額をおさえたほうです。

うちがこだわったのは、タイル張りの外壁です。最近は、いろんな工務店でもタイル張りをはじめたかと思いますが、うちが建てる頃は、塗り壁かサイディングの工務店ばかりでした。クレバリーハウスはタイル張りでした。

あと、間取りも自分たちのこだわりがあったのですが、大手のハウスメーカーは、もともとあるプランから選ぶ間取りで、好みの間取りがありませんでした。しかし、クレバリーハウスの営業マンは、うちが望んだとおりの間取りを作ってくれました。

大工さんもとてもいいです。仕事は、素人の私がみても、きっちりしていたし、アフターも、今も何か困ったことがあれば、電話にすぐ出てくれて対応してくれます。アットホームでありながら、大手っぽい雰囲気ももっている、そんな感じかなと思っています。

もう建てて5年目に入りますが、快適に暮らせています。いろいろメンテナンスもしてもらいましたが、いずれも気持ちよく対応してもらいました。(静岡県・40代女性)

▲▲クレバリーホームとのお付き合いは、去年マイホームセンターのショールームに見学に行ったことから始まっています。ショールームでは女性の方が付き添ってくださり、家の中を見学させていただきました。

見学の時、とても丁寧な対応で、こちらの質問にも嫌な顔一つせずに答えてくれたのでとても好感が持てました。ただ、質問の意図と答えの内容がかみ合わないことが多く、少し会話に戸惑うことがありました。

家の中を一通り見せていただいた後、営業だと思われる女性の方によってアンケートや質問等の場が設けられました。

そのとき、妻に対しては質問をするのですが、自分には一切質問せずに年収や勤続年数を聞かれるだけでした。なので、自分はどんな家を建てたいかも伝えることもできずに、ただ単にローンの事前審査を受けてほしいと一方的に言われました。

また、土地探し等は自分で早めに探してくださいと一方的な感じだったので、もう自分はクレバリーホームで建てるのはやめようと思いました。その後、見学会があるたびにDMが送ってくるだけで、何も家づくりの手伝いをしてくれる気配はありませんでした。

女性の営業の方々は、確かに細かなところに気が付いたり女性の方に対して話の幅を広げてくれるかもしれませんが、出資する男性にはお金を出してくれればいいですと言われているようで、とても任せられないと思いました。結局、今現在も家は建てていません。(静岡県・20代男性)

九州

●●私はクレバリーホームで家を建てました。営業の対応は可もなく不可もなくというところですが、こちらがかなり勉強していたので、とりたてて提案してくれることもなく、価格相応の会社なのだと思いました。

クレバリーホームの特徴はデザインにあると思います。他の同価格帯のハウスメーカーではあまり採用されることのないタイルを使った外壁で、我が家がハウスメーカーを決める決定打となったのがこのポイントです。

同価格帯のハウスメーカーでは一般的な外壁材を使うことが多く、どうしても周りの家とデザイン的にかぶってしまうことがありますが、タイルですと、少し高級感があり、デザイン的にもあまりかぶることがありません。

内装などはほかのハウスメーカーと同様、シンプルにしてコストを下げようとしているのだと思います。ですので、他の同価格帯のハウスメーカーと比較する意味があまりないかと思います。

そんな中で特徴的なことは、1階と2階の間にも断熱材を利用しているところでしょうか。他の同価格帯のハウスメーカーでは採用されない仕様です。冬の暖房の効きに影響してきます。

トータルで考えると、特段取り立てていいところが多いわけではありませんが、外壁のタイルや、1階と2階の断熱材など、少しいい家を建てることができるハウスメーカーですので、おすすめです。

ただし、営業が積極的に提案してくれることはない(少なくとも我が家ではなかった)ので、自分でいろいろ勉強する必要があると思います。(鹿児島県・30代男性)

北海道・東北 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
関東 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県
中部・北陸 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
中国 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県