ブルースホームは東京に本社を置き、フランチャイズ形式で全国各地に展開している輸入住宅メーカーです。地震の揺れや暴風などといった力に強いツーバイフォー工法やツーバイシックス工法を採用しています。

また、火災への対策として、火の通り道になる場所にファイヤーストップ材を入れ、延焼を防ぐ仕組みを導入しています。

【必読/1分で読めます】家づくりのプロが語る!注文住宅&お金で後悔しないための3つのポイント

坪単価・着工数・年収など

会社名 ブルース・ジャパン株式会社
本社所在地 東京都江東区新木場1-7-22 新木場タワー6F
公式サイト http://www.bruce.co.jp/
売上高
年間着工数
坪単価 35~50万円
従業員数
平均年収
平均勤続年数

特徴・おすすめの理由

フルオーダーの輸入住宅

ブルースホームは、千葉県に本社を置くJKホームがフランチャイズ展開する輸入住宅メーカーです。

建材卸売国内トップクラスのシェアを誇る「JKホールディングス」(東証一部上場)が親会社で、世界中から輸入建材を調達できるグループの強みを活かした家づくりが可能。

施主の要望を丁寧にヒアリングし、細かい要望にもきちんと応えるきめ細やかな提案力に、選び抜いた素材を使ったフルオーダーの注文住宅は、永く住んでも飽きの来ない愛着のもてる家と評判です。

そんなブルースホームのコンセプトは、「BRUCE」の5文字に込められています。

Bは「Beautiful」で普遍の美しさが続く高いデザイン性を、Rは「Reliable」で信頼できる高い安全性や耐震・耐火性を、Uは「Universal」で実証されてきた確かな工法による耐用年数実績を、Cは「Comfortable」でライフスタイルをデザインする快適な居住空間を、Eは「Ecology」で最高レベルの温熱環境実現による省エネ、高断熱・高気密性を表します。

ブルースホームでは、これらの言葉が表すように、確かな性能と飽きのこないデザインの輸入住宅を提供しています。

カナダ基準の家

世界でも最も厳しいとされるカナダ基準の施工技術で作るブルースホームの住宅は、高気密、高断熱の家。ブルースホームでは2×4工法と2×6工法を採用していますが、2×6工法の太い柱の恩恵は、建物の剛性はもちろんのこと、気密・断熱性能に現れます。

2×6工法の壁の厚みを活かし、140ミリ(2×4は90ミリ)の高性能グラスウールを充填。袋から出した状態で自立性と弾力性のあるグラスウールを壁いっぱいに施工することで、隙間のない、暖かい空間を実現することができます。

天井にはこの断熱材を200ミリ充填し、屋根からの熱の出入りをシャットアウトします。

また、床下には、押出法ポリスチレンフォームと呼ばれる断熱材を85ミリ施工。独立した小さな泡が空気を閉じ込めることで、高い断熱性能を発揮し、家の熱が地面から出入りするのを防ぎます。

高断熱高気密で省エネ性能も高い

ブルースホームでは、高性能の断熱材で覆われた高断熱高気密の家に、高気密サッシを採用しています。

家の中で最も熱が出入りするのが窓などの開口部分。実に家の熱の70%前後が失われるといわれていますが、ブルースホームでは樹脂枠のサッシを施工することで、断熱性を高めています。

樹脂サッシは、アルミサッシ比べると、約1200分の1の熱伝導率と言われる断熱性に優れたサッシ。さらにそこにトリプルガラスをはめ込むことで、高い遮熱性能を発揮するのです。

こうして、家の断熱性の弱点である窓に、きちんと対策を施すことにより、高気密高断熱の家を構築。

結果、ブルースホームでは次世代省エネルギー基準をはるかに上回る性能を発揮、機密性でC値0.8~1.5、断熱性でQ値1.3~1.6と高い水準の家づくりを実現しているのです。

安心して住める丈夫な躯体

北米をルーツに持つと言われるツーバイ工法。ブルースホームでは、このツーバイ工法の住宅を独自の厳しい基準で施工し、耐震性、耐火性、防湿性を兼ね備える日本の風土にあった住まいを作り出しています。

ツーバイ工法は、床、天井、壁の6つの面で囲ったモノコック構造と呼ばれる頑丈な構造体。

柱と梁を用いて構造を線と点で支える木造軸組み工法に比べ、ねじれや揺れに対して剛性の高いのが特徴ですが、ブルースホームではさらにワンランク上の基礎を標準で施工しています。

基礎の底盤の厚さは150ミリで、ベタ基礎が標準施工。150ミリの厚みをもつ外周部は、しっかりと2×6工法の躯体を支えます。

また、地面から伝わる湿気への対策も万全で、防湿コンクリートの基礎と地面の間に防湿シートを施工することで、地面からの湿気をシャットアウト。

さらに、基礎と土台の間に硬質ゴムでできたパッキンを一定間隔で設置することで、基礎の湿気が土台に伝わらないようになっています。

壁には「湿式モルタル通気工法」と呼ばれる結露対策を採用。壁の中に通気層を設けることで、建物を湿気から守っています。

こうして、強い躯体に湿気対策を施すことにより、安心して長く住める住まいを実現しているのです。

口コミ・評判

総合評価:5.00(1)

ブルースホームで家を建てた方々から当サイトにお寄せ頂いた口コミや評判を、住宅種類別にまとめてみました。

木造住宅 5.00(1)
鉄骨造住宅 なし
二世帯住宅 0.00(0)
平屋住宅 0.00(0)

木造住宅

評価:5.00(1)

30代女性 家を建てた地域:埼玉県
満足度 5.0

良い担当者に巡り会えました

米軍ハウスにあるような白いラップサイディングの家を建てたくて、たくさんのホームページをめぐりました。

しかし、自身はバツ1のシングルマザー。使える資金も決して多くはなく、あらかじめ低予算を提示してメールでのやりとりを行いました。

その中でお願いしたのがブルースホーム(古川工務店)でした。担当の方が最初から最後までつきっきりで対応してくださいます。

高級な家ではなく、低予算で小さくても住みやすい家を作ろうと、様々な提案をしてくださいました。いらない設備、どこを重視するか、どれを優先するか、徹底的に意見を聞いてくれます。

資金計画も事細かに連絡を入れてくれ、借り入れの際もこちらの知識不足を補ってくれ、何度でも説明をしてくださいます。やりとりしたメールは数知れず。何度も図案やデザイン案を送ってくれ、小さな意見も汲み取ってくれました。

ローン審査がおりたとき、日程が決まったとき、着工したとき、その都度満面の笑みで連絡をくれる担当さん。いい方に担当していただけてよかったなぁと心から思います。

現在家は建築中ですが、予定地の進行具合を見ながら毎日にやにやしてます。完成が待ち遠しいです。

鉄骨造住宅

評価:なし

ブルースホームでは鉄骨造住宅の扱いがありませんので、口コミと評判は省略します。

二世帯住宅

評価:0.00(0)

口コミ募集中です!

平屋住宅

評価:0.00(0)

口コミ募集中です!

注文住宅&お金で後悔しないために

注文住宅を建てるにあたって、後悔しないための重要なポイントが3つあります。それは…

  • 複数の会社から資料をもらって各社の特徴を掴むこと
  • 複数の会社から見積もりをもらって総費用を比較すること
  • 多くの間取りプランを見比べて、間取りアイデアを盗むこと

お金に関して言うと、同じような間取りプランでもハウスメーカーによって500万円以上もの差がつくこともありますので、相見積もりは必須です!

間取りに関しても、これまで気付かなかった素敵な間取りプランを参考にすることで、家づくりが一気に進むので非常におすすめです。

ですから、理想のマイホームのためにも上の3点は必ず行うべきなのですが、1社ずつやろうとすると手間も時間もかかって面倒…。

そんな面倒をまとめて解消できるのが「タウンライフ家づくり」です。

タウンライフ家づくりの特徴

タウンライフを使えば…

  • 各社の資料を読んで特徴や強みを把握できる
  • 各社の見積もりを比較して、より安い会社を見つけられる
  • 各社から自分オリジナルの間取りプランを作ってもらえる
  • 土地を持っていない場合、希望エリアの優良土地情報も提供してもらえる

100万人以上に利用されているサービスで、もちろん無料で利用できます。

当サイトでも口コミを掲載していますが、満足の声がとても多いです。ぜひ気軽に利用してみてください。