ヘーベルハウス(旭化成ホームズ)の営業と接客の評判

更新日:2019年3月18日

ヘーベルハウス(旭化成ホームズ)の営業と接客についての評判をご紹介!「営業マンのしつこい勧誘はあるのか?」「値引きをしてもらえるのか?」など、気になる口コミを多数ご覧頂けます。

目次

  1. 誠実で信頼できる!(8件)
  2. 担当者と相性が合わない(6件)
  3. 接客態度にがっかり(3件)
  4. 営業や勧誘がしつこい(5件)
  5. 値引きはある?(2件)
  6. まずはカタログ比較から始めよう!

誠実で信頼できる!(8件)

●●CMでもとても有名な大手ハウスメーカー「へーベルハウス」の住宅展示場に行った時の感想です。将来どのような家がいいのか、知識を増やしていこうとしていて、実際は注文はまだまだ先の状態で伺いました。

入り口には若い女性の受付嬢らしき人がいて、明るく「いらっしゃいませ」と出迎えてくれました。他もそうなのかもしれませんが、入り口ではすぐにアンケートを書くようになっています。名前と年収やどのくらいの価格のものを検討しているのかなどです。

ただし、必須ではないので名前とどのくらいの価格かくらいしか書かなかったですが、嫌な顔はされませんでした。なので、最初からいい感じで家を見に行けました。お茶も出していただけましたが、まだまだ買う予定ではなかったので申し訳ない感じでした。

この日は住宅フェアをやっていたので、担当の人が付く時と付かない時がありました。あまりべったりつかれるのは嫌なので、途中途中で中にいる人が説明をしてくれる感じで、程良く感じました。

いつもはべったりつくのかもしれませんが、この日は混んでいたのと、飛び込みで見学したので、人が常にはつかなかったのでしょうね。

とても広くて素晴らしい家だったのと、接客は悪くなかったので良いハウスメーカーだと思いましたが、なんとも価格は高いです。(福島県・40代女性)

●●最近は自然災害が多く発生しており、家を建てるなら地震に強い家をと考えていました。休日に住宅展示場巡りをし、沢山のモデルハウスを見て、沢山の住宅メーカーさんの説明を聞かせて貰いました。

その中で選んだのが、旭化成ホームズ(ヘーベルハウス)です。有名ハウスメーカーさんの坪単価と比べてみても少し高いかとも思いましたが、安心をして暮らせる家が一番なので契約をしました。

契約をするまでには、大分時間が掛かりました。省エネ住宅や外観が素晴らしい家、他の住宅メーカーではオプションになってしまう住宅設備が坪単価に含まれている家など、魅力のある家が日本には本当に多いことを痛感しました。

その中で、我が家が旭化成ホームズに決めた理由は、担当営業マンの「熱意」かも知れません。担当営業マンの方の親類が建てた家を実際に見せて貰うこともできました。

我が家は、現在住んでいる古い家を取り壊して建設します。仮住まいのことや仮住まいへの引っ越し手続き等も、担当営業マンの方に面倒を見て貰っています。分からないことだらけの中で大変助かっています。

第1段階の設計図が出来上がり、そのまま建てたいところですが、予算の関係で少し削る必要があります。将来のことを考え、何を削るべきか相談をしています。坪単価は今回の設計からすると82万円になっています。(埼玉県・30代女性)

●●ヘーベルハウスの見学に行きました。築25年の家と、新築の家を見せていただきました。鉄筋コンクリートでできているので、25年たっても歪みが全くなく、がっちりとしていました。

新築の家は、25年のものとは全くちがう雰囲気でした。二階でドタバタしても下に全く響かず、とにかくしっかりとした造りだなという感じがしました。階段のつくりもしっかりしていて、古さを全く感じさせない造りでした。

マイナスな部分といえば、コンクリートだからか、寒さを感じたようにも思いました。

ヘーベル板を燃やすとどうなるかという実験も見ましたが、30分火を当て続けても裏側は少し火を通したというくらい火をほとんど通さないというのも見え、防火の強度のレベルも感じました。

また、担当者の説明も分かりやすく、親切丁寧な対応で好印象でした。(埼玉県・30代女性)

●●先日、埼玉県内にある住宅展示場のへーベルハウスの見学へ行ってきました。10社近い住宅メーカーのモデルルームが建てられていましたが、外観と受付の方があっさりとしていたので、へーベルハウスを見せてもらう事しました。

1階から3階までの建物でしたが、ざっと説明を受けた後、必要ならばご自由にどうぞというスタイルが良かったです。

住宅展示場へは何度も行っていて、正直、説明も何度も受けているので、説明はざっとで充分なので、ご自由にどうぞというスタイルはありがたいと思いました。

住宅展示場を見に来る方は半数が自由に見たい派の方が多いと思うので、これからも受付でスタッフが付き添っての案内や説明が必要かと聞いてくれるとありがたいと思いました。

へーベルハウスの住宅は豪華でセンスがあって、とても憧れました。(埼玉県・30代女性)

●●今は実家に住んでいますが、子供が生まれ狭く感じるようになりました。なので、家族で家を建て替えることになりました。でも、正直なところ、住めないことはないので、迷っていました。一生分の買い物になることは間違いなかったので…。

最初は住宅展示場に行ってイベントなどに参加しても、あまり話しも聞かずに帰ってきたりしていました。でも、へーベルハウスに入って、話を聞いてしまったのです。「へーベルハウスの柱はとてもすばらしい」と営業マンから話しがありました。

一度の接客でこんな家が建てられたらいいなと思わせられました。さすが、一流の営業マンだと思いました。やっと真剣に話しを聞くようになりました。一生の買い物なので、まだ決断をしていませんが、前向きに検討中です。(岐阜県・30代女性)

●●モデルハウスに行ったとき、一番丁寧で親切でした。営業の方もプロでした。しかし、価格が高くて断念しました。どんなに安くても3000万円はします。うちの地域は3000万円で家も土地も一緒に買えたので、どうしても踏ん切りがつきませんでした。

ただ、どうせ建てるなら、旭化成がいいです。ヘーベル版や断熱など、ラーメン工法まで詳しく知っています。音も外に漏れなくて防音の必要がないそうです。

裕福なご家庭には必須な家です。しかし、うちには買えません…。庶民に手の出せる価格であればうれしいです。本当に高級品です。

デザイン、外観、工法は優れています。インテリアもモデルハウスは素晴らしく、あこがれの家です。きっと、1億円はするでしょう。(大阪府・40代男性)

●●家を建てようと探し始めた初期に、住宅展示場のモデルハウスになんとなく伺ったのが最初でした。営業の方はちょっと条件を話しただけで様々なパターンや、これからすべきことを説明してくれて、とても勉強になりました。

その営業の方は自分でも言っていたのですが、話している間にだんだん熱くなっていく人で、それにこちらも巻き込まれていくようでした。決して悪い気はしませんし、相手は未経験がほとんどですから、そのくらいが良いように思いました。

その方の勧めで見学会に参加しました。最近完成したお宅と築30年くらいのお宅の2軒です。特に古いお宅を見学させてもらえたことは、長い期間のサポートが充実していることの証左で、非常に印象が良かったです。

ただ、残念ながら実際は他のメーカーで決めてしまいました。土地の自社物件が少なく、建てるところを見つけられなかったことが原因です。(奈良県・40代男性)

●●ヘーベルハウスさんが鉄骨造のハウスメーカーであることは何となく知っていましたが、住宅なので細くて軽い鉄骨を使うのだろうなと勝手に想像していました。

でも、モデルハウスにお邪魔して説明を受けてみると、なんと重量鉄骨を使用しているとのことでした。大規模なビル等でも使用されているものと、変わらないような鉄骨を使って家を建てるという説明には、本当にびっくりしました。

あとは、旭化成さんのグループだけあって、外壁をはじめとするその他の建築材料にも、同グループの技術や研究成果が盛り込まれているとのことでした。住宅展示場で見たいくつかのモデルハウスの中では、一番納得のいくものでした。

意を決して、いざ本題に入ろうと思ったその矢先、案内してくれた営業マンが「うちは高いですよ」と一言おっしゃいました。1坪あたり70万円~だそうです。

確かに他の一般的なハウスメーカーと比べると3~4割ほど高い感じです。ものがいいのは確かなんですが、庶民にはちょっと難しいかなといった印象を受けてしまいました。(奈良県・40代男性)

担当者と相性が合わない(6件)

▲▲東京都内在住なので、まずは地域で建設可能な工務店を選ぶことが重要です。都心のど真ん中にログハウスを建てるという訳には行きませんし、住宅地なのか商業地域なのかによっても、対応可能なメーカーさんが先ずは絞られてきます。

そういう点で、旭化成はある程度都心部の小さな戸建や、地震や火災等に強いメーカーとして上位になるかと思います。

展示場での営業マンや後に接することになった担当者含め、他社さんに比べると全体的におっとりした印象が残りました。良く言えばガツガツしていないとも言えますが、正直頼りがいはあまり感じません。

最近は特にハウジングの番組が多いので、素人ながらこちらもそこそこの知識と「一級建築士」という名刺に期待を寄せてしまうのですが、20代くらいの若い一級建築士さんは全く論外でした。(東京都・40代女性)

▲▲3年前に私の両親がへーベルハウスで家を建替えました。家事に一番強いのがへーベルハウスとのことで、ショーハウスを見たのはたった一軒のみで即決でした。

「家を建替えるぞ」とウキウキしたのは束の間でした。設計では期待する具体案が少なく、インテリアを決める打ち合わせでは提案が薄く…。おまけに担当者のミステイクが多いことで施主の父は幾度も憤慨してました。

明るく礼儀正しいスタッフの皆様でしたがとてもご多忙の様で、なかなかスムーズに事が運ばないのが現状でした。目に見えぬ大きなお買い物を安心した形に采配してくださる力量を問いたくなりました。

しかしながら、やはりへーベルハウスです。室内環境抜群であり、とても快適な生活を送れてます。(神奈川県・30代女性)

▲▲結婚してから2年ほど新築のアパートに住んでいましたが、子供が産まれるのを機に、一軒家に住みたいと考えるようになりました。

何も知識がなかったため、近くにあったTVKハウジングへ行き、まずは大手であるヘーベルハウスを見学することにしました。

ヘーベルハウスの外観の良さは、中でも一番でした。担当の方は20代後半の男性で、愛想の良い好青年な方でした。

お話も上手な方でしたが、へーベルハウスの良さを前面に話され、その説明が長く、少し聞き疲れてしまいました。どちらかというと、ガツガツとしたタイプの方です。

私たちの予算なども、その日のうちに出していただいたのですが、私たちの予算で希望するエリアに住むことはできなそうでしたので、他のハウスメーカーも見学しようと考えていました。

「このエリアでしたら、建てられます」と別のエリアを勧められましたが、一生住む場所ですから、希望するエリアではないところは全く考えられませんでした。

こちらもその旨を伝えると、「住んでいる方の家を見学できるツアーがありますので、そちらに参加していただければ、きっとへーベルハウスで考えてみたくなると思います」と、参加する方向で話が進んでいました。

結局、見学にも行くことになりましたが、私たちはエリアを変えることは妥協できませんでしたので、お断りし、他のハウスメーカーを探すことに決めました。(神奈川県・30代女性)

▲▲昨年になりますが、展示場に行った際に、こちらのメーカーさんも見学させていただきました。「二世帯住宅ならへーベルハウス」といった羊が歌っているCMでお馴染みのハウスメーカーさんです。

まずは展示場での説明などの話ですが、最初はどこのメーカーさんもやることは同じで、氏名や住所を書くアンケートのようなものに記入をお願いされます。こういったアンケートは1階のリビングのようなところで簡単に行われることが多いようです。

記入が終えたら、ショールームの説明に入り、その後はへーベルの地震対策の説明があり、へーベル板の説明などをしてもらいました。

床などの防音性といったものが売りのようなので、足でドンドンしても音が聞こえにくい、床がへこまないといった説明があります。

上の階に行き、建売を求めているのか、土地を持っているかなど、詳しいことを聞かれます。価格のシミュレーションなどやローン返済計画などをしてくれます。

実際、壁の塗装のメンテナンスなどに費用が200万近くかかるという話がありました。そのかわり、床などが腐ったり沈んだりしないので、そこらへんはお得ですという話でした。

その後は、20年経った住宅の見学会などのお話があります。坪単価は35万以上といったところで、35坪ほどの土地の2階建ては3,500万ほどと言われました。工期は6か月ほどとのこと。

土地の面積を調べて、どんな家がどれくらいで建てられるか見積もりはとっていただけるという話でしたが、土地の面積がきちんと出せていない上に(1辺寸法が抜けている)、カタログの家の間取りをコピーして土地の図面にはったものを用意されて、残念な気持ちになりました。

担当の方の上司(2級建築士)が説明をしてくれましたが、寸法抜けに関しての謝罪もなく、こちらが素人だから分かっていないだろうという感じで話していました。

正直、へーベル板にとても惹かれていたのですが、こちらの方たちには絶対任せたくないと思ってしまいました。(愛知県・30代女性)

▲▲家の建て替えの際、住宅展示場をまわり、旭化成ホームズに話を聞いてみました。

家の内部は素敵な設備で、旭化成らしい特許技術を駆使した家づくりには感銘を受けましたが、具体的な金額の話をするうちに、担当してくれた営業の人がだんだん良くない感じになってきました。

もともと私たちが用意できる金額が低いにも関わらず、旭化成ホームズを訪れたのが悪いと、今になっては思います。

私たちがいくらこの予算以上は出せませんといっても、営業の方は「今は親御さんがお金を援助してくれる時代だから、お宅も大丈夫ですよ」という内容を平然といってのけるのです。

うちは、両家とも親から一円も援助は受けられないのに、配慮が全くなく、そのうえ、その思考でグイグイ押してくる営業のやり方に疑問を感じ、きっぱりとお断りしました。

いろんな家庭があるのを全く考慮されない語り口には驚き、大手ハウスメーカーなのに残念に感じました。(大阪府・30代女性)

▲▲今回家族4人で住宅展示場のヘーベルハウスのモデルハウスに行ってきました。とても気さくな方にモデルハウスを案内していただきました。説明はとてもわかりやすく、同い年という事もあり、すごくフレンドリーに接していただけました。

しかし、子どもがぐずっていてもお構いなしに話を続けられ、帰りたいという雰囲気を出していたにも関わらず、見学会のお誘いをしつこくされました。

また、両親の了解を得てから話を進めたいという旨を伝えても、「先に契約してしまって、ご両親には事後報告という手もありますよ」と、こっちの意向を無視した発言を多々されたため、すごく不愉快な気持ちになりました。

半強制的に次に会う約束もされ、時間もこっちの都合は一切無視でほぼ勝手に決められてしまいました。その上、前日に「都合が悪くなった」とドタキャンされ…。不愉快でしかありませんでした。

ヘーベルハウス自体は素敵なお家なのかもしれませんが、私たちはもうヘーベルハウスにお世話になることはないと思います。(広島県・30代女性)

接客態度にがっかり(3件)

▲▲旭化成さんはどうもお坊ちゃま傾向にある様に感じました。プロ意識が単なるネームバリューに集中しているだけで、皆さんの勘違いを大いに感じました。建設業界そのものがグローバルになれない理由も旭化成さんと接して分かりました。

顧客の立場より、お抱えのメーカーへの立場の方を優先する等、他の事業では考えられない様な傾向があります。

個人が購入する中でも何よりお高いものなのに、そういう物(家)を扱っているという基本的な理解度が低いです。一緒に考え、プラスアルファが生み出される様な期待は見事に裏切られました。

また、旭化成さんそのものは知名度もありますが、下請け工事する方達のレベルは低いので、リフォームやメンテナンスはお任せ出来ません。(東京都・40代女性)

▲▲旭化成ホームズの展示場の接客についての感想です。旭化成ホームズの家の外観は重厚感があり、それでいておしゃれなので、入って見学したい気持ちが高まりました。展示場は祭日に訪れたので、他に接客中の方が何組かいらっしゃいました。

接客してくれたのは20代後半の女性の営業マンでした。他のメーカーさんでは男性の営業マンでの接客が多かったので、女性の方はめずらしいなと思いました。

昔、旭化成ホームズは社員を採用するときに外見が美しい人を採用すると聞いたことがあり、その女性の営業マンも美しい方だったので、噂どおりだなと思いました。

話し方が女性らしく柔らかく、話しやすかったです。夫婦で展示場を訪れたのですが、他のメーカーさんは主人の方ばかりと話していたものの、この方は主人よりも私の話をよく聞いてくれたり、私に対して説明してくれたので好印象でした。

キッチンのことを説明するときはいきいきとしていて、知識が豊富で話す内容がとても充実していました。

反対に旭化成ホームズさんの良さでもある構造躯体について話されるときは少ししどろもどろだったので、この方にとっては不得意分野なのかなと思いました。

住宅の設備関係(キッチン、浴室、洗面所など)や内装関係などはよく分かったのですが、構造躯体や外装材に関しては話を聞いてもよく分かりませんでした。

最後に連絡先の記入や、次回の打ち合わせの日程を少し強めにプッシュされました。最初の柔らかい印象とは違ってたので、女性と言えども押しの強い営業マンなのだなと思いました。(千葉県・40代女性)

▲▲4年前に一戸建て住宅を建てる際に住宅展示場へ行ったのですが、モデルルームでヘーベルハウスの接客を受けたことがあります。

ヘーベルハウスの住宅は、以前からテレビのコマーシャルなどを見て気になっていましたし、高級感溢れる外壁や作りなどに惹かれていました。

そして、モデルルームを見て、なかなか良い家だと感じたので、とりあえず担当者と話をしました。モデルルームの印象は良かったですし、担当者の方は話が上手で、とてもわかりやすく説明をしてくれました。

しかし、ヘーベルハウスで住宅を建てようと決めたわけでもないのに、結構長い時間、モデルルーム内で、アンケートやら何やらの調査をされて、それが少し長いなぁという印象を受けました。

また、ヘーベルハウスは他のハウスメーカーと競合をする気持ちはないらしく、最初から一つのハウスメーカー(ヘーベルハウス)に絞ってから、担当に言ってほしいということを説明されました。

私はとりあえず間取りなどを考えて貰ってから、最終的に他と値段を比較して決めようと思っていましたが、最初から絞らないと競合する気はないと言われているようなものだったので、ヘーベルハウスは断念しました。(大阪府・30代女性)

営業や勧誘がしつこい(5件)

▲▲3年以内の建て直しの必要があり、鉄筋3.5階建てを建てられるハウスメーカーさんを探しに、初めて住宅展示場へ向かいました。住宅展示場でも常に一番大きな構えのヘーベルハウスさんに見学と見積もりを依頼しに伺いました。

ヘーベルハウスさんが旭化成である事、素材に特性がある事、地震や火事などの災害に強い事など色々と教えていただき、現地見学会に相談から1週間後に参加させてもらったりしました。

ちょうど消費税が増税されるタイミングだった事もあり、営業の方とのお話の中で「他メーカーさんから見積もりを取るような事をせずにすぐに契約を…」と、初めての見学から10日も経っていないのに、せっつかれました。

製品が素晴らしい事は判りますし、我が家もヘーベルさんの家に心は傾いていましたが、正直5000万以上の買い物を、他社との比較をせずに契約して欲しいとは、少し横柄な態度だと感じました。

現在、営業担当の方が配置換えで変わってしまいましたので、執拗な電話等は無くなりましたが、家を買うにはハウスメーカーを決めてからしか展示場の見学に行けないのか…と、ちょっと家探しが面倒になった出来事でした。(東京都・30代女性)

▲▲横浜にある某住宅展示場内を歩いていたら、旭化成ホームズ(ヘーベルハウス)の営業さんに呼び止められました。

私達は輸入住宅のモデルハウスを見に来ただけだったので、正直、へーベルハウスには全く興味がありませんでしたが、営業さんのあまりにもしつこい誘いに断りきれず、やむを得ず、「用事があるので10分だけ」と伝えて、モデルハウスを見せていただくことにしました。

モデルハウスを見て思ったことは、「狭い」でした。同じ坪数でも、空間の取り方によって、もっと広く見せることができるはずだと思うのです。なんとなく内装がゴチャゴチャとしていたのも、よくなかったのかも知れません。

また、階段の幅がとても狭くて、上がり降りがしづらいと感じ、正直、こんな窮屈な家には住みたくないと思ってしまいました。(神奈川県・30代女性)

▲▲五年前に他のハウスメーカーで新築完工しましたが、その時に契約までどちらにするか悩んだのがヘーベルハウスでした。当初は屋上に大変憧れていました。

ヘーベルハウスは屋上に強く、当時大手のメーカーの屋上工事では、防水シートの交換が20年以上保証されるとのことでした。

東日本大震災が起きた時期でもありましたので、耐震耐久にもこだわりたいと考えており、ヘーベルハウスの制震設備は大変興味深いものでした。断熱材のネオマフォームも体感させて頂き、大変薄い資材なのにその効果はとても優れたものでした。

展示場で接客して下さったのが、入社2年目の営業の方でした。

若さに溢れ、熱意を持って、こちらの特色をお話しして下さるのですが、年度末だったこともあるのか、とにかく「早く契約を!」「実印を!」と、毎夕方に資料やサランラップを持って自宅に見えました。

意気込みは分かりますが、住宅は一生の買い物です。主人も忙しくなかなか資料に目を通したり、他を比較したりの時間が取れない中、上司と一緒に来て契約を進めようとするのが、強引に感じました。こちらの都合は後回しの印象です。

建物自体は本当に良く、大変悩みましたが、契約した場合、この方たちが担当されると思うと気が引けてしまい、他社で契約いたしました。従業員の方達の熱意、愛社精神が大変強い印象でした。営業の方との相性は非常に重要だと思います。

ヘーベルハウスの住宅性能は、他社で契約したとはいえ、大変素晴らしいと思います。(千葉県・30代女性)

▲▲2年ほど前からマイホーム購入を考え、沢山のモデルハウスを回りました。

各社とも自社の良い点を話され、他社との比較をされるメーカー様までいらっしゃいました。また、ダイレクトメールや電話など、積極的な営業活動もされてました。

それは競争もあるでしょうし、営業する上では必要なのだと思いますが、行き過ぎは問題が有ると思います。

ヘーベルハウスのモデルハウスを見学して30分、骨組みや耐震についての話を長々とされ、こちらの質問には『後ほど答えます』と言われ、話し続けてました。

理解出来なかったり疑問を持ったから聞いたのに自分の話を優先し、客であるこっちの話は無視された気分でした。また、疑問を持ったままなので、その後の話も頭に入らず、無駄な時間に感じました。

その後も自社の良い点と他社の悪い点を比較し、比較どころか他社を貶すような言い方をされてました。同業者を貶すのはどうなのかなぁと、正直不快に感じました。ここでも、こちらの質問は後回しにされました。

最終的には質問に答えて貰えず、『詳しくはバスツアーで…』と、モデルハウスや工事を回るバスツアーの申し込み書を出されました。バスツアーに参加しないと質問に答えてくれないのはおかしいと思いましたし、腹立たしく感じました。

うんざりして帰ると、帰宅するのを見計らったように営業の方から電話があり『バスツアーの定員が僅かだから早く予約して』という催促。参加しないと断りましたが、数日後に郵送でバスツアーの詳細と申し込み書が届きました。

無視して返送しなかったら、また営業の方から電話が有り催促。行き過ぎた営業に迷惑した印象しかありません。(千葉県・40代女性)

▲▲外観が好みだったため、モデルルームの中へ。すぐに担当の方が来られ、アンケートを。その後、家の中を見ながらオプションの有無を教えてくれました。

最後に家がどういう造りなのか、1時間ぐらい模型などを見ながら説明を受けました。感心する部分もありましたが、すこし長かったです。

そして、「工場見学や実際にヘーベルで建てた家を見に行けるバスツアーがあるので、参加しませんか?」というお話をされ、まだ休みが分からなかったですが、予約だけということで予約しました。

全体的な印象としては、もう少し説明を簡潔にしてくれたら嬉しかったです。

その後の電話で、「税率が上がる前に契約した方がいいですよ!」と自分のためか私のためか熱心に何度もかかってきました。(広島県・20代女性)

値引きはある?(2件)

●●ハウスメーカーで家を建ててみて思った事の中で、やった方がいいという事を書いてみたいと思います。

私はへーベルハウスで家を建てたのですが、やって良かったことは、自分が住む土地にあるへーベルハウスの家だけでなく、他のハウスメーカーの家のものを見ておくことです。これをやればもっとそのハウスメーカーの良さが分かると思うのです。

また、一つのハウスメーカーに決めるまでに色々な会社と話をした事も重要だと感じました。

家を建てるまでに色々なアパートに住んでいたので、家に対してかなりしっかりとした形で要望が決まっていました。それを実現出来る家を建てる事ができて、かなり嬉しかったです。

次に、ハウスメーカーが値引きを出来るかという点です。家は高価なものなので、ハウスメーカーは値引きしてでも売りたいと思うのです。なので、値下げ交渉は出来ると思っている人は多いと思います。

正直に言うと、値下げ交渉というのは可能なのです。どれほど割り引いてくれるのかというのははっきり分かりませんが、ほとんどのハウスメーカーで値引きをしてくれるのは間違いありません。

ヘーベルハウスも数%の値引きがありました。ただ、一部のメーカーでは一切値引き交渉に応じないところもあります。(大阪府・40代女性)

▲▲モデルルームに見学に行きました。初めてで緊張していたのですが、対応の営業の女性がとても感じが良かったので、楽しく見学できました。

とにかく構造の強さに絶対の自信があるのを感じました。奈良の博物館にも採用されているという点を非常に押していました。3階建ての二世帯住宅だったので、とにかく広く豪華な室内で、あまりに現実離れすぎた様相に驚きました。

一応の見積もりと計画書を頂いたのですが、35坪で坪65~70万という計算でした。正直まったく手が出ません。

その日の内に、担当の方が家まで来たりしました。来週見学会に参加するのですが、今月限定の割引などを出され、急がされている感じがいやです。今のままでは、とても契約できないと思っています。(静岡県・20代女性)

まずはカタログで比較してみよう!

注文住宅の第一歩として、気になるハウスメーカーや工務店のカタログを比較してみましょう。

ホームズくんでお馴染みのLIFULL HOME'Sなら、予算や希望エリアや希望テーマ(ローコスト住宅・二世帯住宅・輸入住宅など)からメーカーを調べて、一括でカタログ請求できます。

無料なのはもちろんのこと、必要事項の入力も少なく、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 LIFULL HOME'Sで注文住宅のカタログ比較をしてみる

右向き矢印 注文住宅のカタログ比較

注文住宅カタログの一括取り寄せ